FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



1月6日~1月15日

某日 中3の道コン(北海道学力コンクール)。前日には中1と中2の、そのまた前日には小学生の道コンをそれぞれ実施。小学生のはほとんど採点表だけで採点をし、いちいち解いたりはしないが、中学生のは全教科自分で解いてみてから採点を始める。中1でさえこの時期になるとそれなりに凝った設定の問題もあり、5教科×3学年を解くとけっこうぐったりと疲れる。採点を始めるとさらにぐったり疲れることもしばしば(笑)

某日 生徒募集のチラシの原稿を作る。講習会の前にチラシを出すことも多いが、今回の冬期講習の前はやめた。うちの講習会は中1・中2のテストゼミのように「普段やれないことをやる」のがメインで個別指導のウェイトは下がる。だから、塾外の生徒さんが個別指導を期待して来てもこちらは十分なことができない。それで、本来なら来てくれそうなお客をむざむざ逃がすようなことによくなっているのである。冬期講習前にチラシを撒かなかったのはこのためと、今回は講習前は忙しすぎて手が回らなかったため。その代わり1月下旬から、新中1と新中3をターゲットにしたチラシを撒くことにしたわけである。

某日 今年の我が家のテーマは「要らない物を捨てる」。4人と1匹で住むには十分な広さの一戸建てなのだが、ゴミとも何ともつかない不要物が多すぎて片づかず、狭い。春までに大がかりな配置換えをするため、まずは各自が捨てられる物を捨て、売れる物は売る、ということにした。それで私はとりあえず自室の机の引出にある不要書類を整理。多くは「雑がみ」となる。

某日 久しぶりにぽっかりとヒマな日だったので、札幌駅前まで映画『フォース・カインド』を観に行く。予備知識はなく、なんだか得体の知れないモノが出てきそうなホラーだと思い、ずっと気になっていたのだ。タイトルの意味が不明なのもその理由だったのだが、日本語にして「第四種」は観ているうちに「接近遭遇」(地球外生命体との)だと見当がつく(少年のころ観た『未知との遭遇』の原題は確か『第三種接近遭遇』だった)。なーんだ、ホラー仕立てだけど宇宙人モノかい。アラスカの都市ノームで異常に行方不明者が多いのは宇宙人が拉致するからだという説に、ある心理学者の強ーい思いこみが絡んで、この話ができ上がっている。エンターテインメントとしてはなかなか楽しめていたのだが、終盤「娘の身体が天井を通過した」というくだりでシラけた。
それにしても(宇宙人拉致説は論外として)ノームで行方不明者が異常に多いのはなぜ?

12月16日~1月5日

遅くなりましたが、新年おめでとうごさいます。今回の冬期講習は例年のメニューに加えて中3の「裁量問題対策」を追加したので、非常~にヘヴィでした。そのヘヴィな講習の前、結局4週間ほども腰痛に悩まされて仕事が滞ったため回復後は猛烈に忙しく、また年末年始の休暇でガーッと帰省してきた(これはいつもと同じ)こともあり、講習の後半はきつかったですね。休みたがる身体に鞭打つようにしてやっていました。

某日 講習会の前に机の配置換えをする。そのついでに久しぶりの大掃除。四角い部屋を丸く掃くくらいのことは折々やっているけれど、床全部にモップをかけたのは数か月ぶりのはず。

某日 前回の記事に書いた絵本の読み聞かせ。『かさじぞう』と『てぶくろ』の2本立て。折しもどっさり雪が降った朝だったのでタイミングとしては絶好。

某日 冬期講習会に本格的に突入。中1と中2はいつものテストゼミ。中3は標準クラス3時間に発展クラス(裁量問題対策)30分のセット。標準のほうはいつも通りながら、発展は今回初の試みで、分量の設定を誤って30分に納めるのが難しい。手際よくやっても結局平均して40分くらいにはなった。生徒も大変だっただろうが、私も準備にえらく時間がかかり、労力としては3時間の授業が2コマあるような感じ。1年目はこんなものである。来年からは(私は)ぐっと楽になるはず。

某日 正月の帰省。雪での運休が怖いので帰路はよく列車にしている。今回は往路も列車となった。札幌→京都→愛知→東京→札幌のコースで、まず愛知の私の実家に帰り、次いで東京の妻の実家に帰る。札幌→京都は妻と子らの念願だった「トワイライトエクスプレス」、東京→札幌は「北斗星」。
京都で3時間ほど空き時間をつくっておいた。駅から近いところ1つだけ観光しようということになり、徒歩で三十三間堂に行く。ありがたい仏像の数々(HPでご覧ください)は大変すばらしかったのだが、お堂がめっぽう寒くて参った。この日は全国的に冷え込んでいて、外ももちろん寒い。そして日本海側は大雪で列車は運休。1日ずれたら帰れないところだった。

某日 実家近くの墓地へ墓参りに行ったついでに、小学校のグラウンドで長男とキャッチボール。雪のない地面で好きなだけやれるのが嬉しい。調子に乗って遠投に挑戦したら肩を痛めた(笑)
正月休みにはよく勉強道具を持っていく(子どもみたいですネ)のだが、飲んだくれているうちに何もせずに持ち帰ってくることが多かった。今年はどうしたことか非常にヤル気があり、揺れる列車の中では高校物理を、実家では世界史をおさらいする時間を持てた。物理は波動を、世界史はイギリス史を一通り。

某日 東京へ移動して妻の実家へ。午後2時ころ到着すると、両親と妻のきょうだい夫婦全員が揃っての新年会が始まっているという、嬉しくも厳しいスケジュール(笑)

某日 「北斗星」で正午ごろ札幌に到着。家に帰り、家の前をちょいと除雪してすぐ仕事場へ。駐車場にどっさり積もっている雪を除けるのに約30分。それから12月の月例報告を封筒に詰めて発送。翌日の高校生の1対1指導と、翌々日からの講習に備え、ちょいと掃除をして帰宅。