FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



まとめの方法(3) 間違えたところから書く

(『神谷塾だより』の連載記事の転載です)

たとえば歴史のまとめをするときには古代文明から順番にやりがちだけれど、これはとてもまずい。参考書を横に置いて始めると、参考書がそのような編集になっているので、そうしてしまうわけだ。しかし、その方法では途中で飽きてしまって、入試に必ず出る近代・現代までとうてい到達できない。入試に出にくいところほど詳しくて、出やすいところほど尻すぼみに不勉強になる…では困りますね。多くの人は近代・現代が苦手なのだろうから、こちらから遡るほうがまだ有効である。だが、ベストではない。

ときどき定期試験や模試がある。その試験で、全く無知ではなかったけれど、理解が中途半端で満足に得点できなかった、という部分がきっとあるだろう。今のうちにそこを整理して完璧にしておけば、次回出題されたときにはどんな問われ方をしても大丈夫なのではないか。全く勉強していなくてまるまる解けなかった、という部分ももちろん勉強するのだが、そこはまとめをする前に参考書などを熟読すべきだろう。知識がゼロではまとめはできない。

そして、せっかくそこを間違えたのだから、この機会を大いに利用しよう。間違えたところの周辺を含めた拡張版のまとめをするのである。たとえば、(初歩的なことで恐縮だが)「管領」と答えるべきところを間違えたとする。まず、勉強のヘタな人は「室町幕府の将軍の補佐役は管領だ」と憶えて終わりにする。普通の人は、室町幕府の全役職を整理する。多少上手な人は、鎌倉・室町・江戸の3幕府の役職を総整理する。さらに上手な人は「名称は同じでも役割が違うもの」「名称は違うが役割は似ているもの」について確認する(心当たりのない人は、勉強しよう!)。「管領」を間違えただけなら1点か2点のことだろう。しかし、その後の勉強いかんによっては10点分にも20点分にもなりうるわけである。

解けなかったところをこそ整理するべきなのであって、順序を気にすることはない。こういう勉強のためにルーズリーフはとても便利だし、「その1」に書いたように、ただの白紙に書いたものを束ねておくだけでもいいのである。

ペンと記号を追加した

このブログのいちばん最初の記事「ごあいさつ+4種類のペン」で、こんな↓ことを書きました。(2006年6月)

…マルを付けてあげる際のペンですが、「神谷塾式」では4種類用意します。赤色の細いペン赤色の太いペン青色の細いペン青色の太いペン。最初は「赤細」でマルとバツを付け、お子さんが自力で直した2度目は「赤太」でマルとバツ。ヒントを出したあとは「青細」でマルとバツ、それでも解けなかったものには、最後に「青太」でマルを付けます。「赤細」か「赤太」のマルが付いているものは、自力で正解に至ったものですから、まず大丈夫でしょう。「青細」と「青太」のものは、そのときは自力ではよくできなかったものなのですから、あとでしっかり復習したほうがいいですね。


このようにしていましたし、今でも実行していますが、どうも4種類では足りない気がすることも多かったのです。それで、この夏からもう1色増やしました。教わる方も教える方もたいそう苦労した、というようなときに、後で見てすぐわかるように水色のマーカーででかでかとマルをつけることにしました。

もうひとつ、かなり前からずっと考えていた問題があります。個別指導を受けている生徒たちの多くは頻繁にケアレスミスをします。数学で言えばマイナスがなかったり単位を間違えたり。英語なら、筆頭は三単現のsであり、複数形のsであり、母音の前のanであり、クエスチョン=マークであります。英文はしっかり過去形で書いてあるのに現在形で訳してみたりもする。make の過去形が maked などとなっていたりもする。

何でもないことを「あっさり間違える」--と私は言っているのですが--のはいったいなぜなのか。そして、どうしたらこの「あっさりミス」を減らせるだろうか。生徒の出してくるものにマルバツをつけながら、ずいぶん考えました。

「あっさりミス」が発生する原因は、たぶん私や学生スタッフにも、生徒たち自身にも、あるのでしょう。私やスタッフがマルをつけるので、生徒たちは間違っていたら間違っていると教えてもらえる。間違っていたらそれを直してまた出せばいいから、とりあえず出してみればいい--

全部がそうではないとしても、テキトーに答を書いていることは少なくないように思えます。じっさい、最初はノーヒントで返して直させるのですが、間違っていると指摘さえされれば一発で直るのです。それならば、どうして最初から正解を書けないんだ…!

こういう方式でやっている以上は、避けられない現象なのでしょうか。試験ではないのだし、間違っていても実害はありませんが、そういう緩い心構えで勉強していていいとも思えません。

いや、実害はありました。大勢の生徒の「あっさりミス」をずっと見ていると、ああまただ、こいつもだ、このばかたれが…と、だんだんイライラしてくるのです(笑)

試験のような緊張のない状態で「あっさり」間違えていれば、試験の緊張下ではもっととんでもないミスをしそうです。普段はテキトーでも試験のときはちゃんとやれる、というのは、たいていの生徒にとっては当たらないでしょう。

折しも進学相談会のシーズンです。保護者の方にも「あっさりミス」がなくならないことを正直に伝え、解決策を探してるところです…という話をします。結局、本人がイタイ思いをしなければ直らないでしょうね、という点で同意を見て、半ば冗談で2つほどアイディアが出ました。

(1)「あっさりミス」ランキングを教室内に掲示し、時々刻々と更新する。マルバツをつけるたびに「中3Aくん、2つ追加」「中2Bくん、3つ追加」と、全員に聞こえる声で言いながらスコアをつけていく。

これは、ものすごく混んでいた上に「あっさりミス」も多くて疲れはてた日に、本気で実行しようと考えた手です。いくらなんでも陰険に過ぎるかな、と思いとどまったのですが(笑)

(2)ポイント制にして月末ごとに保護者に報告する。「あっさりミス」1回につき平常は1ポイント。道コンなどのときは1回5ポイントとして、<ひと月の間にたまったポイント数×10(円)>をお母さんに払いなさい。というもの。

たいていの子は毎月1000円くらいにはなるはずですよ、と言ったら、ぜひやってくれ!と多くのお母さんから支持をいただきました(笑)

「ポイント制」は私もなかなかいい手だと思ったのですが、記録をする余裕がありません。それで、とりあえず昨日から「あっさりミス」をしたことがあとでわかるように、緑色のマーカーででかでかとと横に書くことにしました。Aは「あっさり」のA。

「これは『あっさりミス』の記号だからね。こんなのを間違ってくれるなよ、という印だと思ってくれ」

そう説明しながら返します。やってみたら、私の感じる限りではなかなかいい具合です。余計な記号が増えて目障りだな…という表情の生徒が多い。嫌なんでしょう(笑)

こんなことで「あっさりミス」が減っていけばいいなと期待はしていますが、さてどうなるでしょうか。

まとめの方法 その2:何も見ずに書く

(『神谷塾だより』の連載記事の転載です)

たとえば、古代から現代までの中国と日本との関係を1枚の紙にまとめよう--と思い立ったとき、何を用意しますか。教科書、参考書、歴史資料、用語集…と、とりあえず全部広げてみますか。勉強している気分にはなりますね…。しかし、その方法で果たしてはかどるだろうか。

前項に回書いた、紙とエンピツ。最初はこれだけでいい。紙はなんでもいいが、できればコピー用紙のような、罫線も何もない、真っ白な紙。どこからでも、体裁を気にせずにとにかく書き始められるから。これでまず30分、勝負してみよう。自分の頭にあることがらを絞り出してみるのだ。

レイアウトとしては、古いほうを上にして縦に並べるのがよさそうである(紙を縦に使う場合)。中国のほうが先輩だから、殷から順に王朝名を書いていく。次は周。すぐに春秋戦国時代になって、次は秦、すぐに漢。前漢と後漢の間は何だっけ?…そこは空けておいて※、三国時代と書く。隋・唐の前は何?また空白※。でも構わずに進める。日本との関係が記録に残るのは前漢から。前漢の横に「100余国」などと書く。後漢の横に「奴国から使節」、三国の横に(魏)として、「邪馬台国から使節」。中国の王朝が元・明・清と続くころは、おおざっぱに言って鎌倉・室町・江戸と対応しているのでだんだんやりやすくなるが、内容が多いので大変。元なら元寇を書かないわけにはいかないが、すると朝鮮半島が高麗だったことも書きたくなる。(ここで「そうだな」と合点がいかない人は、勉強しよう!)

そうだ、あとで朝鮮半島のことも並べて書かなくては…!

やがて、未完ながら日中の外交史ができあがる。何も出てこなくなったら、そこが今のところの限界(=実力)である。ちょいと甘いものでも食べて脳にブドウ糖を補給してから、今度は空白、つまり書こうとしたが書けなかったところを、参考書を見ながら埋めていく。ここで、実力がじわじわとついている感じがするだろう。このとき、全然知らなかったことを発見しても、そこに書かなくていい。いま手持ちの知識を強化することが第一なのである。目的を誤ってはいけない。発見したことは当面は自分のレベルを超えているのだから、本にチェックを入れて、後で熟読したほうがいい。(なお、中学生はさきほどの空白部※にはあまり深入りしなくてよい)

見栄えはよくはないが、気にしない。誰に見せるわけでもないのだから。それでは気が済まない人というは、後でより高品質のものにバージョンアップすることにして、デッサンのつもりでなにしろ書こう。はじめからすごいものを書こうとしても、書けないものだ。また、結局このデッサンがあとあとまでいちばん便利だったりする。

非常にまずいのは、「要点整理」みたいな形ですでに誰かがまとめたものを、ほぼそっくりそのまま左から右へ書き写してゆく、という方法。これは勉強した気になるだけで、ぜんっぜん実力がつかない。自分の頭を使ったことにならないからだ。苦労は多くても手づくりがいちばん自分のためになる、と強調しておきたい。

ここへ来て夏バテか

いやはや、蒸し暑かったですね。気温は大したことなかったですが、湿度が高くて気持ち悪いのなんの。今日は雨が降って、そのあと少し涼しくなったようです。8月の下旬にさしかかった頃は涼しかったので、この数日はかえって身体にこたえた気がします。

一昨日などはあまりの寝苦しさに、とてもフトンの上にはいられず、少しでも涼しい場所はないかとマクラを抱えて家の中をさすらう始末です。結局、犬が寝ている板の間で、犬と並んで寝ました(笑)

塾では8月19日でいったんオフにしたエアコンの電源をあきらめて再び入れ、昨日・今日は涼しく過ごしましたが、ここへ来て体調がいまひとつ優れません。エアコンがまずかったのか、蒸し暑いのをやせ我慢していたのが悪かったのか、あるいは今になって夏の疲れが出たのでしょうか。

これから神谷塾は進学相談会のラッシュです。バテている場合ではないのですが。

夏の盛りのころは平気でした。夏期講習中は好調でしたし、朝野球にも休まず行き、休日には太陽の下で少年野球の塁審を一日中やっていたりしたのです。

そんなに身体を酷使するからだめなんですかね…(笑)
[続きを読む]