FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



3月17日~3月21日 ■シーズン終了■

1年サイクルの受験シーズンが終了。今週は生徒の通塾ものんびりと落ち着いて、楽だった。

コンディションがいまひとつという生徒が多く、心配のタネが多かった今年の高校入試だが、終わってみれば結果はまずまず。公立・私立取り混ぜての合格率は95%。第一志望の合格率は88%だった。(合格率=合格者延べ人数÷受験者延べ人数×100)

受験指導のシーズンにはまとまったオフがない。終わったばかりだというのに、明日から春期講習で、次のシーズンがすぐ始まる。

3/17(月) ○公立高校入試合格発表→結果のとりまとめ ○See-beで地歴講座の練習

19:45~21:45 地歴講座【歴史】日本の民主化と戦後の世界、現代の世界と日本

今年度の地歴講座の最終回。資料の準備も大変だったが、講義も大変。See-beのコンテンツが多く、とても全部は見せられないと思ってあちこち割愛したのに、それでも2時間かかってしまった。現代史は公民と重なる部分が多く、そこを要領よく説明していくのが難しい。来年はここを2回に分けたほうがよさそう。

地歴講座と銘打っているのに、1年を通して地理がほとんどできなかった。週1回では地理と歴史の両方を1年で通すことはできないと初めから考えたが、生徒の都合を考えるとやはり1年周期が望ましいだろう。新年度は地理・歴史を毎回やることにしたい。その分、両方の分量を抑えることもできる。

夜、寝床で川口晴『犬と私の10の約束』(文藝春秋)を読む。いま公開されている同題の映画の原作。近々家族で映画を観に行くことになっていて、その前にこの本を読んでおくこと!と妻や息子らに申し渡された。課題図書なのである。長男には「まだ読んでないのはおとうだけだよ」と言われ、妻には「1時間で読めるから」と言われ、逆らわず読み始める。早読みの妻には1時間の本だが、私はゆっくりなので3時間くらい。ほんわかした、いい物語である。というよりは、犬好きによる、犬好きのための物語。犬を飼っている人は、犬に優しくしてやりたくなるはず。

3/18(火) ○春期講習の教材を配布 ○『神谷塾だより』の編集(持ち帰り)

中学生の春期の教材が届いたので、来た生徒から順に配布し、解かせはじめる。この間の冬期講習では5教科用意して、それを消化させられなかった。今回は教科を英・理・社に絞り、講習期間中に終わらせたくなるよう、早めに着手させた。

10日ほど続いた頭痛がやっと解消。なんだったのだろう。

3/19(水) ○『神谷塾だより』の発行 ○新規入会の面談を1件

塾だよりは入試結果の特集号。合格者数と公立高校の入試問題についてのコメント。

3/20(木) ○算数教材の作成

祝日だが平常営業。

午前は久しぶりに少年野球の練習(室内)に付き合う。ノック(テニスボールを使う)のキャッチャーをひとしきりやったら汗だくになった。

夜、久しぶりにカラオケへ。車の中で練習したきりになっていた新曲いくつかと、久しぶりに洋モノを混ぜて30曲くらい(一部繰り返し)。フリータイムで閉店まで最長4時間歌えるはずだったが、歌っている最中に次の歌を入れて切れ目なく3時間歌い続けたところで声が嗄れた。ノドがひ弱になっているのだ。春期講習が終わったらまた鍛え直さなくては。

3/21(金)

夕方4時までオフ。まず床屋に行き、次に「コーチャン=フォー ミュンヘン大橋店」までドライブ。昨年もそうだったが、この時期は桜が見たくて見たくて心が不安定になる。たぶん奈良の吉野のような、山の斜面いちめんにブワーッと咲いているのがいい。そういう風景を探しに行ければいいのだがそれはできないので、治療法としては写真集に頼るのがよかろうと思い、買いに行ったわけである。

行ってみたら、この時期世間には同じように桜の風景を渇望する人が多いのか、桜の写真集がドンと並んでいる。数点見た結果、『桜百景―森田敏隆写真集』を購入。北海道から沖縄まで各地の名所の風景が載っている。桜の写真集としてはこれがごく普通に思えるが、実際は写真家それぞれの思いが前面に出ているのが多く、ごく普通に思えるもののほうが珍しいくらい。

3月10日~3月16日

3月15日(土)の午後、教材づくりと数理講座の合間を縫って、北大まで行って来た。

北海道大学大学院理学研究院附属地震火山研究観測センター
平成19年度シンポジウム
「大地震はどのようなところで起こるのか?~地震発生と地下構造~」

というのが学術交流会館で行われるのを新聞で見、入場無料・予約不要とのことで気軽に出かけた。

組織の名称は変わっているが私はかつてそこの学生で、当時の先生でまだ在籍しておられる方もあり、その先生の講演もあるので、久しぶりに聴講したくなったわけである。いちおう地球物理学をかじって卒業し、最新の研究成果を書籍などでたまに仕入れることはあるが、勉強はやめてしまっているし、学会も退会してしまったし、忘れていることも多い。だから今回のように、一般向けに「プレートとは何か」という辺りから話に入ってくれる講演会が私には非常にありがたい。もちろん普通の人よりはいろいろよく知っているつもりだが、たとえばこの日もよく話題に上った「アスペリティ」などになると完全に白紙のレベルである。

長時間の講演会をほぼ全部聴いたのでくたびれたが面白かった。私が学生のとき助教授だったK先生が、20年前と風貌が全然変わっていないのに驚愕した。もう60を超えているはずなのに、髪はフサフサで白髪の一本もない。私は45で白髪だらけだというのにである。

3/10(月) ○歴史教材の作成 ○See-beで地歴講座の練習

地歴講座 19:45~20:45 【歴史】世界恐慌と日本の中国侵略、第二次世界大戦

3/11(火) ○春期講習教材の手配

3/12(水) ○教材会社へ仕入れに ○算数教材の作成

3/13(木) ○ブログで長文を書く

前日夜の指導でさんざん喋った記憶が生々しいうちに書いてしまおうと思い、前回の「1平方メートルは何平方センチメートル?」を書き始めたら、完全に午前いっぱいかかってしまった。このブログには「高機能テキストエディタ」というのがあり、2乗とか3乗の上付き数字を書くのに便利なので使ってみたら、コピー&ペーストを繰り返すうちに不要なHTMLコマンドがぐちゃぐちゃに貼りついてしまった。それらをきれいにするのに書くのと同じだけの時間がかかったわけである。

3/14(金) ○古紙をリサイクルに出す ○教材会社へ仕入れに

毎年この時期、不要になった教材見本や使用済コピー用紙などを回収に出す。以前は毎年1回にしていたのですごい量になっていたし、出してしまうまで仕事場が狭くてしようがなかったものだが、年2回に分けて出すようにしたら随分とカンタンになった。手数料は倍かかるのだが、それは惜しくない。

3/15(土) ○歴史教材の作成

数理講座 19:45~22:00 【中2】理科:化学変化補講(2)/原子の構造とイオン、英語:いろいろな比較表現(1)(2)

「化学変化補講」は、いろいろな化学変化の反応式を書いてみようというもの。たとえばうすい塩酸に亜鉛などの金属や石灰石が溶ける変化はおなじみだが、水素や二酸化炭素が発生することを知ってはいても、全体としてはどんな物質が生成されるのかを知らない生徒が多いはずである。それを、化学反応式を書きながら考えてみる練習。

それだけでは間が持たないと思い、開始前に思いついて付け加えたのが「原子の構造とイオン」。神谷塾では中3の秋にイオンとからめて電気分解や中和の話をするのだが、中3の秋などという忙しい時期に指導要領外のことをするのも落ち着かないのと、もっと早く教えてしまいたい(教えておけば、イオンの知識を使って夏期講習ができる)と思うようになったのとで、新年度から中3の春にやることにした。そのイントロとして、電気分解の第1回と例年一緒にやっているこの話を先取りで持ってきた次第。

3/16(日) ○歴史教材の作成(持ち帰り)

今年度の地歴講座は歴史を通すので精一杯で、地理をあまりやれなかった。その最終回が17日(月)で、内容は「日本の民主化と戦後の世界」。いつも用意する資料は毎回A4用紙にギュウギュウ詰めにして2枚になっているのだが、このところ2枚に納めるのに一苦労している。最終回はいよいよ入りきらない感じがしたものだが、朝4時まで奮闘し、ひと眠りして7時半に起きて朝食ののち昼までがんばったら仕上がった。

午後、少年野球チームの父母会。そのあと札幌ドームに出かけて中日×日ハムのオープン戦を観る。前日東京で同カードで試合をし、札幌に場所を移してまたやっているわけだが、中日は札幌くんだりまで残塁のヤマを築きに来たような拙攻、2-5で負け。寝不足で重い身体をひきずるようにドームまで足を運んだのに、中日ファンにとっては目の覚めるようなシーンはなく、ときどき寝てしまうようなゲームだった。オープン戦だから仕方ないのだろうが。帰路の足がひときわ重かったのは言うまでもないのである。くそ~。

1平方メートルは何平方センチメートル?

中学生の数学や理科を教えているとしばしば悩まされるのが、この話です。

   1 m2 = 10000 cm2 とか 1 m3 = 1000000 cm3

といった単位の換算が、ものの見事に定着していません。前者は小4、後者は小6でそれぞれ学習しますが、そのとき定着しなかったのか、したけれど忘れてしまったのか、少なからぬ中学生が全然できません。

忘れていてもいいのです。1万とか100万くらいなら憶えてもいられるでしょうが、その数値を憶えるよりは、むしろその意味を納得しておくべきで、納得できていれば忘れても必要な場面でサッと換算できます。

勉強とは習って憶えることだ、という信仰に支配されていると、1万とか100万を憶えようとし、その数値のいきさつは忘れてしまうようです。なんだかでっかい数だったような気がするが忘れたと。で、1 m = 100 cm だったから、「ま、いいか」というかんじで

   1 m2 = 100 cm2 とか 1 m3 = 100 cm3

とやって、(あたりまえですが)見事に間違う。神谷塾は基本的に個別指導なので、私は「ああ、お前もか」とココロの中でつぶやき、居ずまいなど正し、「いいか、この数値は忘れていてもいいんだけどな」とマクラを振って、一席ぶつことになります。

-- 1 m2 はタテ・ヨコ 1 m の正方形の面積。これはいいね?では 1 cm2 は?タテ・ヨコ 1 cm の正方形の面積だね。タテ・ヨコ 1 m の正方形の中にタテ・ヨコ 1 cm の正方形は何個入る?(と、ここで紙に絵を描いたり空間に指で正方形を描いたりします。) 100 個じゃないよな。もっとたくさんだ。タテに 100 個、ヨコに 100 個並ぶんだから、 100 × 100 で… そう、10000個になるね。これが 1 m2 = 10000 cm2 ということさ。

--もうちょっとあっさり言うと、 1 m = 100 cm だったから、こうなる:

   1 m2 = 1 m × 1 m = 100 cm × 100 cm = 10000 cm2

この1万という数は憶えられるなら憶えておいてもいいが、さっきまでは忘れていたわけだから、また忘れそうだ。だから憶えるなら 100 × 100 であるわけを憶えたほうがいいし、ゼロが 2 × 2 = 4 個 でもいいわけだ。

--ついでに 1 m3 は、タテ・ヨコ・高さ 1 m の立方体の体積だから、

   1 m3 = 1 m × 1 m × 1 m = 100 cm × 100 cm × 100 cm = 1000000 cm3

となる。やっぱり100万というのは憶えなくてもいい。数が大きくて憶えづらいだろう。その代わりに、100 を 3 回掛けてゼロが 6 個と憶えておくのが実用的だ。
[続きを読む]

3月3日~3月9日

3/3(月) ○歴史教材の作成 ○See-beで地歴講座の練習

地歴講座 19:35~21:00 【歴史】第一次世界大戦と大正デモクラシー

今回から一問一答形式の用語チェックを付けることにした。これまでは喋りっぱなしにしていて、理解や定着がいまひとつだった気がする。最後に簡単な問題を解かせながら See-be のまとめを再度見せることができるので、なかなかいい具合だ。

3/4(火) ○教材会社へ仕入れに ○確定申告の準備

3/5(水) ○料金システムの改定 ○HPの更新

午前はピアノ。前夜遅くまで残業したせいでレッスン前に練習できず。

ありがたいことに、2007年の売り上げが一定額を超えた。そしてありがたくないことに(笑)、これで晴れて課税業者の仲間入りとなる。アルバイトスタッフを雇ったり See-be を入れたりしているので、創業当時に比べて決して楽になったわけではないのだが、2年後には消費税を納めなくてはならない。--そんなわけで、これまでずっと迷ってきたのだけれど、料金には消費税を加算して申し受けることにした。うちを担当してもらっている税理士さんと長電話した上での結論。結論が出るやいなや料金システムを改定、HPの該当部分を大急ぎで手直し。

3/6(木) ○帳簿の改定

前日に奥歯の詰め物が外れたので、行きつけの歯科医院へ。

帳簿を Excell で作っている。これまで年度ごと(4月~3月)にしていたため確定申告の際に不便だったのを、年ごと(1月~12月)に変えた。たったこれだけのことが意外に面倒。さらにあちこち使い勝手が良くなるようにいじっていたら深夜になってしまった。

3/7(金) ○公立高校入試問題のチェック ○新年度教材の選定

国公立大入試前期日程の合格発表があり、昨年に引き続き北大に1名合格した。大雪で入試が1日延期になり、中止になったその日、いつものように勉強に来た彼である。1日の延期が吉と出るや否やと書いたが、吉と出た。まあ、合格するに十分な実力があったのだと思う。

3/8(土) ○大がかりな清掃 ○理科教材の作成 ○歴史教材の作成

数理講座 19:45~21:25 【中2】理科:化学変化補講(1)、英語:不規則変化型の比較、as +原級+as …の文

理科は、定期試験前に時間がなくて割愛した還元の話と、原子量を求める話。還元は現在の指導要領では中3だが、神谷塾の中3化学はイオンの話に集中するので還元だけ後回しにしている余裕がない。それに、もともと中2で酸化と一緒にやっていたのだし、そうするべきものだろうし、改定される指導要領では再び中2に戻るのである。原子量のほうは完全に指導要領外だが、See-be にそのプログラムが入っているので昨年から使ってみているもの。

3/9(日) ○少年野球チームの役員会 ○歴史教材の作成(持ち帰り)

久しぶりの休日。前夜から頭痛に悩まされて午前は爆睡。受験指導が一段落したということで夕食は外へ中華を食べに出た。私の仕事の「打ち上げ」なのだが、私と家族の食事代の支払いは私がする(笑)。夜、最近我が家で流行っているボードゲーム“Ticket to Ride”で133点を取り圧勝。初めてその名を聞いたときにはビートルズ初期の邦題「涙の乗車券」が思い浮かんだが、調べてみると世界的に有名なゲームらしい。これはボードでないと面白くない。毎週のように家族でやっていると、行ったこともないアメリカの各都市の名が子どもにもお馴染みになり、なんだかアメリカ通のようになってくるから面白い(笑)

家族が寝てから、まだ残る頭痛を気にしつつ歴史教材の作成の続き。

2月25日~3月2日

前週の末からよく雪が降った。気分としては1シーズン分まとめて降ってくれたような。この週の前半は雪と格闘している時間が長く、仕事にならなかった。そのシワ寄せが週末=月末に来て、またしてもとんでもなく忙しい目に遭う。

2/25(火) ○『神谷塾だより』発行 ○新年度の指導料袋を印刷

塾だよりのメイン記事は「参考書を買ってもらおう」。(こちらでご覧ください)

雪で北大の入試(前期)が1日延期になる。それで、本来ならこの日入試があった高3生が苦笑しながら夕刻現れて、いつものように勉強していった。まさに降って湧いたような一日の猶予が、彼にとって吉と出るかどうか。(吉と出ますように)

2/26(火) ○除雪 ○算数教材の作成

前週末の日曜に駐車場の除雪を車2台分やったところでめげた、その続き。もう1台分空けることに成功した。4台目のスペースを空けるのはさすがに諦める。日曜は寒風に凍えながらの作業で汗をかかなかったが、この日は暖かく、汗だくになった。昼休みに整体へ。

深夜に帰宅の際、家のすぐ前の斜面で雪山に突っ込んで動けなくなっている軽自動車に遭遇。老婦人がひとりで奮闘している。見捨てておけないのと、その車が動いてくれなくては私の車が家に入れないので、30分ほど手伝って脱出させる。実は私の通勤コースの中では自宅前の斜面が冬季はいちばんの難所で、市内の他の場所では平気でもそこだけは油断がならず、毎日恐る恐る進んでいる。そこに住んで10年になるが、自宅のまん前でスタックしたり雪山に突っ込んだりしたことが何度か。

2/27(水) ○除雪 ○英語教材の作成 ○月例報告の作成

空き時間に Erich Segal “Love Story” (Oxford Bookworms Level 3, 8600 words) を読む。むかーし映画をテレビで見たけれど、彼女の方が病魔に倒れるという点以外、筋はあらかた忘れていた。多読の累積語数がこれでようやく50万語を越えた。目標はさしあたり100万語なのだが、達成できるのはいつのことか。

2/28(木) ○除雪 ○算数教材の作成 ○数学教材の作成

もう除雪は十分やった。脇のあたりの筋肉が悲鳴を上げている。もう降らなくてよし(笑)

数学教材は土曜に使う「場合の数と確率」。昨年使ったものが量も質も物足りなかったので大幅に増強。仕事場で終わらなかったので久しぶりに自宅に持ち帰る。持ち帰るとついビールなど飲んでしまってそのまま寝てしまうことが多く、果たしてこの夜もそうだった(笑)。だが翌朝午前4時に目が覚めてPCに向かう気になり、朝食前にひととおり書き終えた。上出来である。

2/29(金) ○新規入会の生徒のお母さんと面談(2件) ○数学教材の作成 ○月例報告の作成

久しぶりの陽射しが嬉しい。今年が閏年でよかった。月末が1日余分にあるのはありがたい。

3/1(土) ○春期講習の計画 ○月例報告の仕上げ・発送 ○歴史教材の作成

数理講座 19:45~22:00 【中2】数学:場合の数と確率 

この日出す月例報告に春期講習の案内を入れなくてはならないのだったが、この日の朝まで手をつけられなかった。早めに出勤して午前いっぱいで作る。いまごろ春期講習の計画をやっている塾屋は北海道中でも私くらいのものだろう(笑)

昼食に「ちろりん村」へ行ったら制服姿の女子高生がたくさん。何事かと思ったら、公立高校の卒業式の日だった。

3/2(日) ○歴史教材の作成

中3入試直前講習(第7回) 9:00~16:30

直前講習も最終回を迎えた。やることはいつもと同じだが、最後に言い忘れたことはないかと毎年気になるものである。こういう日にお守りがわりの消しゴムなど渡すのも悪くないと思うのだが、毎年失念して果たせずじまい。

監督・採点をしながら翌日使う歴史の資料をつくる。夕刻までに終わらなかったので持ち帰り、この日はビールを飲んでも眠らずにPCに向かった。午前3時ころにいちおう書き終えて就寝。