FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



2010年度公立高校入試について(特に学校裁量問題)

[ 本日付けの『神谷塾だより』に以下のことを書きましたので、ここにもアップしておきます ]

昨年春の入試で学校裁量問題の様子がわかって、受験生は具体的に心の準備をすることができるようになり、各塾では対策も行われました。その結果、裁量問題採用の各校の今年の合格最低点は多少は伸びるのだろうと思っていました。が、例えば最難関の札幌南で、予想合格最低点(道コン受験者の自己採点結果による)はランクAで223点、Bで233点、Cで238点(各ランクの中央での値)と、昨年度とさして変わりはありません。つまり、塾が「裁量問題対策授業」をしたからといってすぐに得点に反映するわけではない、ということでしょうか。あるいは、昨年も書きましたが、モンダイは裁量問題以前のところにあるのかも知れません。

今回の入試での裁量問題の配点は、国語21点+数学18点+英語17点=合計56点 でした。仮に裁量問題採用校を受験して、裁量問題を全部「捨てた」とすると244点満点。上の札幌南の数字は、244点の中で最善を尽くせばどの高校でも十分戦えることを示しています。まして各教科の裁量問題で1問でも2問でも正解できれば、合格は確実となるでしょう。

新中3の人には、まずは「裁量問題以前」なのだと強調したい。裁量問題のことが気になるのが当たり前ですし、解けるようになるのに越したことはないけれど、国数英の標準問題と社会・理科を確実に得点する力を身に付けるのが先です。裁量問題に気を取られて応用問題の練習に走り、基礎固めを怠るのは本末転倒というもの。受験の戦略としても上手くありません。

そして裁量問題対策。数学・英語はどんどん先取りをして、中学の内容を早めに最後まで済ませてください。数学は教科書とワークの練習問題、英語は文法のワークの練習問題。「締め切り」は2学期の定期試験の前か、遅くとも冬期講習の前。まず一通り済ませるのが大切で、理解を深めるのは後でじっくりやればいい。

国語については、ばりばり読書をすることに尽きます。習慣のない人は読み易いものから始めればいいが、お手軽なものばかり読んでいても力はつかない。ここ2年の問題を見れば要求されるレベルがわかるはず。説明的文章なら新書に挑戦。文学的文章なら昭和中~後期の著名な作品(教科書の巻末の文学史表が参考になる)。読むべき本はおそらく学校の図書室で見つかるだろう。

ところで、昨年や今年のような状況がいつまでも続くわけはなく、合格ラインはじわじわ上昇していくと私は思います。中学生が早くから入試の圧力を感じ、塾や学校には保護者の方々から「裁量問題対策をどうしてくれるのか」という圧力が加わって、全体として入試の難度にふさわしい態勢ができつつあると思うからです。

うまく消化できているかどうかは別として、新学習指導要領の移行措置も始まりました。中学生の学力は少しずつ上がっていくに違いありませんし、そう願いたいものです。この点で、高校入試が難しくなったのは歓迎すべきことだと私は思っています。


3月1日~3月15日

忙しすぎる2月が終わり、一年で最もユルい3月前半がやってきて、そして去った。最もユルいとはいえ、新年度に備えてこの時期にやっておいたほうが良さそうなことは結構あるのだが、それはしない。後で楽をするために今できることは進めておこう、などと考えて柄にもなく頑張ると、絶対にどこかで反動が来て、サボってはいけない時に無気力になってサボりまくり、その後で地獄を見たりするのである。だから、ユルんでいても許される時は気楽にユルむことにしている。

この時期は新規のお問い合わせが多いので仕事場には出ているのだが、ずっと本を読んでいたりヒルネをしていたり、飽きるとちょいとエスケープして映画を観に行ったり喫茶店でうだうだ過ごしたりもする。

某日 北海道の公立高校入試が終了。新聞に掲載された問題をひととおりチェックする。5教科とも本気で解く気力はないので、それは数学と社会と理科だけにして、国語と英語は設問と正解を見比べながら読むだけにする。国語の裁量問題は昨年に比べて穏やかな出題。英語の裁量問題は問題文の分量は減った感じだがやはり難しめ。英作文は普通の勉強では歯が立たないだろう。数学の裁量問題は調べ上げる作業が多く、要領の良さが問われるような感じ。
 社会と理科が難化するような予感がしていたが、普通だった。理科では移行措置内容の出題はなし。最後の電池の問題が少しかすめているが、移行措置内容(イオン)の知識がなくても解ける。イオンのことを問わないのなら、なぜ電池などという専門家からも厄介もの扱いの素材を出すのか?と首を傾げる(教科書にあるからか)。どうも北海道の理科は素材を活かすことに無頓着というか、素材のツボをわざと外したような出題がちらほら見られる。

某日 不要になった教材の見本や各高校のパンフなどを古紙回収に出す。毎年この時期にやっているのでほぼ1年分ということになる。両手で抱えるくらいの段ボール箱にして10箱強、縦に積むと大人の身長ほど。もう少し紙の消費を減らすことを考えなければいけないような気がするのである、毎年この日に。

某日 今年度最終の地歴講座。地理はもう終わっていて歴史のみ。「日本の民主化と戦後の世界」「現代の世界と日本」の2本立てで、内容が多くていつもより30分ほど長い特番となった。最終回をやったと思う間もなく、4月12日からまた新年度分をスタートする。

某日 小学生対象の「英語基礎」の最終回。4月から1年間、私も頑張ったが生徒もよくついてきた。前回の記事に書いたとおり「英語基礎」は今年度限りで閉鎖するので、これが本当に最終回となった。

某日 内田樹『子どもは判ってくれない』を読了、続けて同じく内田『街場の現代思想』を読み始める(いずれも文春文庫)。内田氏の専門はフランス現代思想だが、経済・戦争・国際関係などなど、いろいろなジャンルを独特の切り口で解説してくれる。読みながら「なるほどなー」と膝を打ったりページの角を折ったりすることしきりである。文庫化されているものから始めて、しばらく内田氏の著作を読み続けてみようと思う。
 かつて青年だったころには特定の作家やジャーナリストに入れ込んでいて、その著作を連鎖的に読んでいく、ということをしたものだった。「この人の書くものをもっと読んでみたい」という感覚を味わったのは久しぶりだ。気の向くままに何でも読むほうだが、雑多になりがちな自分の読書に一本筋金が入るような気がして嬉しい。

2月16日~2月28日

明日(3月3日)は北海道公立高校の入試です。受験する皆さんの幸運をお祈りします。倍率が1倍を超えていれば競争になるので、全員の努力が報われるわけではありませんが、皆さんが全力を尽くせますように。

昨年国語の標準問題の難化が話題になりました。今年は理科・社会も難化していそうな予感がします。国数英の裁量問題があのレベルだとすると、理科・社会とのバランスが悪すぎる(実質的に理社に重きを置いた“傾斜配点”になっている)からです。これは半分は私の願望なんですが。一方で、そんなに毎年毎年受験生をびっくりさせるようなことにはなっていないだろうとも思いますね。

某日 久しぶりに塾システムの改定をする。
 まず中学部に「理社コース」と、それに伴って「数英コース」を新設。数学や英語はご両親のどちらかまたは一方が見るか、または数英だけの塾に行っていたりするが、それだとどうしても理社が手薄になるので、理社だけ教えてくれるところはないか?というご家庭が少なからずあるらしい。高校入試のことがあるので、当方としても預かるなら5教科で行きたいところだが、理社については(数英もだが)どこにもひけをとらない自負はあり、理社で神谷塾を選んでいただくのも有り難いことではある。それに、せっかくSee-beで理科講座や地歴講座をやっているので、お客が増えてくれるのは結構なことなのだ。一方、何かで忙しいか他の理由で本格的には通えないが、中1・中2のうちは数英だけでも…というご家庭もあろうと思い、数英コースも用意。
 もうひとつは、小学生の「英語基礎コース」「国語基礎コース」を閉鎖。主な理由は体力の限界を超えているので(笑)。ほかに空き時間がなくて土曜の午前に設定したが、1年やってみて相当きついのがわかった。生徒も今は6年生だけで、ちょうど進学してくれるので区切りがよい。

某日 午前中空いたので映画『ゴールデン=スランバー』を観に行く。原作・伊坂幸太郎、主演・堺雅人。映画を観に行くと画面に堺雅人をよく見かけるようになった。彼の演技は安心して観ていられるし、脇役にも現代の大物がぞろぞろ出ている。よくできた物語だが、ひとつ不満を言えば、平凡な宅配ドライバーの彼には首相を暗殺する必然性がなく、昔の仲間などを除いてはそこに疑問をもつ人物がひとりも出てこない、という点。
 警察のショットガン射手で不気味なニヤニヤ笑いのデブ(失礼)が誰だかずっと気になっていた。あとで永島敏行だとわかった。
 表題はビートルズの『アビー=ロード』に収録の曲で、日本語にすると「黄金のまどろみ」。ビートルズはよく聴いたし、今でも聴くが、この曲は迂闊にして知らずにいた。
 なお、伊坂幸太郎原作のものでは、昨年『重力ピエロ』を観た。伊坂氏が仙台在住で小説の舞台も仙台。『重力』も『ゴールデン』も仙台でロケが行われているので、仙台がだんだん馴染み深い街になっていく。私は本当は仙台で学生をし、仙台が第二の故郷になるはずだった。高3のときに東北大学に落ちて“予定”が狂ったのだった(笑)

某日 中3の高校入試直前講習の第6回=最終回。今年度もよくがんばった。あとは本番を迎えるのみということで、オマモリを渡す。小さめのプラスチック消しゴムと「キシリトール」。当塾は実用本位で、消しゴムは以前からあげていた。キシリトールは昨年から。キットカット=「きっと勝つ」みたいなのがないかなーとかねてから探していたところ、キシリトール=「きっちり通る」を週刊誌の記事で見つけたのだった。
 私立高校は“全勝”だった。公立も全員きっちり通ってくれますように。