FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



『もやしもん』

石川雅之『もやしもん』1~8巻(講談社)をやっと読みました。漫画全般は映画と同等以上に好きですし、この作品の存在を知ってからずっと気になっていたのに、今になってようやく、です。古本屋で見つけたら買って読むんだ~と呑気に構えていたら、全然ないんですよね。持ってる人は手放さないということでしょうか。

moyasimon7

ある日やっと1巻を見つけて買って読んだら、これが大層面白かった。物語も面白いんですが、菌類について俄然興味が湧き、のめり込みました。欄外の注が充実していて、それをきっちり読もうとするものだから1冊読むのにすごく時間がかかります(笑)

続けて妻がやはり古本屋で2・3巻を見つけて購入してきましたが、それきり見つかりません。ならば、とネット書店で探したら安いのがちゃんとあり、送料と合わせても古本屋に足を運ぶのとそんなに変わらない値段で4~8巻も手に入りました。早くそうすればよかった。(アホだな~)

読んでいて飽きないのは登場人物たちがいいからというのもあるでしょうね(※1)。舞台となっている某農大には可愛い女子学生も、昔はよくいたお馬鹿な男子学生も大勢いて、何やら懐かしささえ覚えます。その一方で菌類や発酵・醸造に関する深~い語り。農学に向けられる教授や学生の真摯な姿勢とパワーには圧倒されます。

この本の影響で、農学部とか農大というのもいいな~と思い始めているこのごろです。ここに描かれている素朴で充実した大学の様子というものを見てもらうのもいいだろうと思いまして、自宅用とは別に塾の書棚にワンセット置くことにしました(※2)。これもネット書店でまとめ買いしたものです。物語のかなりの部分がサケ関係なのが小中高生にはちょっとアレかなとも思いますが、学問とは例えばこんなあり方をするんだという見方をしてもらえればいい。それよりも何よりも、物語が面白いだけでも十分に価値はあります。

※1 私は樹(いつき)教授の語りがとても好きですし、学生を導くというのはこういうことなのかと納得させられることも多い。ですが、それ以上に1年生の及川がダントツに好きですね~(笑)

※2 以前には三田紀房『ドラゴン桜』全21巻を、やはり自宅用のほかに塾にも置きました。



9月1日~9月15日

某日 車の排気音がやけに大きいのに気がついた。アクセルをふかすとブォーンとうるさい。アイドリング時に外で音を聴いてみるとバリバリとまるで改造車のようである(笑)。近所迷惑だし、道を走っていてもパトカーに呼び止められかねない。取り急ぎ車屋に持ち込むと、排気管(マフラー)に穴が開いたということだった。雪国では融雪剤の影響でよくあることらしい。部品が着きしだい交換することに。

某日 自宅の上の公園でランニング…のつもりだったが、犬(メス11歳)がワタシも連れて行けという顔をするので一緒に行く。犬は老いていて走りたがらないので、広場まで散歩して犬を木につなぎ、その周辺で 100 m くらいの距離を数往復。ときどきダッシュ。疲れたら腹筋や腕立て。明け方にトレーニングするつもりだったがそれが続くほど意思は強くなく、日が高くなってからユルユルとやることにした。膝はまだ痛い。

某日 朝野球の今シーズン最終戦。だいたい午前4時半には試合場に入るのだがまだ真っ暗。プレイボールも5時では無理で5時15分くらいになる。昨シーズン同様、7チームのリーグで6チームと各3試合、計18試合した(他に練習試合を2、3回)。発熱や膝の故障で2回欠場したが、全部ベンチ入りしたのはエライ。この最終戦に合わせるように前日から右膝が楽になり、ちゃんと曲がるようになった。それでこの日はフル出場、ヒットは出なかったが、私にとっては難しめのライトフライを1つ捕って気分よくシーズンオフへ。

某日 某高校の説明会へ。

某日 某高校の説明会へ。毎年この時期は各高校の説明会が目白押しで忙しい。

夕食をとるのをやめた

この 2 週間ほど平日の夕食をとるのをやめています。帰宅が早い日でも午後 10 時 30 分にはなり、それから何か食べるとほぼ確実に就寝前 3 時間以内ですので…。食事をするつもりでいるとついビールを飲んでしまいますし、食後にはお茶を飲みながらつい甘い物など食べてしまいます。これではいけません(笑)

そろそろ欲望に任せて飲み食いしていていい歳ではないという自覚はあり、夏場は腹部の膨らみが目立ってイヤだったこともあり、そして健康診断では中性脂肪の数値が高かったこともあって、この際、夜 10 時以降は何も飲み食いしないことにしました。いまのところ挫折することもなく、続いています。

思えば、これまでは
・ 1 日に 3 食食べないと損
・家族が食べたものを自分だけ食べないと損
…というような気分があったものですが、この歳になってようやく、そういった執着から自由になりかけているのでしょうか。もちろん帰宅するころには空腹なのですが、朝までガマンしようと思えばできるものです。そういうものなんだと胃袋に思いこませるのですね。また、家族が夕食で食べたものは(残っていれば、ですが…笑)翌朝食べればいいのです。

なんとなく身体が軽いような感覚があって体重計に乗ると、 2 週間で 2 kg 減っていました。まずは順調といえましょう。空腹のまま床に就けば読書がはかどりますし、ビールの消費量も減って経済的です。

ただし、帰宅の早い土曜・日曜にはここぞとばかり飲んだり食べたりしてしまいます。これをやめればもっといいのに違いありません(笑)

雲量ゼロ

あれこれの懸案事項はそのままに、はや9月です。遅いひるめしを食べに外へ出たら、ひじょう~に見事な快晴。雲量ゼロでした。それで、写真を撮らないと惜しいような気がして1枚。

9月1日の空01

9月になったとたん秋の気配が強まるというわけではないでしょうに、これは北海道の秋の空そのもの。どこか高い所へ上れたらもっといい写真がとれたはずですが、適当な建物がありません。やむなく、比較的空が広く見える交差点でもう1枚。

9月1日の空02

陽射しはまだ熱く感じられますが、空を見上げていると涼しく、爽やか。こんな日はずっと外に出ていたい気分です。