FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



11月19日~25日 ■あと1か月■

今年も残すところあと1か月となった。仕事は多いが少しずつ捗ってはいるので、忙しい状況を楽しむ余裕ができてきた。

11/19(月)
『神谷塾だより』の仕上げと印刷。メイン記事は中学部の冬期講習の方法について。別紙として冬期講習のスケジュールを配布。

11/20(火)
今頃になって思い出したように冬期講習のチラシを作成する。もちろん忘れていたわけではないが、中学生のテストシーズンがなかなか終わらなくて、手を付けられずにいたのである。

11/21(水)
午前はピアノ。アルペジオもエチュードも出来が悪く、何も進まない。
戻ってから冬期講習のチラシのつづき。

11/22(木)
冬期講習のチラシを印刷に出す。
午後は業者に頼んで黒板の移動。9月に一度移動したのだが、その後、生徒の机の配置を変えてからまた動かしたくなったのだ。これで冬期講習は良いレイアウトでやれるはずである。
終業後、11月にしては派手に降る雪の中を月寒まで出かける。東区の I 塾のK先生の主催で、I 塾の先生たち、豊平区のT塾の先生たち、いくつかの私立中・高の先生たち、の総勢20名ほどの交流会(飲み会)。K先生に声を掛けていただいて、弱小零細ながら私も<西区代表>として(笑)参加した。前からゆっくりお話してみたかった私学の先生とお近づきになれて、収穫大。

11/23(金)
「祝日モード」にして、9:00~12:00、13:00~17:00という時間帯で個別指導をする。中3を中心に午前から熱心な生徒が詰めかけて大忙しだった。
夕刻からは北24条の「札幌サンプラザ」で少年野球の卒団式+納会。父母会副会長としては今シーズン最後のオツトメとして、乾杯の発声(実は、いい年をして初めての経験)をする。そのあと睡魔と闘いながら2次会、3次会と飲み歩く。長男は来年は小6。早いもので、このチームとの付き合いも残すところあと1年となった。

11/24(土)
翌週は各高校で定期試験のシーズン。中学生は休みにして、高校生の個別指導をする。土曜日に定期試験対策で個別指導をするのも今年はここまで。

11/25(日)
先週に引き続き家族全員何の予定もなし。午前はよく晴れていたので、私用の年賀状に使う家族写真(犬つき)を撮る。家の近所にはのどかな雑木林が広がり、高台にあるので見晴らしもいい。それでここ数年、背景を変えながらお隣のKさんにお願いして、撮ってもらっている。
ついでに行きつけの写真屋に行って年賀状の注文。自分のパソコン+プリンタで刷ろうかと毎年思うのだが、カラープリンタというものがよく不調になるのを知っているので、その手間を考えると踏み切れないでいる。私はカメラのユーザとしては古い人間なので、写真を焼くのはプロに任せればいいと思っているほうである。
夕刻から大通公園に出かけ、「ミュンヘン=クリスマス市 in Sapporo」を見る。車の運転は妻に任せてドイツのビール+ソーセージを楽しんだ。ほどよく暖かかったので、ほどよく冷えたビールが美味だった。

「比較」の「比」の字はどう書くの

神谷塾の小学部・中学部では、生徒がどんな文字を書いているかという点にかなり注意をしています。丁寧な読みやすい文字であることが第一。読みづらい文字を書いていれば書き直しをしてもらって、その上で文字の書き誤りがないかどうかに気を付けながら、マルつけをしていきます。国語に限らず、理科でも社会でも、なんでもです。読みづらいかどうかの基準は私の主観なのですが、おおむねノーマルだと思いすし、この件で苦情などをいただいたことはありません。10段階でいうなら6か7くらいでしょう。

日本に生まれたからには日本語の表記が最低限きちんとできる必要があると思いますし、何より塾としては入試の対策という側面が重要です。どの教科でも誤字は減点の対象になりますし、国語の書き取りではスタンダードな書き方ができていないと失点につながります。

ひとつの頭脳が己れの手に書かせている文字ですから、理科や社会の答では間違いだらけなのに国語ではきちんとできる、などということは普通はあり得ない。あるとしたら、本当はきちんと書けるのに理科や社会ではサボッているフトドキ者だということですね。

さて、スタンダードな書き方が守られていない漢字の代表格は「蒸発」の「」と「比較」の「」でしょう。
[続きを読む]

11月12日~11月18日 ■冬到来■

予報通り、15日(木)に平野部では初めての積雪。同時にこの日からぐっと寒くなった。18日(日)には本格的な雪が降り、景色が一変した。寒さや積雪への対策をしつつ、年末にかけての仕事の山を少しずつこなしていく。ただし、仕事の山も気になるが、いちばん気をつけなくてはならないのは体調だ。体力を維持して風邪を引かないように。

11/12(月)
午前は整体へ。午後は冬期講習の計画の続き。

11/13(火)
理科の資料の作成を再開する。そのほか、高校数学のおさらいなど。

11/14(水)
この日は夕刻までオフにして、ある映画のリバイバル上映を観に行く。
宮崎駿の代表作のひとつで、私が高校2年だった1979年の冬に上映されるや、たちまち夢中になった作品。その後テレビ放映が何度もあったし、DVDも持っているが、映画館のスクリーンで観る機会はもうないかも知れぬと思い、いそいそと出かけたのである。
じっさい、大画面で観ると迫力が段違い。青春の一コマが蘇り、何か所かで泣けてしまった。この作品を見て泣いたのはたぶん初めて。
高2の当時は小遣いをはたいて何度も見に行き、すべてのセリフをそらんじられるほどのめりこんだものである。生涯の一本を選ぶとしたら、私の場合は絶対にこれ。

11/15(木)
古紙を回収に出す。ここ数年、3月に1年分まとめて出していたが、いつもすごい量になって大変な思いをするし、すでに私の仕事スペースのあちこちに古紙の入った段ボールの山ができていて狭くてしょうがなかったので、半年分を出してしまうことにした。
夜、私立高の受験先の選定に迷っている中3女子と懇談。

11/16(金)
もう暖かくはならないだろうとのいい加減な見通しにより、午前は車のタイヤ交換をする。
午後は冬期講習の計画の続き。

11/17(土)
生徒の定期試験対策をしながら、冬期講習の計画の仕上げや、『神谷塾だより』の原稿書き、年賀状の文面の作成など。生徒が帰ってからHPの更新。
帰宅、夕食ののち、息子たちと久しぶりに「たたかい」ごっこをする。布団の上で投げワザを仕掛けたりチョップやキックの真似事をするのだ。長男がヨチヨチ歩きの頃からずっとやっている遊びで、私はもっぱら息子たちを捕まえてはバックドロップやブレーンバスターで投げるのだが、最近長男は体重が増えて投げづらくなり、少林寺拳法を習っている次男は足グセが悪くなり、と、ちょっと油断すると顔面をどこかにぶつけたり歯を折ったりという可能性が出てきた。真剣にやらないと彼らも私も危ないのである。息子たちの大好きな遊びなのだが、そろそろ内容を見直さなくてはならないかもと思い、少々淋しい。

11/18(日)
天気が悪いのと、たまたま一家全員何も用事がなかったのとで、一日中家にいてユルユルと過ごす。私はルーチンとなっている洗濯や片づけのほか、車のガラスとドアゴムの凍結対策をしたり、年賀状の住所録を直したり。昼食のあとには珍しく家族でボードゲームなど。どこにも出かけなければいろんなことができるものである。

11月5日~11日 ■少しずつ冬支度■

だんだん年末が迫ってくる。12月はまた物凄く忙しくなりそうなので、ひどいことにならないように前倒しで仕事を進めたい。とはいうものの、まだ時間があると思っているうちはなかなかはかどらない。切羽詰まらないとエンジンがかからないものである。きっとまた「おろかな日々」を迎えるような気がする(苦笑)

11/5(月)
車検の関係で、朝一番で車の工場へ。
冬期講習の日程を組み始める。この冬期講習では、中3はいつもの方式だが、中2と中1は一斉指導はほどほどにして「個別指導+テストゼミ」という形式をとってみることにした。一斉指導をしようとすると、限られた時間で多くのことをしようとするためにどうしても詰め込みになり、しかも詰め込んだつもりでも生徒の頭には期待したほどは定着しない、ということがわかってきたためである。
個別であれば時間に融通がきき、生徒の学力に応じて教材を調節することもでき、学校のちがいによる理科・社会の進度のちがいにも対応できる。塾外の生徒にも普段のスタイルを体験してもらえる。テストゼミでは、毎日1教科のテストをして終わったらすぐ解説をするので、生徒の記憶の生々しい状態で効果的に教えることができそうである。

11/6(火)
冬期講習の計画の続き。
夜は前から問い合わせのあった高1の男子が無料体験に。

11/7(水)
午前はピアノ。最近スケールをひととおり終えたので、次は各調性のアルペジオの練習に入る。この日はハ長調・ハ短調とヘ長調・ヘ短調を終了。
夜は新規問い合わせの高1女子が無料体験に。

11/8(木)
なんとなく雑用をしているうちに夕刻となり、生徒が来始める。この日は小学生が多くて、ぐったりとくたびれた。
夜は前日とは別の高1女子が無料体験に。高1の無料体験ラッシュである。そろそろ数学や化学などが難しくなり始め、月末には定期試験も近づいている、という時期であるからだろう。
高1は受け入れ態勢に余裕があるので、どんどん来ていただきたい。

11/9(金)
以前からクルマのオーディオの調子が悪くなり、半年ほど前にはついに何も聴けなくなってしまっていた。機械は15年ほど前のものなので、修理よりは新調したほうがいいですよとクルマの営業氏に言われていた。そのままずっと我慢していたのだが、半年我慢したのだからもういいだろうと、午前のうちにカー用品店に出かける。FMとAMとCDが聴ければあとは何もいらない、という探し方をしたら、安いのがすぐ見つかった。その場で取り付けてもらい、久しぶりに車内でラジオを聴きながら、いつもの教材会社へ仕入れに行く。

11/10(土)
冬期講習の計画の続きをしながら、中学生の定期試験対策。生徒数の多いK中学は試験が終わったので、ずいぶん楽になった。夜は早めに帰って、家族と一緒に夕食。

11/11(日)
息子たちの小学校の学習発表会を観に、夫婦で出かける。
小5の長男は劇中劇の『蜘蛛の糸』のカンダタ。稽古中に思いついたというギャグが受けていたのと、悪人ぶりが板に付いたセリフ回しに感心する。親の知らないところでいろんなことを憶えるものである(笑)。
小3の次男はペルシャの古典的な盗賊団の一員で、私のお古の頭巾を巻いて登場。長男と対照的にセリフは少ないが面白い役だった。

反応がない

いつごろからか、小中学生と接する際、その「反応のなさ」に戸惑うことが増えてきた気がします。どこが間違っているか、この書き方のどこがまずいか、それはなぜか…といった学習内容のことや、こことここを宿題にするから…という事務連絡のようなことを話すと、全体のごく一部ではあるけれど、何の反応も返して来ない子がいるのです。

教師ひとりで複数の生徒に話す場面であれば、それはあり得るでしょう。でも、一対一で話しているのです。いちいち「はい!」と返されてもそれはそれで騒々しいしお互いに大変なので、それはしなくていいのですが、せめて「うなずく」ぐらいしないものでしょうか。…しないのです。

ここ半年くらいを振り返ってみると、気になったのは、中1男子、小4男子、小3男子。ウンともスンとも言わないし、うなづきもしないし、表情も変わりません。つまり固まっています。反応を返さないということは、大人であれば、お前の話には納得がいかない、承伏しかねる、その手には乗らないぞ…という意思表示にもなるわけですが、そういうことではなさそうです(笑)

その後の様子を見るとこちらの言ったことは伝わっているようではあるけれど、話しているその場ではなにしろ反応がないので、伝わっているかどうかわからない。だから手応えがなく、落ち着かないのです。あげくに「聞こえてるか?」というのが口癖になりかけました。

そういえば女子ではこの件が気になった記憶がありません。うなずかなくても、ちょっとした視線の動きや目の色の変化などで「ああ、伝わっているな」とわかるのです。男子に固有の現象?

高校生に対してはそういう経験はなかった気がしますから、発達段階の問題かと考えましたが、小学生でも大半の子では気にならないのです。先の中1男子は学力はある子なので、学力との相関があるわけでもなさそう。

一対多の授業であれば、話に集中してか、あるいは退屈でか、生徒たちが微動だにしないことはよくあることでしょう。教師が何か言うたびにいちいち全員がうなずいていたらそれは変です(笑)。ふだん学校でそうやっているから、一対一になっても「大人から何か言われても固まっている」習性がついているのでしょうか。

あるいは、目の前に起きるすべての現象を、彼らはまるでテレビの画面を見るかのようにとらえているのでしょうか。テレビだと思えば反応を返す必要はないわけですからね。

まあ原因は何であれ、反応してくれないと指導できませんから、反応のない子には「反応しろ」と教えることになります。そんなことから教えなくちゃだめか、と少し考え込む今日このごろ。

10月29日~11月4日 ■あと2か月■

11月になった。この秋ずっと忙しかった反動で10月の終盤は仕事のペースをぐっと緩めたけれど、再び気を引き締め、風邪を引かぬよう注意し、年末へ向けて慌ただしい日々を過ごそう。折しも各中学の定期試験のシーズン。

10/29(月)
午前は整体、午後は清掃。
昼食のついでによく立ち寄っていた古本屋が閉店した。新書・文庫とかマンガ、CDをよく買ったし、またよく引き取ってもらったので愛着があった。琴似界隈では別の古本屋がわりあい最近やはり閉店している。不景気だからといって古本がよく売れるということでもないようである。大型の古書店が進出してきたのも一因か。

10/30(火)
またしても月末が来てしまった。翌日ドタバタしないように、月例報告の準備を進める。

10/31(水)
月例報告の作成と、少し時間ができたので高校数学や高校物理のおさらい。

11/1(木)
月例報告を発送。午後、小6女子のお母さんと進学相談会。
プロ野球日本シリーズは中日が4連勝で優勝。よかった。中日はずっと日本シリーズで勝てなかった。セ=リーグのレベルが低いのか、単に中日打線が貧弱なのか、投手がヘボなのかといろいろ考えたものだったが、今年は強かったと思う。投手が安定していたし、2戦目以降はよく打った。特に2戦目でぽんぽん打たせてもらったのがよかっただろう。
なお、火・水・木の3戦は中継を全く見ていない。この仕事をしていれば当然なのだが、もうひとつ、私が見ていないほうがいいような気がしていたのである。

11/2(金)
神谷塾の中学部でいちばん生徒数の多いK中学は翌週が定期試験。フリータイムの生徒ひとりひとりの在室時間が長くなり、したがって混雑する。もう少し早くから本腰を入れれば彼らも楽だろうし、私も楽なのだが、なかなかそういう具合にはならないものである。

11/3(土)
定期試験シーズンなのだが、この日、中学3年生は北海道学力コンクール(道コン)。朝9:00から13:00まで。
定期試験の勉強を優先するように言ってあるので、たぶん全員が「実力で」受験しているはずである。むしろその方が平常の実力がわかると思うので、私は例年この11月の道コンを大事に見ている。生徒は大変だし、思うように点が取れなかったりするのだが、それでいいのである。
午後は前週と同様、フリータイムで定期試験対策。K中学の生徒はこの週末でほぼ仕上げておかねばならないので、妙に殺気だっている生徒もいる。落ち着かないのはお互いさまなので、こういうときこそ平静を保つように自分をコントロールしたいものだ。

11/4(日)
少年野球チームの「グラウンド納め」。そろそろ雪が降って屋外練習もできなくなるので、いつもより入念にグラウンド整備をし、レクリエーションとして親子大会をする。親チームと子どもらのチームで対戦するのである。毎年これが楽しみ。
おやじチームはレギュラーと5イニング戦い、2-6で負け。向こうは毎週練習も試合もこなしているのに対し、おやじ連は準備運動とキャッチボールだけですでに腰が痛いとか脚が動かないとか言っている(笑)ので、勝てるはずがないのである。私は6番サードで4イニング出場、守備ではアウトを1つ取ったが2失策。打撃では2打数無安打ながら打点1。大腿の筋肉が突っ張った状態だったので、上出来であろう。
午後は子どもらの今シーズン最後の練習試合を観戦して終了。ひとまずシーズンオフに入る。