FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



6月23日~6月29日

特定健診の結果、出てしまいました。悪玉コレステロール。他はおおむね正常で、この悪玉(LDL)コレステロールの値が高い。これが高いと、コレステロールが血管壁に積もって動脈硬化の原因になると。6年前の健康診断で高脂血症と言われ、運動と食事改善で短期間にぐっと数値を下げた実績があるのだが、もはやそんなにがんばる気力はない。

食生活を見直して、改められるところから改めていくことにする。まずは卵。好きでよく食べるが、1日1個でも多いくらいらしい。卵めしはもちろん、マヨネーズを始め、卵の入っていそうなものは努めて遠ざける。その分、野菜を努めて食べる。全般にコクのある食べ物はやばいようだから、特に深夜の飲食には気をつけたい。やがて到来するであろう食料危機を見越して身体を慣らすという効用もあるだろう。

6/23(月) ○大がかりな清掃 ○『神谷塾だより』発行 ○HP更新

6/24(火) ○夏期講習の案内の作成 ○夏期講習のチラシの作成 ○アルバイトの面接

アルバイトスタッフのOさんが実習など多忙になったので6月いっぱいで終わり。後釜として、北大経済に今春入ったHくんに頼むことになった。バイト代はあまり出せないのだが、その点卒塾生は快く引き受けてくれるので助かる。なんとなくOBの好意に甘えて安くこき使っているという感じも否めないのだが(笑)

朝野球の7試合目は1-11で4回コールド負け。なかなか勝てないものである。この日は打撃のみという指名打者みたいな出方だった。ややバテ気味だったので助かったが、打席が1回しか回って来ず、その1回もキャッチャーゴロという不完全燃焼。

6/25(水) ○夏期講習のチラシの作成 ○夏期講習の教材の選定 ○火災保険更新の手続き ○HP更新

6/26(木) ○夏期講習のチラシを印刷に出す

夏期講習のチラシをやっと作った。遅い。タイミングとしては中学生諸君の定期テストが済んだころにポストに入っている、というのがベストなのだと思うのだが、なかなか実行できないのである。毎回がんばって作るわりにはあまり変わり映えしない(笑)のだから、さっさと作って印刷に出せばいいのである。

6/27(金) ○教材の仕入れ ○数理講座の資料の作成(中1理科・中3理科)

6/28(土) ○数理講座の資料の作成(中3数学)

公立高校の入試問題選択方式を受けて、中3の数理講座の内容をグレードアップすることにした。もともと発展的内容を盛り込んで高校での学習につなげるという方向性なのだが、これまで数学は生徒の実情に合わせて基礎~標準というところに的を絞っていた。ただ、これは自覚があったのだが、それなら普段の個別の時間にできるし、そうすべきなのである。わざわざ集めて教えるのだから、もう少しいいことをしたい…と思っていたところであった。

つまり、ある単元の学習内容を1~10とレベル分けし、生徒にとりあえずレベル7くらいまで到達するように求めるならば、基礎基本の1・2あたりと応用的な6・7あたりをじっくり教えるべきなのである。中間の3・4・5は生徒がひとりひとり練習すればいい。ここは個別でやれるし、そうすべきである。

というわけで数学と理科に絞り、中3については2教科を毎週やることにした。付属物のようにやっていた英語は個別のほうに集約することにして数理講座ではやめる。なんとなく初心に返った気がして準備が楽しかった。

数理講座
18:00~19:30 【中1】理科:力とは/力のつり合い
19:45~21:50 【中3】理科:力と運動(2)、数学:平方根(1)


6/29(日) ○地歴講座の資料の作成(地理・歴史)

仕事は自宅に持ち帰り。数理講座をグレードアップしたら資料づくりが大変になって、午前は起きられなかった。ちょうど少年野球の試合が入っていたが、もしかしたら俺は見に行かないほうがいいかもと思い午前いっぱい寝ていることにしたら、案の定レギュラーも5年生以下も快勝したらしい。困ったことである(笑)

6月16日~6月22日

6月21日(土)に道立札幌北高校の説明会に行ってきました。事前申込が必要とのことで早めに予約しましたが、その際に伺ったところでは塾関係者の申込はさっぱり来ないとのこと、当日も「学校・塾関係者」対象の時間帯は結局私だけ。「中学生・保護者」対象のほうは毎回一定数の申込があるそうですが…。塾関係者の方、もし見ておられましたら、行かれることをお勧めしますよ。私の場合、北高に対する印象がガラリと変わりました。

最近私は北高の生徒さんとの付き合いが少ないせいもあり、情報不足でもあったわけですが、これまでの札北のイメージは
・南高と双璧で学力の高い子が集まる。
・先生が独特の授業をする。
・課題があまり出ない。これをしろ、あれをしろと言われない。やる子は勝手にやるが、やらない子はやらないので、数学を中心にいつの間にか挫折者が続出。
・能力の高い子には合っているかもしれないが、平凡な子には過酷な環境。
・先生と生徒の距離が大きい。職員室に入りづらい。
・行灯の製作をはじめ学校祭には熱心。

…というようなものでありました。

ところがお話を伺ってみると、(確かにかつては上のような感じの指導をする先生もいたようですが)今は教科ごとに連絡を密にし、生徒に対して万全のサポート態勢を整えている。生徒も授業がよくわかると言う。何より先生と生徒の間に信頼関係ができているので、質問もしやすい。土曜講習も、生徒・先生双方とも熱心。保護者への説明・個別相談も密に行っている。

生徒に対するサポートがしっかりしているという点では、いわば“私立高校的”なんだなあという感想を持ちました。それから、勉強ばっかりしているというイメージもあったわけですが、勉強にも、部活にも、学校祭にも、それぞれ熱心。だから北高生はとても忙しいようです。忙しいけれど、楽しそうであります。

なお、対応してくださった教頭先生は私の大学の同じ学科(地球物理学)の先輩にあたる方で、そのためもあって随分とざっくばらんにお話させていただきました。

6/16(月) ○教材の仕入れ ○See-beで地歴講座の練習

20:30~21:10 地歴講座 【公民】基本的人権を守るための権利、新しい人権

6/17(火) ○進学舎セミナーに参加

道コン事務局による塾関係者対象のセミナー。この日の朝、道内公立高の入試問題選択制に関する新聞報道があった。セミナーは「石狩新学区制に伴う受験者の動向」と「新指導要領の移行措置」についての内容が中心だったが、入試問題選択制についても触れられ「入試としてあるべき姿に近づく」という点で歓迎すべき方向ではないかとのコメント。同感である。道コンのやり方は少し変えねばならなくなるとは思うのだが。

6/18(水) ○小学英語/国語コースのプランニング

前日のセミナーの場での雑談で、小学生向けの英語のコースが必要になるという感触を得た。来年度から小学校5年・6年では英語の授業が始まり、そのテキストもけっこう本格的なものらしい。英語の前に国語ではないか?というのが私の見解だったが、小学校で英語が始まるならそのフォローもしてあげなくてはという気になる。幸いにして、導入済みのSee-beには小学英語の楽しいコンテンツが入っているのだから、これで1コース設けようか--ついでに、英語と一緒に国語も開講してしまおうか--と考えたのである。国語のコースというのはいかにも生徒が集まらなそうなものだが、英語とカップリングすれば需要が生まれそうな気がする。

朝野球の5試合目は6-8で負け。センターへ大きめのフライを2本打ったがいずれもアウト。親しいOさんから「始めたころに比べてスイングがアッパー気味になっている」とアドバイスされる。慣れてきて、無意識ながら大きいのを打とうという欲が出てきたらしい(笑)

6/19(木) ○特定健康診断の受診

昨年まであった札幌市の40歳以上対象「すこやか健診」が名前と内容を変えて「特定健康診断」となっている。その受診票が来ていたので、40歳のとき以来健康診断を受けて来なかったこともあり、出かけた。近所の主治医の先生のところで受診できるのがいい。身長・体重・腹囲と尿検査・血液検査のみ。「すこやか健診」のときはたしか800円で胸部X線検査もあったはずだが、今回はこれで1200円。割高な感じは否めない。

6/20(金) ○夏期講習スケジュールの完成

毎年のことながら、夏期講習の準備が遅いのである。早くHPにもアップしなくては。チラシも作らなくては…。

6/21(土) ○札幌北高の説明会 ○HP更新 ○『神谷塾だより』の編集

朝野球の6試合目は3-8で負け。アッパー気味のスイングを修正できたか、センター越えのヒットを打てた。この日良かったのはこれだけで、守備はセカンドだったのだがエラーの山。1シーズン分エラーした気がする。すいません皆さん。

6/22(日) ○『神谷塾だより』の原稿

午前は出勤して原稿を書く。メイン記事は道内公立高の入試問題選択制。

午後から少年野球の手伝い。ちょうどノックが始まったので、自分の練習を兼ねて子供らの後方で球拾いをする。3~4組に分かれてノックをしているそれぞれで頻繁に後ろへ抜けてくる(下手なのである)ので、ひとりで球拾いをしていると忙しいことこの上ない。ノックを受けている子供らより運動量が多いくらい(笑)であり、バテて最後には走れなくなり、太腿の筋肉も痛くなる。全身塩だらけになってぐったりしていると、最近ようやくヒジ痛から復活した長男がバッティングセンターへ連れて行けとせがむので応じる。子供は元気なのである。

6月9日~6月15日

ガソリンが高い。満タンで買う前にちょっと思案するようになってきた。石油や食品の高騰がじわじわと日本中の家計を圧迫しているにちがいない。

こういうときこそ国会や政府にしっかりしてもらいたいのだが、首相の問責だとか信任だとかには力を入れる一方、減税をはじめとして国民の生活を守る方向の動きは見られない。どころか消費税を上げる動きがあり、たばこ税もグンと上がろうかという気配である。私はタバコを吸わないのでたばこ税に関しては影響はないけれど、お年寄りの健康保険料の件といい、この件といい、歳出の見直しをしないまま「取れるところから取る」姿勢を露骨に見せているいまの政府の行き方には不快感と不安感を覚えずにいられない。

そんな政府の状況だから減税はないのだろう。私自身の生活も不安だが、社会全体に先行き不透明な不安がどんよりと渦巻いている気がする。一部の人々はもはや生活に絶望しているだろう。

ひどい事件があったが、この事件の犯人だけ裁いても根っこの部分--すなわち、おそらくはワーキング=プアの若者や若者でない人々を取り巻く問題--を改善する方向に社会が向かなくては、解決にならないはず。ついでながら私は自営業者なのでそうは呼ばれないのだが、働けど働けど税金その他で持って行かれ、我が暮らし楽にならざり…という気分はワーキング=プアそのものである。

被害者の方々にはご冥福をお祈りします。ご遺族・関係者の方々にはお見舞い申し上げます。心から。

6/9(月) ○数理講座の資料の作成(中2理科)

中3で人数のいちばん多いK中学の生徒たちが修学旅行に出かけて、空いている。空いていてヒマなのもそれはそれでくたびれることがあるのだが、こんな風に落ち着いた時間をたまに過ごすのも悪くない。

6/10(火) ○数理講座の資料の作成(中2理科)

6/11(水) ○数理講座の資料の作成(中2理科)

6/12(木) ○数理講座の資料の作成(中2理科)

朝野球の4試合目。この日の試合場はグラウンドの向きが悪く、昇る朝日が内外野をもろに直撃して眩しくて仕方がない。あとで戯れにピッチャーズマウンドに立たせてもらったら、キャッチャーを正視できない。そんな状況なのにちゃんとストライクを投げるのだからピッチャーという人たちはすごいと思う。私は7番ライトで出て、守備ではたまたまいい所で守っていたせいもあり、ライナー性のフライを好捕。一方的に負けていたため打席は1度しか回って来ず、三振のみ。試合は0-11で5回コールド負け。

6/13(金) ○数理講座の資料の作成(中2理科)

6/14(土) ○数理講座の資料の作成(中2理科) ○入会の面接を1件(小6男子のお母さん)

先週に引き続き、9:00~12:30、13:30~17:00と試験対策。その気があれば7時間フルにいてもいいという素晴らしいシステム(笑)である。午前の部にきて、荷物を置いて昼食にいったん帰宅し、午後また来る、という利用のしかたをする子も珍しくない。

試験対策といっても、やることは普段とあまり変わらない。ただし、生徒それぞれの状況に応じて練習用/仕上げ用にプリントを用意したりするので、ひとりひとりオーダーメイド的になっていく。中3になると「社会は仕上がった気がするから理科をもう少しやりたい」という具合に自分で申告してくる子もいて、なかなか頼もしいのである。

6/15(日)

午前は少し仕事場に出て、午後から少年野球の付き添い。練習試合のグラウンド整備係をする。風が冷たく、雨が降り出したりもして凍える。なかなか夏らしくならない。

夜は、懸案事項が片付いたのと「父の日」だというので一家で回転寿司へ行く。小麦粉関係の食品が値上がりしているのは気づいていたが、物流の費用がかさんでいるのか、寿司も値上がりしている。安めだった皿の代金が中~高額へシフトしつつあるようだ。

6月2日~6月8日

中高生の定期テストのシーズン。中学生の場合、1学期のテストがたぶん年間で最も重要だ。範囲はあまり広くなく、数学は計算が多いので得点しやすい。ここできっちり好成績を上げておけば今後の勢いにもつながるし、学年の成績も期待できる。逆に1学期の成績がふるわないと後から挽回するのは難しくなってくる。

とくに怖いのは、まだ小学7年生という感じの中1男子である。しばしば小学生気分でテストを受けて、平凡な点数ならまだしも、時に凄い点数を取ってきてくれてしまうのだ。そんなわけで、4月の下旬から精力的に進学相談会をしてきた。

テスト範囲も出て、そろそろ中学生の目つきが変わってくる。幸いにして、大勢いる中3がマナジリを吊り上げているので、教室の雰囲気がピリピリしていてまことに具合がいい(笑)。中1も中3も同じ空間で勉強している効用で、中3のピリピリが中1にも伝わるのである。

6/2(月) ○中央区のある私立女子校の説明会 ○See-beで地歴講座の練習

午前は、5月中旬に行ったのに引き続き私立の中高一貫校の説明会(塾屋対象)。入試の情報も大事だが、校内に入れる貴重な機会である。

地歴講座 20:30~21:25 【公民】平等権・自由権・社会権

「地歴講座」だが中身は公民だけ。中学生のテスト前に少々調整が必要になったので。対象が中3なので多少の無理はきくのだが、憲法の条文を一緒に見る場面が多く単調になりがち。

夜の残業の前に琴似駅前の「ななし」でラーメンを食う。

6/3(火) ○数理講座の資料の作成(中1理科)

6/4(水) ○数理講座の資料の作成(中1理科)

午前はピアノ。前回休んだのでこの日はリハビリ。『ジャズハノン』の最初の課題曲に入る。

6/5(木) ○数理講座の資料の作成(中3理科)

最近無性にラーメンが食べたくなる。この夜も「ななし」へ。

6/6(金) ○数理講座の資料の作成(中3理科)

6/7(土) ○進学相談会を1件(中2男子のお母さん) ○数理講座の資料の作成(中3理科)

朝野球の3試合目。前日雨だったが、試合場はたいそう水捌けが良いらしく、バッターボックスがヌカルミ状態だったほかは全く平気。この日は1番セカンド。安打はなかったが最初の打席で四球を選んで出塁。守備では無死1塁の場面でゲッツーに絡んだ。

草野球とはいえ内野を任されると緊張が大きい。無死1塁または1死1塁からの6-4-3あるいは4-6-3のゲッツーは基本的だがきっちり決めたいプレーである。「ここでショートにゴロが来たら球をもらって2塁ベースを踏んでから1塁へ送球(6-4-3)」「おれのところにゴロがきたらショートにトス(4-6-3)」とブツブツいいながら構えると、実に思ったとおりショートにゴロ。ホントに来てしまった!(笑)と慌てながらも、どうにか2塁を踏みつつ球を受け取って、1塁へストライクで送球。教科書どおりのダブルプレーが成立した。

攻守交代のときに「うちのチームでは何年かぶりのゲッツーだ」(笑)と大いにほめられる。帰宅して、やはりセカンドを守っている長男に「ゲッツーに絡んだよ」と報告すると「やるじゃん」とここでもほめられてしまった(笑)

6/8(日)

先月から頭が痛かった懸案事項のゴールがどうやら見えてきて、少年野球に顔を出す余裕が生まれた。久しぶりに終日オフ。午後、ある大会の開会式に子供らを運ぶ車が1台不足となり、急遽対応する。

会場は東区の「つどーむ」で、いつも試合で西区内をうろうろしているのとは違ってかなりの距離。往路は新鮮さもあって何でもなかったが、復路はその風景の単調さゆえか猛烈な睡魔に襲われる。そもそも前夜も夜通し仕事をしていてまともに寝ていない。初夏らしい陽気の下でほどよく汗をかいた後でもあり、疲労が出たのだ。ついでに空腹だった。私は空腹になると眠くなるのである。

子供を4人載っけていて、万が一にも事故など起こすわけにはいかず、「俺は眠くなんかない!ちっとも眠くない!」と唱えつつ、子供らの時々脱線する「しりとり」にも参加して、どうやら無事生還。


5月26日~6月1日

5/26(月) ○See-beで地歴講座の練習

19:35~21:45 地歴講座 【地理】地形図の読み方、【歴史】平安時代(2)、【公民】日本国憲法(全般)と平和主義

地理と歴史は軽め、公民が重ため。平和主義の話では憲法9条に触れずにはいられない。See-beもこの辺はよくできていて、話しているうちつい熱中して長くなった。聴かされている中3諸君は疲れただろう。ごめん。でも話さずにはいられないのだ。

この日、神谷塾のHPが15000ヒットを達成。1日のヒット数が2ケタなら多いほう、という状況でよくここまで来たものである。

5/27(火) ○進学相談会を1件(中3女子のお母さん) ○『神谷塾だより』の編集

5/28(水) ○進学相談会を1件(中3男子のお母さん) ○『神谷塾だより』の発行 ○HPの更新 ○算数教材の作成

『塾だより』のメイン記事は「中学生のテスト勉強」。内容はこちらへ。

5/29(木) ○数理講座の資料の作成(中3理科) ○5月分月例報告

5/30(金) ○数理講座の資料の作成(中3理科)

帰宅前にバッティングセンターへ。18球×2セット打って帰る。

5/31(土) ○5月分月例報告

数理講座 19:45~21:45 【中3】理科:遺伝/物体の運動と力(1)

数理講座は1回1テーマが原則だが、ちょいと調整の必要があって、生物と物理のカップリングに。生徒は大変だったと思う。ごめん。

この日は朝野球のシーズン2試合目。最初の打席でセンター前に気持ちのいいヒットを放った。草野球とはいえ大人の野球であり、相手投手は高校くらいまでは投げていただろう人達である。こんなに早くヒットが出るとは思っていなかった。試合は3-8で負け。たいそう寒かった。

そのあと小学校の運動会。雨天順延となる場合を考慮して土曜に予定され、予定どおりとなった。寒い上にときどき突風が吹いて砂埃だらけになる。

6/1(日) ○5月分月例報告のとりまとめと発送

副会長のくせに少年野球の付き添いを3週連続でパス。妻が出てくれているのでまあ大丈夫なのだが。しばらく顔を出さずにいると、子どもらの野球を見ているだけでいいリフレッシュになっていたことに気づく。来週は行けるだろうか。

なかなか片付かない懸案事項があって、野球の付き添いにも行けないし、ブログにはちゃんとした記事が書けない状態。懸案事項はいつかは終わらせなくてはならないのだが、本当に終わるのだろうか。てなことを思っているうちに6月になってしまった。