FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



絵本の読み聞かせに

小5の次男の小学校のクラスで絵本の読み聞かせをしてきました。

普段の朝読書の時間に時々お母さん方の有志が読み聞かせに行っていて、うちの妻も常連。たまには親父にも読ませてみてはどうかという声がどこからか出たらしく、朝なら時間の融通が利く私に声がかかったのでした。5年生は3クラスで、今日は私のほかPTA会長氏ともう一人で3人とも親父が登場。

5年生相手に絵本でいいのか?とはじめ首を傾げましたが、時間が短いので字数が少ないものが合っているのです。それに絵本だから幼稚というわけでも全くありません。その絵本は何がいいのか?と声がかかった頃から自宅の書棚を物色し始めました。

雪のシーズンでもあるし、絵も綺麗だし、ということでなんとなく宮沢賢治『雪渡り』か新美南吉『手袋を買いに』を考えていたのですが、読んでみると長くてとても10分には納まらない。それに、『雪渡り』にはあの「かた雪かんこ、しみ雪しんこ」といった調子のいい歌というかお囃子みたいなのが沢山あって、朗読するには上級者向けという感じ。また『手袋を買いに』は母狐と子狐の話であるうえ、“挿入歌”としてシューベルトの子守歌「眠れ眠れ母の胸に」が出てきたりして、どう考えても親父ではなく母親の(笑)朗読向けです。

というわけで、前夜になってやっと見つけたのが『かさじぞう』。大晦日~元日という設定なので非常にタイミングが良く、主役はしがない笠売りのじいさんで感情移入もしやすい(笑)。最後はメデタシメデタシで終わりますし、話は短いのでゆっくり読んでも所要時間5分足らずです。

短くて物足りないと思われても惜しいので、もう1冊、これも短いウクライナ民話『てぶくろ』も用意しました。これも雪のシーズンにはぴったりです。ネズミ・カエル・ウサギ・キツネ・オオカミ・イノシシ・クマ、と順に登場して、手袋(ミット)に入っていきます。登場順に体が大きくなるので恐らく声は低くなりますから、ネズミやカエルは高い声で始めて、クマのところで最低音になるように少しずつ低くしていく、てなことも試みました。

『てぶくろ』でいちばん可笑しいのは、たぶん6番目にイノシシが「入れてくれ」と言ったあと(もう満員なので)「ちょっとむりじゃないですか」「いや、どうしても入ってみせる」とやりとりするところ。ここで笑いが取れるといんだが、と期待していたら、爆笑とはいきませんでしたが子供らの中からクスクスと笑いが漏れました。上出来でしょうか。

なお、『てぶくろ』の英語版で上のイノシシの台詞は“Yes, I can. I will.”となっていて、シンプルながら感じがよく出ていて笑えます。他の台詞もなかなか楽しいので、英語版もお勧めです。



12月1日~12月15日

某日 何日かに分けて中3のご父母と進学相談会を持つ。12月上旬に各中学で三者懇談があるので、その前に塾で作戦会議をさせてもらっている。A高校を志望していて模試のデータからも有望なのだが、中学の担任が難色を示す、ということがタマにある。そういうとき毅然と「親と本人の責任でA高校を受けますので」と主張していただかねばならないからである。8月からの模試数回のデータを材料に、本人の伸びしろを考えつつ、志望校の合格可能性について話を詰めていく。例年だとこれがいちおう最終の相談会だが、今年は微妙な所にいる生徒が多く、もしかすると1月道コンの直後にもう1回話すことになるかも。

某日 土曜の数理講座の準備(資料と演習問題)が、量が多くて大変だった。たまにこういうことがある。中2の「天気の変化」と中1の「いろいろな水溶液」「実験の基本操作」。木曜の夜は泊まりになってしまって、明朝着替えに帰ってすぐ出勤、金曜も午前一杯かかる。それでも「実験の基本操作」は、短時間でやったにしてはいいものができた。なかなかやるじゃん、と自画自賛(笑)

某日 カラオケボックスで4時間遊ぶ。前半は洋楽。車の中で練習?して憶えかけの曲が数曲あるのでそれをまず練習。同じ歌を何度でも気が済むまで歌いたいので、カラオケはたいてい一人で行く(連れがいると迷惑をかける)。洋楽ではたまに歌詞が間違っていたり(You'reがYou'veになっていたり)ルビが間違っていたり(she read は絶対にシー・レッドなのにシー・リードなどと振ってある)するので、ルビを見ていると間違う。でもこの日のソフトではルビが消せなくて、初めはずいぶん苦戦した。単語など難しくてうまくいかないところは、漫然と繰り返していてもできるようにならない。そこを取り出してちゃんとさらわなくてはだめである。これは音楽なら何でも同じ。後半2時間はアタマとノドを休めるため日本語の歌を気楽に歌って流す。時間はフリータイム、アイスティー2杯で閉店まで粘って1760円。

某日 この忙しいのに腰が痛い。11月末に犬を連れて家族写真を撮った際、坂道で犬に引っ張られてヘンな踏ん張り方をしたときに痛めた。普段なら2日ほどで元に戻るのだが、なかなか良くならない。どころか痛みが激しくなってきて、立っていても、座っていても、寝ていても痛い。身体が思うように動かず、椅子に座っていられないので、仕事の能率が悪いことこの上ない。それで久しぶりに整体に行くと、ギックリ腰の一歩手前で、座骨神経痛も併発しているとのことであった。犬にちょいと引っ張られたくらいでこんなことになっていてはいけない。老化しているのだろうか(苦笑)

某日 そんなわけで、年内最後の地歴講座は立っているのが辛くてしんどかった。腰の痛みをこらえて電子ペンを操っていると脂汗が出てきたり(汗)

某日 どうやら腰痛が快方に向かい、身体が自由に動くようになってきたので、やろうと思っていた仕事をどんどん片づける。それまで恐ろしく能率が悪くてイライラしていた分、うっぷんを晴らすように飛ばす。『神谷塾だより』の12月分の編集を始めてその日のうちに印刷・配布、年賀状の文面を考えて印刷。ホームページをいじって、このブログも清書する。なかなかやるじゃん、と自画自賛(笑)

某日 クリスマスの買い物のため都心に出る。毎年慌ただしい中で時間を作って出かけるが、この買い物に出かけられることを幸せに感じる。今年も店を潰すことなく、どうやらクリスマスまで漕ぎ着けた…と。クリスマスそのものよりも、この買い物のほうが楽しい。

11月16日~11月30日

某日 道コン事務局による恒例のセミナー+教材展示会へ。来春(2010年度)の入試のポイントはインフルエンザの影響と、やはり裁量問題はどうなるか?それをどうするか?ということになるはずである。講演を聴いたり教材会社の方と話したりしながら、冬休み以降の構想をぼんやりと練る。

某日 冬期講習の具体案をやっと作る。日程など大まかな構想は練ってあったのだが、諸般の事情で細部を詰める作業になかなか着手できなかった。まあ、うちでは講習の受講者はほとんどが塾内生なので、11月下旬にできれば上出来ではある。頭が痛いのは北海道公立高校入試の「学校裁量問題」。生徒によってこの対策が必要な子とそうでない子がいて、しかし大手塾のようにクラスを分けて別々の講習をすることは物理的に不可能。それで、全員対象の「標準クラス」をやったあと、オプションとして裁量問題対策の「発展クラス」を設けることにした。詳細は神谷塾のHPをご覧ください。

某日 久しぶりに完全オフ。家族で都心の大型書店に出かける。近頃はネット書店に注文したり古書店を物色することが増えて、新刊書店に出かけることがめっきり減った。中身を見ずに買う本はネットで注文すればいいので、この日は「実物を見てから決めたい」という本に絞った。1年ぶりくらいに英語を読んでみる気になり、Penguin の Greaded Readers からレベルの難易を取り混ぜて数冊。いま読めなくても正月休みにどれかは読めそう。あとは『もやしもん』絵本の2冊目『いただきます』も購入。

某日 車のタイヤを冬用に交換。クルマ屋に行くたびに何か不具合とか部品交換が発生するので、この日も何かあるような予感を抱いて出かけると、冬用ワイパーが擦り切れているから安全(視界確保)のため新調してはどうかと勧められる。安全のためと言われるとそんな気になって、予定外のン千円の出費となったが勧められるままに新調。

某日 年賀状のための家族写真を撮る。撮る、といってもここ数年は毎年お隣のKさんにシャッターを押していただいている。夫婦と息子2人と犬。年賀状の送り先の話では犬が評判が良い一方、大人2人と息子2人はあまり期待されていない(笑)。例年、写真を撮るときはその犬がなかなか大人しくならず苦労するのだが、今年は犬も勝手がわかったのか、ちゃんとカメラに向いてポーズを取る。だというのに息子たちが写真向けのいい顔をしないので、なかなか「これは」という1枚が撮れないのであった。犬のほうが使える(笑)。家族写真で年賀状を出すようになってから、これがたぶん12回目。来年あたりから子どもは外れて夫婦と犬だけの写真になりそうな。