FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



10月16日~10月31日

某日 喉の痛み、声がれ、咳、と風邪の症状が出始めたので警戒していたある晩、なんとなく体調が悪いまま息子らとポーカーをしているときにぞわわ~と悪寒がする。ついに来たか!と半分諦めながらフトンに入った。これでパーッと熱が上がり、全身の関節が痛み出して、朝になっても回復していなければ主治医のところに行こう…と考えながら、熱のせいでなかなか寝付けない一夜を過ごす。ウトウトしかけては大汗をかいて目覚める、ということを数回繰り返した後、わりあいスッキリと朝を迎えた。食欲はあり、夜の間にできた大量の洗濯物をやっつける余裕もあったので、どうやらインフルエンザではなさそう。これで医者にかかるとそこでインフルをもらってくるキケンがあるので自宅療養とする。洗濯をしながら午前中いっぱい休養して出勤。

某日 中野京子『怖い絵3』(朝日出版社)を読了。昨年読んだ『怖い絵』『怖い絵2』の続編。そろそろネタも尽きるのかと思いきや、まだまだ怖い絵は世間に(ヨーロッパに)あるらしい。本作にはイギリスのエンクロージャー(囲い込み)にまつわる怖い絵が2つ入っている。最近の地歴講座で「市民革命」「産業革命」とやっているところだったので、興味深く読んだ。
怖い絵怖い絵2怖い絵3

某日 古本屋で見つけた和田秀樹+柴田孝之『東京大学受験作法』(ダイヤモンド社)を読了。受験界ではよく知られた2人の共作。東大受験に特化した部分もあるが、受験勉強に取り組む姿勢やノウハウとしては受験全般にあてはまることも多い。商売柄この種の本はよく読んできた私も「そうだよな!」と膝を打ったり線を引いてしまったりすることが多かった。思いつくままにいくつか列記すると
・受験の準備に充てられる時間やエネルギーには限度があるのだだから、全部の教科を深~く学ぶことはできない。深い勉強も大事だが効率を優先させるべきである。
・入試で何が問われるかを知るためには、漫然と参考書をやるよりも問題集をやるほうが良い。
・やりかけで中断した問題集を再開するときは、中断した所からでよい。最初からやり直すとまた中途で頓挫しかねない。まずは最後までやることが大事。
--と書いたのは私の言葉遣いになっている部分が多いと思います。私がねじ曲げてしまっているおそれもあるので、気になる方は本書に当たってください。参考書(問題集)の紹介も充実しています。

某日 犬を連れて公園を散歩した帰り道、犬がぺたんと伏せた状態で歩かなくなってしまった。セントバーナードとピレネーの混血・メスで、11歳の老犬。体重40kgで、体重別分類では「超大型犬」。大型犬の老化は急に来ると聞いたことがある。そのうち歩けなくなったりするのかな~と思っていたこのごろだったが、よりによってちょいと遠出をした日にそれが来た。遠出をしたから疲労でそうなったのかも知れない。少し休むとよろよろ立ち上がって歩き出すのだが、しばらくするとまたへたってしまう。後足か腰を痛めているのかも知れない。最後はむりやり抱きかかえて(おぶろうしても抵抗して背中に乗らない)公園の出口まで運び、呼びつけた妻の車で家まで運ぶ。犬は数日でどうやら回復したようだが、私まで腰を痛めて数日間歩行困難になってしまった(笑)


夕食をとるのをやめた・その後

9月15日の記事で、平日午後10時を過ぎての食事もビールもやめたという話を書きました。それから1か月。誘惑に負けてあえなく頓挫、また好き放題飲み食いする日々に戻り、体重も戻り…ということには全くならず、どうやら習慣化に成功しました。

ただ、夕方の7時ごろ、生徒の数が一時引いてヒマになったときにオニギリなどを食べることにしました。当初は遅めの昼食を摂ったあと朝食まで本当に何も食べずにいたのですが、これでは間隔が空きすぎて食べたものを吸収し過ぎることになり、ダイエットとしては逆効果なのだそうですね。昼食を午後1時半に終えて朝食が午前7時半だとすると18時間も空いてしまいます。それは良くないと妻に言われて、まっとうな時間に軽~い夕食を済ませることにしたのでした。オニギリとかオハギとかお稲荷さんとか、なにしろ炭水化物を中心に摂ります。これで後は基本的に朝食まで何も食べません。

早く帰宅できる週末は普通に食事もすればアルコールも摂取しますが、平日は帰宅後カロリーのあるものは努めて摂らない。お茶とか牛乳は飲みますし、空腹が辛くてたまらない時には羊羹の一切れくらいつまみますが。甘い物が血糖値を上げて「食べた気になる」ということを最近になってよく実感します。

…というわけで、効果のほどはというと、体重はまだそんなに減ってはいないものの、77kgくらいで安定してしまっていたのが今は74kgになりました。そして胴回りは目立って細くなり、ベルトの穴が1つ動きました

その日のことはまだ記憶に新しいです。いつものようにズボンをはき、ベルトを通したら、それまでの穴の1つ先まですーっと進みました。無意識のうちにその穴で留めた後でそのことに気づき、思わず「あっ、動いた!」と叫びましたね(笑)

さらに、腹筋の周りの脂肪が落ちて、腹筋の輪郭が見えてきている。さすがにまだ「腹筋が割れて」という状態にはなりませんが。思えばこの数年間というもの、日課として何十回かの腹筋運動をやってもやっても腹筋は見えてこなかったのに(笑)、ここ2か月ほどのダイエットで実現しつつあります。脂肪の層が厚ければ見えないのが当たり前ですけどね。

いまのところ、夜にちょっとひもじい思いをするほかは体調が悪いことはなく、週1回程度のトレーニング(犬を連れて)でもなんだか身体が軽い気がします。体重も減らしたいですが、腹筋が割れた中年に早くなりたいと願うこのごろです。


10月1日~10月15日

某日 地歴講座の歴史で「市民革命」をやる。過去2年は回数の都合で割愛してしまっていたところ。今年はいいペースでやれているので追加した。昔の授業ノートを検討しつつ、勉強し直しながら資料をまとめる。一昨年はこれが毎回だったので非常にきつかった(加えてSee-beの練習にも時間がかかった)が、年に1~2項目追加していくくらいならば楽だし、自分のためにもなる。
 なお、高校時代から世界史は非常に苦手だ。それにこの部分は啓蒙思想のことが大きなウェイトを占めるのでタイヘンだった。なお、ルソーは庶民の出で急進的、モンテスキューは上流貴族で穏健と、よく並べて扱われる2人が対照的だということを今回知った。

某日 三浦綾子『続・泥流地帯』(新潮文庫、441頁)を読了。本の厚みは正編と変わらないが、活字が一回り小さいので読みでがあった。筆舌に尽くしがたい様々な苦難のあと、主役たちの人生に明かりが射してきたところで完結。物語の終盤、
  ○善因善果、悪因悪果は人間の願望で、現実はそうはなっていない
  ○苦難を災難と思うか、試練と思うか、そこが大切だ
--と主役たちが話すあたり、深く考えさせられた。こういうことができるのが小説のいいところだ。続きを読みたい気がするが、それは叶わない。この作品の続編にあたるような作品はないのだろうか。どなかたご存じありませんか。

某日 『新しい科学の教科書』準拠問題集(地学編)の原稿の再校。解答解説もほぼできあがり、刊行を待つのみとなった。地学編も売れますように

某日 映画『さまよう刃』を観る。お盆に『サマー・ウォーズ』を観てからずっと映画に行ってなかったので、何かやってないかと前日探したらこの映画がこの日封切り。気になるホラーもあったのだが、ホラーを楽しむ気力はなく(笑)、むしろ重たい人間ドラマに身も心も沈殿したい気分だったので、ちょうど良かった。難しいテーマだし、救いがないまま結末を迎えるが、寺尾聰はじめ俳優陣が好演、十分楽しめた。というか、いろいろ考えさせられた。
 安直なコメントの代わりに全く横道にそれた感想をひとつ。映画で携帯電話が活躍するようになった。最近観た映画では、洋の東西を問わず、実写・アニメを問わず、物語の展開上本当にケータイが重要だった。ケータイなしでは話が成立しないようなのもある。固定電話と公衆電話しかなかった時代の映画を今の若者が観たら、不思議な思いをするのだろうか。「なんでケータイ使わないの?」って。

某日 今シーズン初めてストーブを焚く。試運転を兼ねて緩めの暖房。ストーブなしでも過ごせないことはないのだが、うすら寒いなあ、と思いながら勉強していても身が入らないだろうから。台風18号が来るころから急に寒くなり、半袖シャツでは寒いどころか初冬の装いがちょうど良いほどになった。峠では雪も降っているらしい。


9月16日~9月30日

知らないうちにシルバーウィークという名がついていた5連休。小5の次男は学級閉鎖で17日から休みになっていて、そのまま連休に突入して7連休。明けて2日通うとまた週末でいつもの2連休。これでは○○○○○になるわけだ、と夫婦でぼやく。(○○○○○にはいろんな語句が入ります)

某日 前回書いた『もやしもん』を8巻まで読了。塾の書棚にもワンセット置くと、高1の女子がさっそく1巻を借りて帰った。これを読んで農学部に行こうとする生徒がそのうち現れるかも知れない。ちなみに神谷塾の卒塾生では一浪で北大農学部にひとり、現役で帯広畜産大にひとり、それぞれ行っている。金と時間があれば私も農学部か農大に入り直したいと本気で思うこのごろ。「でしょ~」と最近よく言う妻は農学部畜産学科の卒業生。

某日 車検のためディーラーの工場へ。先日排気管を取り替えたばかりだが、要整備箇所がまだ数点あったので、全部で3時間ほどかかりますが…と言われていた。周りに喫茶店も何もないので、そこのロビーでタダのコーヒーを飲みながら3時間過ごす。前夜読み始めた三浦綾子『泥流地帯』(新潮文庫、452頁)をこの間に読了。もう2年ほど前になるのか、この続編に小学生と先生の心温まる昼食シーンが出てくるのを知り、2冊合わせて買っておいたもの。ふいに読む気になって読み始めたらめっぽう面白く、長さを全く感じない。普段小説というものをほとんど読まないが、これならいくらでも読める。続編も楽しみ。

某日 世間の5連休のうち1日を久々の完全休業(仕事場に全く出ない)にして、家族と近所の大型書店に行く。そこにあるレストランでバイキング式の昼食を摂ったあと、書籍やCDを物色して過ごす。長居をすればするほど買ってしまうので、あまり真剣に物を見ないように気をつけた。それでも誘惑に負けてCDコーナーでサラ=ブライトマンの新譜を1枚と、古書店でなかなか見つからないサイモン&ガーファンクルのを1枚購入。自然科学や人文・社会科学の専門書というものをめっきり買わなくなった。買っても読まない・読めないからだけれど。

某日 日曜の午前を利用して中3の学力B対策模試。

某日 朝晩は冷えるようになってきて、半袖では寒いと思うことも増えてきた。そしてこの日はついに深夜の残業中に1枚羽織った。もうシャツは長袖にしよう。あんなに暑かったのに、寒くなるのはあっという間だ。