FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



それは何人称?

中1が「三単現のs」で苦労しています。

つければいいとわかればちゃんとつけられるのですが、どういうときにつけるべきなのか、本当にはわかっていない。今のところ現在形しか出てきませんから「三人称で単数」と憶えておけば済むようなものですが、それが「そうは問屋が卸さない」のです。

「単数」は平気らしいのですが、結局「三人称」がわかっていないのです。一人称・二人称・三人称という区分は国語でも出てきますし、今のうちにわかってしまわないといつまでも苦労します。それで中1にはたびたび、くどくどと(笑)説明するのですが、非常に飲み込みが悪い。うちの生徒だけなのか、全国的にそうなのか、それはわかりません。

中1に限った話でもないのかも知れません。中3になっても人称の意識が希薄なのでsをあっさり落とすのかも知れませんね。

さて、説明するとなるとやはり一人称からです。一人称ってどんなの?と問うと、たいてい「私」と返ってきます。それは間違いではないが、正しくもない。一人称とは


  ・私 ・私たち ・私とあなた ・私と私の父 ・私と私の家族
  ・私とジョン ・私と私の友達 ・私と私の犬


などなど、全部がそうです。まとめれば、人数に制限なく「私」ないしは「私たち」と表現できるものすべて一人称です。

次は二人称です。


  ・あなた ・あなたたち ・あなたとあなたのお母さん ・あなたとあなたのご家族
  ・あなたとリンダ ・あなたとあなたのお友達 ・あなたとあなたの猫


などなど。まとめれば「あなた」ないしは「あなたたち」です。

ここで、「私とあなた」が一人称であることに注意が必要です。これが中1にはわかりにくいらしい。

問題の三人称ですが、よく間違うのは「あなたのお兄さん」など。「あなた」につられて二人称だと思いこむ例がすごく多いです。


  ・彼 ・彼女 ・彼ら ・彼女ら ・それ ・それら
  ・ケン ・ジェーン ・ポチ ・マイケル
  ・私の父 ・あなたのお母さん ・私のクラスメートたち ・あなたのペットたち


などなど。まとめれば「彼・彼女・それ」または「彼ら・彼女ら・それら」。モノや動物は問答無用で三人称です。

こうやってひとつひとつ確認していくのも大切ですが、きりがありません。結局、人間どうしの会話がそこにあって、


  話し手側  (「私」が含まれている) が一人称
  聞き手側 (「あなた」が含まれている) が二人称
  その他 (話題に上っているだけで、会話に不参加) が三人称


ということでしょう。前述の「私とあなた」にさえ気をつければこれで不自由はありません。

ただし、そうカンタンに言われてもすんなりとは受け入れられない、という性質のものかも知れず、うちの生徒たちは間違えまくっています。いつかは平気になるのでしょうが、それまでは根気よく教え続けなくてはならないようであります。

まとめの方法(4) 「書いたものを憶える」のか

(『神谷塾だより』の連載記事の転載です)

まとめをしようとするとき、たいていの場合、それは何かに書いてあることですね。それをなぜ自分でわざわざ書くのか?…と考えてみると、それは書き(描き)ながら考え、整理・記憶するために違いありません。書いてしまった後で「書いたものを憶える」という行為はひどく退屈なものだろうし、「憶えるのは後だ」と構えていると書いているときには身が入らない。おまけに「キチンと仕上げる」ことに気持ちの重心が移ってしまって、効果が上がらないわりに時間ばかりかかる。悪いことづくめである。

書く過程こそが勝負。極端なことを言えば、書いてしまったものに用はない。捨ててしまってもいいくらいである。したがって必要以上にキチンと書く必要はないことになる。また、書店で売っている『要点整理』みたいなものとか、誰かが(たとえば教師が)まとめたものには大した価値はないことがわかるだろう。「自分もそういうものを書いてみよう」という気にさせてくれるという一点を除いては。教師がいろいろなことを憶えているのは、授業の準備として、または生徒に配るために、まとめを自分の頭でしているからである。

書いているその時が最も勉強になっているという例には、いろいろ心当たりがありませんか。たとえば英語の単語帳。これこそは書いているそのときが重要で、書いてしまってからは全く役に立たないものの代表ではないだろうか。高校に入るとそんなものを作っているヒマはなく、辞書を引いたそのときにできるだけ憶えるようにせざるを得なくなる。神谷は英単語のほか歴史年号とか化学式をカードにしてみた経験もあるが、なんとなく「そういう勉強のしかたがあるらしい」ので試しにやってみた、という程度だった。できあがった“作品”が大いに役立ったという経験はないような気がする。

なお、もしも「書いたものを憶える」方式で効果が上がるとしたら、徹底的にやった場合に限るだろう。「気の向いたときだけぱらぱら眺める」のではだめだ。毎日何度も見て、網膜に焼き付けなくては意味がない。その目的に適うという点で、トイレの壁に勝る位置はないと思いますね。家の中で唯一「どうしても見てしまう場所」で、その効果は計り知れない。だまされたと思って、たとえば日本地図を貼ってみませんか。


コンビニがなくなって

神谷塾のあるビルの1階で営業していたコンビニが、9月いっぱいで閉店しました。神谷塾が開業する前からそこにあって、あるのが当然のように思っていたサンクス。コンビニエンスというくらいですから、なくなってしまうと不便です。

これまでの場所で8年近くやっていたはず。退却の本当の理由はわかりませんが、おそらく採算の問題だったのでしょう。50坪くらいもある店内に、昼間はお客が数名、深夜だとゼロの時間も多かったようです。マンションが林立する住宅街に囲まれて立地は悪くないように思えましたが。

今にして思えば、最大の問題は目の前の道路の中央分離帯だったのかも知れません。片側2車線の国道なのですが、中央分離帯に阻まれて反対側の車線からは入れない。すぐ先の信号でUターンすることはできるし、私はいつもそうしていますが、Uターンしてまでそこのサンクスに来ようという気はたぶん起こらない。その車線を少し走ればセイコーマートもセブンイレブンもあるからです。繁華街ではないので、車のお客を見込めないのは辛いものがあったでしょう。

さて、そのサンクスがなくなって何が不便かといえば、まずは気軽に夜食を買いに行けなくなった。週に5日は残業する生活で、私はガス欠(空腹)になると睡魔に勝てないので、生徒を帰してから何か食べなくては仕事になりません。それで、オモムロに階下に降りていってはオニギリとかカロリー低めの弁当とお茶を買ってくる、ということをずっとやっていました。夜食代がけっこうかさんでいましたね。

それができなくなって、カップラーメンを食べることが多くなりました。たまにスーパーに行っては安めのを5食くらい買い置きしています。夜食代を軽減することにはなっているでしょうが、長い目で見るとコンビニのオニギリのほうが食品としてはまともでしょうね。でもまあ、仕方ありません。

夏場はどうしてもノドが乾く。日中外出して帰ってくると、暑がりの私としてはアイスなども欲しい。そんなとき、下のサンクスでちょっと涼んで冷たいものを買って上がってくる、ということも可能でした。いまは涼しいからいいのですが、来年の夏からは対策を練らなくては…。さしあたりポットに冷茶でも入れて来ますか。

生命維持上(大袈裟ですね)の問題のほか、塾の位置の目印としてサンクスはありがたかった。近所の方であれば「サンクスの上」でわかってもらえましたからね。また、夜通し明かりがついていましたから生徒の安全にも有形無形の効果があった。冬場は24時間暖房してくれているので、2階にいる者は恩恵にあずかって暖房費がずいぶん浮いていたはずです。

現在、1階は空き部屋のままです。コンビニが退却したのですから、別のコンビニが来るという可能性はないのでしょう(来ればいいなと思いますが)。サンクスがなくなってみると、ビル全体がなんだかうらぶれて見えます。築8年くらいでまだ新しいのですが、サンクスの外装や照明がビルをいかに明るくしてくれていたかがよくわかります。ビル全体が殺風景だと、そこに入っているテナントも景気が悪そうで、非常にいやですね。

夜は当然ながら暗い。深夜まで煌々と明かりを点けているのは、ご近所では神谷塾だけになってしまいました。だからといって目立っているわけでもなさそうなのです。参ったなあ。

私としては、コンビニが望めないのであれば花屋さんなんかがいいように思うのですが、花を売るには場所がよくないし、そもそも50坪も要りませんね。ならば飲食店でしょうか。近所に鮨屋さんとかラーメン屋さんがありますから、焼肉とか。

知り合いの自営業者の方に、塾が来たらどうする?と訊かれて少し考えました。可能性としてはゼロではありません。ただ、近所の琴似中の学区では「はずれ」の所にあるので、琴似中の生徒をターゲットにした大手は来ないでしょう。増●会さんは現在いい場所に店をもっていますし、セ●ナーさんやニ●コさん、栄●さんもしかり。まあ、大手塾が下に来たとしても、神谷塾は初めから手法が違いますから、お客の奪い合いになることはないように思います。むしろそちらのお客が神谷塾に興味を示してくれる可能性がありますから、大手さんに来てほしいくらいですね。強気過ぎるかな。