FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



4月21日~4月28日

4/21(月) ○See-beで地歴講座の練習

練習しながら、昨日ここに書いたとおり公民の追加を思い立つ。公民の最初は歴史の最終回「日本の民主化と戦後の世界」とダブるところが多く、とてもいい。

地歴講座 19:35~20:20 【地理】世界の人々の生活と環境
       20:20~21:10 【歴史】古墳時代
       21:10~21:30 【公民】現代の社会と生活


4/22(火) ○進学相談会を3件(中1男子、中1男子、中1女子のお母さん方)

今回の相談会は、私の方で至急お話したいことのある中3生、そして中1生の保護者の方を先行でやらせていただいている。

合間を縫うように整体へ。両膝の上部に患部が見つかり、久しぶりに悲鳴を上げまくった。
整体の先生「でも神谷さん、ずいぶん痛みに強くなりましたよね」
私「まあね。どんな痛みが来るのか見当がつくようになったし、第一どんなに痛がってもカンベンしてもらえないんだから、ガマンするしかないよね」
なお、たいてい痛いのはその場かぎりなのだが、この日のは夜になっても痛いのだった。

4/23(水) ○進学相談会を1件(中3男子のお母さん)

午前はピアノ。EとAのアルペジオを合格。

4/24(木) ○教材の仕入れ ○進学相談会を1件(中3男子のお母さん) ○数理講座資料の作成(中1理科)

4/25(金) ○数理講座資料の作成(中1理科・英語/中3理科・英語)

4/26(土) ○進学相談会を2件(中1男子のお母さん、中3女子のご両親) ○新規入会の面談(中1女子のご両親) ○地歴講座資料の作成 ○See-beで数理講座の練習

数理講座 18:00~19:35 【中1】理科:光の性質、英語: I am … と You are … の文
       19:45~21:30 【中3】理科:電気分解とイオン(2)、英語:現在完了形(3)


中3理科は「イオン化傾向」を軸に、
●金属が塩酸に溶けるとはどういうことか、またこのときなぜ水素が発生するか
●水酸化ナトリウム水溶液に電流を通すと水の分解が起こるのはなぜか

という、多くの中学生が<現象は知っているが理由は知らない>項目を2つ。

4/27(日)

地歴講座資料の作成が未明までかかった。帰宅して入浴、湯船で30分ほど気を失ったあと目覚めて、身支度と朝食。少年野球のグラウンド整備の当番がうちのチームに回ってきていたのだ。7:00集合、他チームのお父さん方と一緒にテントを組み立てたりネットを張ったりする。夕刻にはこの後片付けもあるのだが、その前にいったん帰宅して爆睡。試合は地区でお隣のチームに3-8で負け。それなりに健闘したとは思うが。

4/28(月) ○See-beで地歴講座の練習

地歴講座 19:35~20:40 【地理】世界の国々
       20:40~21:40 【歴史】飛鳥時代
       21:40~21:55 【公民】家族生活


地理でフンパツしてあれもこれも見せすぎた。結果として歴史にシワ寄せが行き、慌ただしかった。飛鳥時代は面白いネタ話が多いのだが、時間の都合で言い残しが多々あり。公民は軽め。

★4月29日(火)~5月6日(火)は連休です。私は必要があって不規則に出勤しますが、店は閉めます(生徒の指導はお休み)。

「拡大地歴講座」の拡大

地理・歴史とも1回1テーマずつやることにした今年度の地歴講座。公民をどうしようか…と実はずっと気になっていたのを、やることにしました。ついでといってはいけませんが、地歴講座にせっかく中3生も聴講に来てくれているのだから、地理・歴史を話し終えたその後の少しの時間、彼らのために一席ぶつことにしたのです。

例年の中3生のことを考えると、公民は攻略しにくい科目のようです。近現代史や思想史とからんで難しい部分があるし、選挙に行ったこともないのに選挙のことを勉強させられる。経済に至っては私にもよくわかってないところがある(★)のですから、中学生にはもっと難しいはずです(たぶん)。

★恥を忍んで白状しますと、たとえば「高度経済成長」。日本人がみんな勤勉に頑張って豊かになったということですが、それだけでは日本全体の冨は増えませんよね。頑張って工業生産を増やし、輸出を増やし、外貨を稼いだから日本全体の冨が増加したのだ、と私は理解しているのですが、外貨を稼いだ=外国の冨をむしり取って豊かになった、という意味の説明を見たことがありません。そうじゃないかなーと思いつつ、確信が持てずにこの歳になっています。(どなたかのご教示を賜りたいです)

私は前の職場では地理も歴史も公民もわかったようなフリをして中学生に授業していましたが、「数理英重点指導」の神谷塾を開いてからは基本的に社会科は学校任せでした。だって、中学校には社会科専従の先生がいるのだし、私は地理は多少は強いつもりだし歴史も好きだけれど、(威張ることではありませんが)社会科は素人なんですからね。

ところが、先々週ある中3生のお母さんと早めの進学相談会をしたら、うちの子は歴史は好きなんですけど公民が大嫌いで…という話になりました。学校で公民を教わる先生ともソリが合わなさそうなので心配だそうです。せっかく成績はいい感じで上向いているのに、肝腎の中3で
公民大嫌い+先生も嫌い→勉強したくない
ではまずいのです。
[続きを読む]

4月14日~4月20日 ■「拡大」地歴講座■

4/14(月) ○See-beで地歴講座の練習

地歴講座 19:45~20:20【地理】世界の気候、 20:20~21:15【歴史】縄文・弥生時代

拡大地歴講座の第1回。地理・歴史とも簡単な演習問題を用意して、それぞれの解説を終えてから一緒に解く。時間はどうしても歴史のほうが長くなるのだが、地理だけとか歴史だけで延々やっていた昨年に比べ、話にメリハリが出ていいようだ。地理が半分入ることで練習も少し楽。

4/15(火) ○労働保険料の計算 ○労働基準監督署へ

毎年この時期にする書類づくり。アルバイトスタッフの過去1年分の給料を合計して保険額を算出する。神谷塾の保険料の計算は(たぶん)すごく単純なので、書類をまとめて郵便局で保険料を納付すればそれで済むはず。だがこの手の書類の記入にはどうしても自信が持てないので、毎年労基署まで出かけてはチェックをしてもらい、その場で納付してくる。春先とあって、地下鉄でふらっと出かけるのも苦にならず、たまに「役所」というのを見学するのも悪くない。

陽気がいいので大通公園を西12丁目から西4丁目まで散歩。ベンチで弁当を広げているビジネスマンを見かける。なぜか急にカツドンが食べたくなって、その足で大通の蕎麦屋へ行き遅めの昼食。

4/16(水) ○某私立高校の先生が来訪

昨年冬の初めのとある宴会で話す機会があり、急速に親しくなった方である。その高校の入試担当であり、その高校で珍しい取り組みをされていることもあって、一度ゆっくりお話したいですねと言って別れたきりになっていた。最近になって先方から連絡をいただき、ご足労願った次第である。

午前はピアノ。春期講習を挟んでブランクがあったが、F♯とBのアルペジオ2つと、グルリットのエチュード1つを合格。

4/17(木) ○車の定期点検+タイヤ交換 ○進学相談会を1件(中1男子のお母さん)

斉藤兆史『日本人と英語-もうひとつの英語百年史』(研究社)を読了。英語の学習法についての深い見識に基づく考察で、非常に参考になった。回を改めてここで紹介したいと思う。

4/18(金) ○教材会社で仕入れ ○資料作成(地理・歴史) ○進学相談会を1件(中1女子のお母さん)

4/19(土) ○資料作成(中3理科・英語/歴史) ○進学相談会を1件(中3女子のお母さん) ○入会手続+面談(小6女子のお母さん)

数理講座 19:45~21:30【中3】理科:電気分解とイオン(1)、英語:現在完了形(2)

4/20(日) 

朝起きられず昼過ぎまで爆睡。遅い昼食と洗濯のあと、少年野球の見物に。この日はいつも勝てない--したがって試合をするといい勉強になる--チーム“J”との練習試合のダブルヘッダー。午前の1試合は5-8で負け。午後の試合の途中で見始めたがこれまた1-7で負け。

先週に続きあまり打てない上に、出塁しても盗塁をしかけると2塁で刺され、守備もほころびが目立つ。守備についてはポジションをいろいろ変えて試している段階なのだが、それにしても穴が多い。レギュラーは6年生が主体なのだが、彼らが5年生のころのほうが強かった気がする。

4月7日~4月13日 ■新年度■

3月の中盤から4月にかけての期間は、まとまった勉強をしやすい時期です。春休みには学校の宿題もなく、新学年の授業もなかなか前に進まない。前学年までのまとめをするにはちょうどよく、春休みに終わらなかったとしても、新学期が始まってなお、やっていられます。

特に中3生はこの時期に中2までのまとめを一度しておくのが極めて有効です。彼らはどちらかといえば新しい内容を進めたいようで、それはそれでやればいいのですが、中2までのあちこちがほころびだらけではこれからの1年が心許ない。それで、春期の課題をなんとしても最後まで終わらせるように!と申し渡してあります。ずいぶん苦労しているようですが、夏や冬に青くなるよりはずっといいはず。

4/7(月) ○『神谷塾だより』発行 ○新年度教材の配布

神谷塾の生徒の教材はひとりひとり微妙に違うので配布するときは気を遣う。ここに来て不足を発見し、あわてて追加注文したりもする。

4/8(火) ○教材会社へ仕入れに

4/9(水) ○機密文書リサイクル

以前の生徒の成績資料や月例報告の写しなど、いつまでも取ってはおけず、かといって無闇に捨てたりもできない紙の山がある。昨年までは地道にシュレッダーにかけていたが、これでは処理後は燃えるゴミにしかならず、量が多くて作業時間もばかにならない。それでちょっとした懸案事項になっていた。

そこへ、ヤマト運輸に上記のサービスがあることを知って、飛びついた。段ボール箱に処分したい文書をどんどん入れて集荷してもらう。ホチキス外しも分別も不要。あとは箱ごと溶解処理されるというしくみである。詳しくはこちらへ。

4/10(木) ○数理講座資料の作成(中3数学・中3英語)

4/11(金) ○数理講座資料の作成(中3数学) ○算数教材の作成

4/12(土) ○地歴講座資料の作成(地理・歴史)

数理講座 19:45~22:00 【中3】数学:式の展開、英語:現在完了形(1)

4/13(日)

終日少年野球に付き添い。地区の大会の開会式と試合、その後練習。

新レギュラーの公式第1戦は0-6で負け。同じチームの同じメンバー(当時5年生以下)に昨年は勝ったこともあり力量は大差ないはずだったが、この日は全体に押されていた感じ。こちらの無死満塁のチャンスにも1点も取れず。今シーズンも貧打に泣くのだろうか。

夕刻、久しぶりに息子2人を連れて近所の銭湯へ。彼らが自分のことを自分でできるようになって随分と楽になった。半露天になっている薬湯につかり、いい気分で出ると、フルーツ牛乳がなくなっている。メーカーの方で販売をやめたらしい。フルーツ牛乳には私などの年代を中心に根強いファンがいると思うのだが、採算が合わないのだろうか。息子らは私が銭湯で飲むのでその存在を知り、この日も一緒に飲むつもりでいたようであった。残念。