FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



自主トレ

今日もまた、仕事と直接関係のない雑感です。

外で過ごすのが心地良いこのごろです。長男が在籍した少年野球チームも練習が本格的に始まりまして、長男は卒団したのですが私はこのところ毎週顔を出しています。

子どもが卒業しても来てくれよ、と監督らから言われていたのを真に受けて(笑)、邪魔にならないように練習や試合を見守っています。球拾いが必要なら率先してやりますし、打撃の格好が気になる子がいれば可能な範囲で教えてみたり。グラウンド整備に人手が要るときは参加します。なんとかして「もう来なくていい」と言われないようにしていきたい(笑)

なんとなれば…

冬じゅう、身体を動かしたくてウズウズしていたのですね。最近子どもの野球に顔を出すとき、とくに用事がなく、邪魔でもなければ、隅のほうでストレッチやランニングやダッシュや素振りをさせてもらっているのです。日曜の昼下がりに、暖かな陽射しの下、遠方には手稲の山並みを眺めながらそんなことをしていると、身体が活性化していくのが実感できます。非常に気持ちがいい。

そういう運動をできる場所としては、近所に公園もあるのですが、通い慣れた小学校のグラウンドが居心地がいいのです。自主トレができる場所があるというのは有り難いもの。

私の朝野球も連休中に初練習をし、連休明けには試合が始まります。怪我のないように1シーズンを過ごせるよう、せいぜい鍛えておきたいと思います。

新年度の始まり

しばらく更新をサボっておりました。あまり間隔を空けると広告を出されてしまうということを初めて知りました。まあ、無料で書かせていただいているのですから、そういうところは承知しておかなくてはいけません。

ここに書くようなネタがなかなか見あたらなかったせいもあるのですが--

猫もシャクシもブログ、ブログ、ブログ。日記はネットに書くな。紙に書け!

…と誰か(高橋春男さんだったかな)が書いているのを何かの雑誌で読み、全くだ! と納得していました…

で、今日はその、本来は紙に書くべき雑感です。

2008年度が終わると間もなく2009年度の始まり。もう何度も繰り返してきたことですが、毎年新しい生徒さんを迎えることができて、やはり新鮮な気分を味わえるものです。

折しも春。今ひときは心も浮き立つものは、春の気色にこそあめれ。私はたぶん秋が好きなんですが、春らしくなってきたなーと身体が感じる今の時期も好きです。気持ちがなんとなく前向きになり、サボっていたバットの素振りなども始めてみたりしています。

新年度なので、また地歴講座や数理講座を始めるわけであります。昨日は地歴講座の1回目をやりました。

  【地理】世界の気候  【歴史】縄文・弥生時代  【公民】現代の社会と生活

今年は地歴の準備が楽であります。2007年度から始めて、この3月までに歴史は2巡、地理は1巡と少々、公民も1巡しました。地理と歴史については配布資料と一問一答集を各テーマごとに用意することにしていまして、昨年度は随分とエネルギーを注いでこれらを作りました。そのせいで土曜の夜から月曜の昼までしばしば修羅場でしたが、今年はマイナーチェンジだけでいい。平日にちょこちょこ直して月曜の午前に仕上げれば十分間に合います。その分、喋りのほうの準備に時間をかけられるのです。

ただし、きついスケジュールでひいひい言いながらやっている時のほうがいい授業ができる、ということも過去に何度も経験しているので、今年は余裕があるからといって気を抜かないようにしなくてはと思っています。

今年度もどうぞよろしく。