FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



4月16日~4月29日

4月の後半は、道コンの結果をもとに恒例の進学相談会を集中して進めた。

某日 理科講座の2回目。
 中1「光の屈折」 / 中2「静電気と電流」「電流回路とオームの法則」

某日 理科講座の3回目。
 中1「凸レンズのはたらき」 / 中3「細胞とその分裂」「生殖」

某日 地歴講座の2回目。
 地理「世界の人々の生活と環境」 / 歴史「古墳時代」

某日 地歴講座の3回目。
 地理「世界の国々」 / 歴史「飛鳥時代」
 歴史はなんといっても古代が面白い。その中でも筆頭は飛鳥時代。日本書紀以外に記録がなく、その信憑性に疑問があってわからないことだらけだが、フィクションかも知れないあれこれの物語から何があったのかを読み解こうと多くの研究者が知恵を絞っているところがいい。聖徳太子の存在も乙巳(いっし)の変も真相は定かでない、というのをいろんな本で読んでしまうと、生徒にもついその件を話してしまいそうになり、結局我慢できずに話してしまう(笑)ので、予定が狂って収拾に苦労する。まあ、そこがライブの楽しいところでもあるわけだが。

某日 映画『ウルフマン』を観る。封切り前からずっと楽しみにしていた。
 ローレンス役の主演ベニチオ=デル=トロは最近では『チェ』の2作が評判になった実力派。『チェ』は観始めると大変なような気がして敬遠してしまったが、初めて見るベニチオは顔立ちが味わい深く、メイクなしでも狼男みたいな風貌だなーと思っているうちに気に入った。男優の場合、一目見てファンになることは珍しい(笑)
 狼男モノは過去に多く映画化されていて、私としては最近では『ヴァン=ヘルシング』が印象深いが、この作品は1941年の『狼男』のリメイクだとのことである。ベニチオやメイクのリック=ベイカーをはじめ、本作の関係者にはこの映画のファンが多い。製作現場では大勢で楽しんでいる様子が目に浮かぶ。41年『狼男』は私もたぶん少年のころテレビで観ているのではないだろうか。昔は吸血鬼を中心に洋モノのホラーをよく観ていたなあ。
 現代の『狼男』は現代風にけっこうスプラッターなシーンも出てくるが、それがメインではないので気の弱い私も平然と観ていられる(ただしR15指定)。父親役のアンソニー=ホプキンスは、画面にいるだけでただごとではない雰囲気を醸し出すすごい存在感。ヒロイン役のエミリー=ブラントも美しい。もう一度劇場に足を運びたい。

フキノトウ

札幌に遅い春が来ました。私の自宅の周辺(標高80mくらい)ではあちこちにフキノトウが顔を出しています。すでにニョキニョキと育っているのもあります。しばらくすると、あたり一面がフキのジャングルになります。



Wikipediaからちょっと抜粋・拝借しますと…

フキ
 キク科フキ属の多年草。
 日本原産で、北海道・本州・四国・九州・沖縄に分布している。北は樺太から、朝鮮半島・中国でも見られる。山では沢や斜面、河川の中洲や川岸、林の際などで多く見られる。郊外でも河川の土手や用水路の周辺に見られ、水が豊富で風があまり強くない土地を好み繁殖する。近縁種は旧世界に広く分布し、ハーブとして利用される。また、幻覚作用の報告されている種もある。
 北海道・足寄町の螺湾川(らわんがわ)に沿って自生するラワンブキは高さ2~3mに達し、北海道遺産に指定されている。かつては高さ4mに及ぶものもあり、馬に乗ったままその下をくぐることもできたという。
 茎は地上には伸びず、地中で地下茎(生姜やアヤメのような根塊)となり横に伸びる。地下茎が地表に剥き出しになると光合成のため緑色に変色する。このため、ワサビと間違われて誤食される例があるが、地下茎は有毒のため注意が必要である。
 早春、葉の伸出より先に花茎が伸び出す。これを蕗の薹(フキノトウ)とよんでいる。雌雄異花であり、雌花は受粉後、花茎を伸ばしタンポポのような綿毛をつけた種子を飛ばす。開花時の草丈は5~10cmだが、結実時の草丈は80cmになるものもある。
(引用ここまで)

テンプラにするとイケルと聞きますが、うちの近所に生えているやつは何がふりかかっているか知れたものではないので、食べようと思ったことはありません(笑)


3月16日~4月15日

某日 今年度最初の理科講座。
 中1「光の反射」 / 中3「原子の構造とイオン」「電気分解のしくみ(1)」
 テストの前を除き、中1は時間短めで毎週、中2と中3は時間長めで隔週、という形式でいく。今年の中1は神谷塾としては人数が揃っているうえ、みな勉強熱心。そのメンバーが講座にもおおむね全員参加してくれているのは頼もしい。きっと、みんな理科が得意になるだろう。

某日 今年度最初の地歴講座。
 地理「世界の気候」 / 歴史「縄文・弥生時代」
 こちらは例年通り。配布資料も練習問題もこれまでに結構力を入れて整備してきたので、短時間で準備が済むようになった。その分、新しいネタを仕入れたり、勉強し直したりすることができる。いつも参加する生徒だと中2は2巡目、中3だと3巡目になるので、毎年同じ話をしてやがる、と思われないように頑張りたい。それにしても、中1から中3までに地理と歴史の授業を「通し」で3回ずつ受けられる塾は、全国にもそうはないだろう。すごいなあ(自画自賛)

某日 車のタイヤを交換。この時期は工場が混んでいるので早めに予約を入れたら、その前日も当日も雪。まあ、冬の初めにも何回かは夏タイヤで雪道を走るのだからと、特に気にせずに予定通り交換する。もう4月も中旬だというのに、今シーズンはなかなか冬が終わらない感じ。

某日 映画『シャッター アイランド』を観る。最後にどんでん返しがある謎解きミステリー。別に遠ざけていたわけではないのだがレオナルド=ディカプリオの主演作を観るのはたぶんこれが初。「訳あり」の男を演じるのが得意らしく、本人もそんなことを言っている。「どんでん返し」に入ったところで私は一瞬訳がわからなくなり(理解が遅いのである…笑)、結局エンドロールが始まるまですっきりしなかった。
 観終わって、もしかしたら私はとんでもない迷惑男であり、私がそれを知って死のうと思ったりしないように周囲が気を遣っているのではないか…とか、周囲はみんな知っていて私だけ知らないでいることがあるのではないか…とか、だから周囲から愛想を尽かされないようにしっかり(笑)生きていこう…とか、考えさせられてしまった。
 なお、上演前に、いろいろ仕掛けがしてあるからよく注意して観るように、といったメッセージが(日本語で)出るのが余計なお世話だった。映画そのものはよく出来ているのに、興醒めもいいところである。謎解きをしたい人はすればいいが、私のように頭を空にして(いつも空?)楽しみたい人間もいるのだ。だいたい、映画というのはそんなゲーム感覚で観るものではないのじゃなかろうか。

某日 久しぶりにカラオケに行く。23:30に入り、フリータイムで閉店の28:00まで。
 昨年後半は70~80年代の洋楽に傾いていて、車の中でよく「練習」していたのだが、最近は井上陽水をよく聴いている。時々、あるシンガーとかバンドのものばかり聴きたい精神状態というのがあるのですね。で、ちょうど井上陽水にどっぷり漬かっていたところに、折しも某放送局が2週連続で陽水の特別番組を組んでいた。それが大層面白く、おかげで今更のように完全にはまった。
 「帰れない二人」が故・忌野清志郎との合作であるのは承知していたが、この大物2人はデビュー当時から仲が良く、この曲は仕事のない日にどちらかのアパートで遊んで?いるうちにできたものらしい。先の番組では清志郎(RC?)のライブに陽水がゲストで出てこの曲を2人でやっているところが見られて感動ものだった。
 そんなわけでこの夜は「帰れない二人」に始まって、あとはいつも歌ってるやつとか、最近心に染みていつの間にか憶えたやつとか、心得のある曲を五十音順に片っ端から歌っていった。全部は歌えないのでトビトビになるのだが、それでもア行とカ行を終えたところで早くも2時間。トシのせいか、酸欠か何かでフラフラした(笑)。結局3時間半で休み休み45曲くらいを歌い、閉店までの1時間は新しく憶えたやつの復習。


参考書を買ってもらおう

[ 本日付けの『神谷塾だより』に以下のことを書きましたので、ここにもアップしておきます ]

おもに中学生の人へ。小学校高学年の人にも参考になると思います。

塾ではワークの問題を解いてもらっているので、君たちの勉強はどうしてもワークと教科書が中心になっているようです。学校や家ではどうですか。やはり、教科書とワークの世界で「閉じて」しまっていますか。

何か調べ物があるとき、とりあえずワークの「まとめ」を見る人がすごく多い。確かにそれで済むことはあるし、まとめの隣のぺージの基本問題はたいていまとめに対応しているので、そのほうが手っ取り早いこともある。だが、まとめはしょせんはまとめ。全部が書いてあるわけではない。せめて教科書か、もう少し深くわかろうとするのなら参考書にあたってみてほしい。参考書は塾の書棚にも数点置いてはあるが、自分専用の「何でも書いてある」本があると、勉強はぐっと深みを増し、広がりも持つはずである。調べ物という目的では理科とか社会、そして英語が、参考書は役に立つと思う。

たとえば英語で前置詞という単語のグループがある。中学英語では助動詞と並んで難しいものといえるだろう。

to という前置詞を知らない人はまずいないが、適切に使える人は多くはないようだ。必要なときに使い、必要でないときには使わない、ということがきちんとできなくては、憶えたことにはならない。中3の人は、「そこに to がなくてはいけない」とか「そこに to があってはいけない」とか、よく言われているでしょう。

前置詞には to とか for とか with とか、よく使うのでお馴染みになっているものもあれば、 along とか during のようにたまにしか見かけないものもある。これらが同じ仲間だということは知っていただろうか。後者はなかなか憶えられないかも知れないが、実は難しいのは前者のほう。後者に比べて用法がたくさんあるからだ。こういった多くの前置詞をばらばらに憶えるのではなく、「場所を表すもの」「時を表すもの」と種類別に勉強しておくと、使いたい場面で適切な前置詞が自然に出てくるようになるだろう。

また、前置詞をなぜ前置詞というのかを知っていると、その後には名詞とかその仲間(動名詞など)が来るということが当たり前になり、 He is good at play tennis. といった誤りをしなくなる。

こういった、ささやかだが大事なことはふだんから繰り返し教えているつもりなのだけれど、その場かぎりの記憶になってしまっているらしく、君たちの多くはどうやら1時間経つと忘れる。したがって、テストで間違う。

だから、英語であれば英文法の参考書を持っていて、前置詞なら前置詞のところをときどき読むようにするといいと思うのである。文法の本だから目的語とか節だとか句だとかの文法用語がよく出てくるが、それらにもだんだん慣れていくべきだ。<主語と述語動詞をふくむ部分>などといちいち言っているよりも「節」のひとことで済ませた方がすっきりして、勉強もはかどるはずだからだ。それに、高校ではきっとそういう授業になる。

そこで、ともかく書店に行こう。そして、「これは便利だ」「読みやすそうだ」「持っていたい」という気になるものを探そう。選ぶ基準としては、いま自分が気になっていることがら--前置詞とか、世界恐慌とか、マグマの粘性とか--を何冊かの本で探して読んでみる。その説明がいちばんしっくり来る本が君にとって必要な本だ、と思えばいいのではないだろうか。それを買ってもらってください。

塾によっては参考書まで用意してしまう“親切な”ところもあるらしいが、神谷塾ではそこまでの世話は焼かない。高校に進学すると、学校から指定される場合もあるが、必要な参考書はしばしば自分で探さなくてはならないし、大学に進んだり、社会に出たりすればなおさらだ。少しずつ参考書を探す力を養っていこう。

なお、小6の社会では主に歴史を学びます。今月から小6になった人は、参考書は「小6社会」でもいいけれど、読めそうであれば中学生向けの歴史や公民の本でもいいでしょう。小学生にとっては実に十分すぎるほど何でも書いてあるし、中学ではもちろん、たぶん高校生になってからも役に立ちます。