FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



空海マンダラ

kukai02.jpg

きょう、北海道立近代美術館で見てきました。「 空海マンダラ 弘法大師と高野山 」

妻とふたり、クルマでひと走り。平日の日中にこういうのを見に出かけられるのが、この仕事のいいところです。シブ目の展示だという印象があり、空いているだろうと思って行ったら、それが大間違い。年配の方々を中心にほどよく満員でした。

達筆で有名な空海=弘法の書が一点あったほか、工芸や彫刻、曼荼羅の図など、国宝や重要文化財になっているありがたい宝物がいっぱい。不動明王とか大日如来とか四天王とか、名前だけは馴染みがある方々の彫刻や絵画がずらりと並んでいて壮観。高野山のお坊さんたちだって滅多に見られないであろうお宝です。

[続きを読む]

5月21日~5月27日 ■ちょっと油断すると…■

遅くまで残業する日が続く。北海道の夏は日の出が早く、ちょっと油断すると空が白々と明けてしまう。「やうやう白くなりゆく山ぎは少し明かりて…」などとぶつぶつ言いながら家路を辿り、家に着くとちゅんちゅんと鳥のさえずりなんぞも聞こえてきたりするのだ。ひと風呂浴びて夜明けのコーヒーを飲みながら、前日の夕刊とその日の朝刊をまとめて読む。こういうのもたまには悪くないのだが、連日となると辛いものがある。寝るのも起きるのも後ろにずれ気味で、仕事の時間帯も後ろにずれていく。ああ。

業務が立て込んできて、スランプだなどと言っていられない状況になってきた。不思議なもので、忙しくしているほうが(身体はキツイが)気分が楽である。確かにこれまでもこうやってスランプを脱出してきたに違いない。

5/21(月) 午前は清掃と整体。午後はSee-beで地歴講座の練習。
19:30~20:30 地歴講座【地理】世界の人々の暮らしと環境
使えそうなネタがSee-beのあちこちに散在しているので忙しいのなんの。


[続きを読む]

アルミニウムとアンモニア水

珍しく、久しぶりに、教科内容の話題です。ホントはこんなことではいけないのですが。

アルミニウムとか亜鉛、すず、鉛といった金属は酸ともアルカリとも反応する性質がありまして、これらを両性元素といいます。このムツカシイ話は小6の理科に出てくるのですが、中学理科では正面切って取り上げず、高校化学でまた出てきます。

たとえば、両性元素であるアルミニウムは酸性の水溶液にもアルカリ性の水溶液にも溶けます。酸性の水溶液の代表はうすい塩酸、アルカリ性の水溶液の代表は水酸化ナトリウム水溶液で、それぞれ化学反応式は次のようになります。

  2Al + 6HCl → 2AlCl3 + 3H2
  (アルミニウム+塩化水素→塩化アルミニウム+水素)
  2Al + 2NaOH + 2H2O → 2NaAlO2 + 3H2 …★
  (アルミニウム+水酸化ナトリウム+水→アルミン酸ナトリウム+水素)

さて、この間たまたま小6理科のある教科書を見ていたら、アルミニウムをアンモニア水に溶かすという実験が出ていました。エッ、溶けるのか?(たしかにアンモニア水はアルカリ性ですが)と結果を見てみると「溶ける」とあり、証拠写真までついています。ただし、アルミ箔の小片が全部溶けるまで1週間もかかり、また、ただ溶けただけではなく白色の沈殿が生じています

これはいったいどんな反応だ?こんな大変そうなのを小学校でやってるのか?と気になり、いろいろ調べてみましたが、高校化学の本などにはこの反応は載っていません。ネットでちょっと調べてみても、見られる範囲にはズバリの解答は見あたりません。もちろん自力で考えるには、私の能力を超えています(笑)
[続きを読む]

5月14日~5月20日 ■スランプか■

何気ない毎日が風のように過ぎてゆく。仕事も淡々と進めばいいのだが、それがなかなか思うようには行かないのであった。

5/14(月) 午前中に清掃。午後はSee-beで地歴講座の練習。
19:30~20:30 地歴講座【歴史】「日本のあけぼのと古代国家のおこり」縄文・弥生・古墳時代の話。

5/15(火) 午前はまたしても何をするでもなく、本を読んだりして過ごしてしまう。ああ。
午後に進学相談会を1件。(中2男子のお母さん)
夜、労働保険料の申告書の作成。

5/16(水) 西11丁目の労働基準監督署(第3合同庁舎内)まで、労働保険料の申告と納付に。書類に自信があれば郵便局に持って行けば済む仕事で、また神谷塾の場合、書類の作成は極めて単純に済むのである。しかし私はこの手の書類の作成が大変苦手で、計算に不備がないのをお役人にチェックしてもらわないと不安でしょうがない。
この仕事のせいではないのだがなぜか疲労困憊していて、熱まで出てきた。戻ってから夕刻までぐったりと眠る。

[続きを読む]

5月7日(月)~5月13日(日) ■調子がいまひとつ■

連休明けはなかなか調子が戻らないことが多いので、無理をせずユルユルと慣らし運転で始めるようにしている。今年のゴールデン=ウィークは3泊4日で帰省したほかは特に休んでおらず、その帰省中も飛行機のトラブルやクルマの渋滞に巻き込まれたり行列に並んでいたりしていたので、むしろ消耗ぎみ。連休ボケとは違う感じで、なんだかバッテリーが切れたように回転数が上がらない。

そうなると手間のかかる仕事にはなかなか手が出ず、手のつけやすいコマゴマとした作業ばかりすることに。普段そういうのは夜にまとめてするようにしているのだが、夜は昼以上に労働意欲が湧かない(笑)ので、断片的なことを昼にやらざるを得ないというおそまつ。

5/7(月) 午前は清掃と整体。
午後は『通塾のしおり』を改訂。塾のシステムなどをB5の4ページにまとめたものである。年度が改まってシステムをいじってから手を入れておらず、ずっと気になっていたので片付けた。

5/8(火) ちょうど1年前からある会社を介して光電話回線を入れる手配をしていたのが、(わけあって)遅れに遅れて今月になってようやく動くことになった。その配線工事に先立ち、壁に穴を開けて光ファイバーを引き込む工事が朝10時から。業者からは1時間で済むと聞いていたが、実際は正午過ぎまでかかる。
工事をなんとなく気にしながら、ブログを書いたりメールを読んだりして無為に過ぎていく時間。「また無為に過ごしてしまった」と思うとさらに自己嫌悪に陥ったりして(笑)

[続きを読む]

昔ホームページに書いていたこと

「おろかな日々」的な書き込みもほどほどにしないと、せっかく見に来てくださっている方々に愛想を尽かされてしまうと思い、たまたま昔(2003年ころ)のホームページに書いていた文章を発掘したので、ここにアップしておきます。

現在の方法に至るまでの経緯」という題目です。神谷塾の指導は「フリータイム個別指導」でいこうと開業前から決めていましが、それをどういういきさつで思いついたか、そして「数理講座」と呼んでいる一斉指導はまたどうして始めることにしたのかを綴ったものです。

ちょうど今から6年前、開業に向けて慌ただしい日々を送っていたころのことを思い出しました。
(ではここから--)

◆以前に勤務していた塾で,私(神谷)はおもに中学生の国語・社会・理科の一斉指導を担当していました。毎週講義をして宿題を出すのですが,<成績は良いのになぜだか宿題はしてこない>という生徒が各学年に必ずいました。彼(彼女)は講義後に居残って解くことになるわけですが,実は彼らにとって最も勉強になっていた時間はこの居残りの時間だったようです。自力で解き,答の確認をし,(私は宿題が仕上がるまでその場にいるので)疑問が生じたら質問して解決する。彼らも早く帰りたいので,その集中力は大したものでした。また,講義中でも解けそうだと思えばどんどん自分で解き始める。その問題を解きたいという衝動を抑えるのは生徒にとってマイナスなのでしょうから,私からそれを制することはしませんでした。彼らの多くは高校進学後に得意科目を伸ばしていき,それぞれに充実した勉強ができているようです。

[続きを読む]

連休が明けて

ゴールデン=ウィークをいかがお過ごしだったでしょうか。私はちょっとだけ日常から離れてきました。

4月30日(月祝)から5月2日(水)までは、店を閉めて(=指導をお休みして)山積していた事務作業を消化。4月の月例報告をまとめて発送作業をし、ホームページをいじり、修理見積もりに出していた古いノートPCを引き取りに行き(★)、それに入っていた一太郎の住所録ファイルを新しいノートに移すのに予想外に手間取りながらなんとか完了。その合間に細かい雑用はしたものの、あまり大した仕事量ではなかった。どうも、生徒は来ないし時間はたっぷりある、と思うと、かえってはかどらないものですね。

★液晶画面のバックライトが寿命。交換すると7万円だかになると言われ、修理をあっさり断念。

この間、5月1日は私の45歳の誕生日。早めに帰宅して祝ってもらいました。ギョーザを山ほど焼いてゆっくり夕食。

2日の夜に次男を連れて愛知に帰省。予約してあった千歳18:00発のJALが機体不調でなかなか搭乗手続が始まらず、結局中部空港から最終で飛んできた?のを代替機にして19:40にやっと離陸。中部に着いたのは21:30。そこからレンタカーで実家まで。
[続きを読む]