FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



3月19日~3月25日 ■春期講習■

3/19(月) 午前は清掃と過年度の書類の整理。古い書類から保存しておきたいものを除いてゴミにする。回収に出せないものはシュレッダーにかけるのだが、シュレッダーが長時間の連続運転ができないので作業は休み休み。結局昼過ぎまでかかった。午後は『神谷塾だより』の発行。先週出したのに引き続き受験の結果が中心。春期講習の受付を1件。
夜、7:30から先週と同じく「See-be公開講座」をする。参加者の半分は先週も参加してくださったご父母と生徒。初めての人が半分おられたので、先週お見せしたネタを7割ほど、あとはこの日までに発見したおいしいコンテンツをご紹介。

3/20(火) 朝からSee-beを学習。これまでキチンと見ていたのは当座の授業に必要なところだけだったが、春期講習では中1・中2範囲を網羅的に教えるので、理科と社会のコンテンツを通して見ておく必要がある。まず物理からとりかかったが、いろいろいじっているうちに午後に食い込んだ。
[続きを読む]

3月12日~3月18日 ■高校の合格発表■

3/12(月) 午前はまずいつもの教材会社へ仕入れに。次に清掃、それから整体と、忙しかった。午後は『神谷塾だより』を印刷してから、夜に予定していた「See-be公開講座」の準備。個別指導を午後7:30までやってから、公開講座の開始。
ご父母や、小学生など土曜の数理講座に来ていない生徒へのお披露目が目的で、誰も来てくれなかったら淋しいな~と心配していたが、せっせと宣伝していたのが良かったのか、親子で参加してくださったところが5件。他にも、塾外の友達を連れてきてくれた子がいたりして、せまい教室はほどよく埋まっていい感じだった。
See-beのしくみを簡単に説明したあと、See-beがないのとあるのとではどう違うか、という対比を理科の「天体」のところで概説。
歴史は元寇の合戦の模様とか、平城京や寝殿造のグラフィック。
地理はアメリカ合衆国の地形と農業。
実は、以上はSee-beのデモで佐鳴予備校の先生が見せてくださったのを真似してみているのだが、See-beのコンテンツ全体の中でもやはり一番おいしいところのようだ。
あと、数学の「空間図形」のところがよくできているのでここも紹介。
楽しんでいただけたと思う。午後8:30でいったん終了したあと、残ってくださった方にはあちこちつまみ食い的にお見せする。
[続きを読む]

統一地方選によせて

近々、全国各地で首長や地方議会議員の選挙があります。マスコミでは特に東京都知事選のことが取り上げられていて、国政だとか安倍内閣のことはかすんでしまっている感じです。

東京都知事選は、現職の石原氏をふくめて候補者は4名だったでしょうか。先日その4名が「NEWS23」に総出演しているのをたまたま見て、なんとも痒いところに手が届かない不快さを覚えました。石原氏が弁舌巧みに?言いたい放題言っているのを他の候補者がビシッと抑える場面とか、石原氏がぎゃふんという場面を期待したのですが、どうにもスキッとしない発言ばかり。黒川氏は問題外としても--反石原票を吸収してしかも石原氏の得票には及ばず、結果として石原氏の援護射撃をするために出てきているのでしょうから--、浅野氏にもうちょっと迫力を出してもらいたいですね。

共産党にはもう候補者を出すなと言いたい。反保守票を吸収してしかも当選には至らないのですから、保守側を利するだけです。今のままなら候補者を出さないか、もっと望ましいと私が思うのは、社民党や民主党リベラルと一緒に新しい政党をつくること。

というわけで、話題としては古いのですが、2005年の衆院選のときに『神谷塾だより』に書いたものを載せておきます。(一部加筆)
[続きを読む]

『卒業』

斉藤由貴の『卒業』という曲があります。卒業ソングの代表格で、斉藤由貴のデビューシングル。好きな曲でしたが、レコードを買って聴くというほどではなく、字余り気味の歌詞はたまに聴くくらいでは憶えられなかった。それで、気に入った曲はなにしろ憶えて歌う!というのがモットー(笑)の私としては珍しく、自分の中で放置してしまった曲でした。

それが、卒業式シーズンだからでしょう、先日たまたま車の中で聴いていたAMのラジオでこれが全曲流れて、なんだかすごく懐かしく、切ないような気持ちになってしまったのでした。

♪ああ 卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう

というサビの部分がとても有名ですが、私が切なくなるのはここではないのです。曲の冒頭からたびたび出てくる、

♪制服の 胸のボタンを~

の旋律。いま調性がわからないので「移動ド」で書かせてもらいますと

♪ドドドドド ドドドドドレミソ~

の末尾の「ソ~」がなんとも不安定な裏声になっていて、この旋律が繰り返されるたびにソワソワと落ち着かない。

[続きを読む]

3月5日~3月11日 ■大学の合格発表■

3/5(月) 午前、清掃のあと、札幌駅前のヨドバシカメラへ出かけてノートPCを買う。
うっかりしていたが、最近WindowsはVistaという新しいOSが出て、店頭のPCはすっかりVistaマシンになっている。店で調べてもらったら、私がいま所持しているソフトのうちかなりの割合がVistaでは対応していない。それは困る!かろうじてhp(ヒューレット=パッカード)のノートでWindowsXPのマシンがあったので、それに決める。同じような理由でXPのマシンを買いに来るお客が多いらしく、XPマシンは生産もされなくなっているそうで、もう少しモタモタしていたら手に入らなかった。すべりこみセーフだったといえよう。
この日初めて知ったのだが、いまどきのノートPCにはフロッピーディスク(FD)ドライブがない。CDとかDVDのドライブがあるばかりである。容量は小さいがFDは手軽で便利なのだ。私の場合、データのバックアップ以外の用途はなく、FDに保存されたデータがどっさりあるので、今後もフロッピーで行きたい。そんなわけで、外付けのFDドライブも購入。この先FDが滅びませんように。
[続きを読む]

2月26日~3月4日 ■家に帰るヒマがない■

2/26(月) 午前は清掃と整体。午後は See-be 契約関連の書類を整えて送付。新年度の指導料袋を作るのを失念していて、慌てて印刷する。

2/27(火) 確定申告のシーズンだ。毎年お願いしている会計事務所の税理士さんが午後に来て、帳簿のチェックと必要書類の確認。確定申告をいつか自力でできるようになるといいのだが、税理士さんに毎年不備を指摘されて慌てて書類を用意しているようでは無理だろう。時期が2月~3月というのも塾屋にとっては非常に具合が悪い。
夜、ようやく春期講習の計画をつくり、HPにアップする。春期講習のことを忘れていたわけではない。See-be を軌道に乗せるのにやはりエネルギーが相当要ったのだ。
帰宅したのが翌日の未明。朝刊が届いていた(笑)。こういうことはたまにある。

[続きを読む]

『水はなんにも知らないよ』

BTH2621065_1B[1].jpg

本の紹介です。著者は『新しい科学の教科書』執筆代表の左巻健男氏(同志社女子大学教授)。(ディスカヴァー携書、本体1000円)

書名はもちろん『水は答を知っている』を笑い飛ばすもの。カバー折り返しにあるキャッチをそのまま引用させていただきます。

 波動水、
 磁化水、
 マイナスイオン水、
 π(パイ)ウォーター、
 トルマリンを使った水、
 クラスターの小さな水、
 抗酸化性をうたう水……
 世にあふれる“怪しい水ビジネス”を科学の視点で徹底検証!


今日、amazon.com に次のようなレビューを書いて出しましたので、ここでも紹介しておきます。(掲載されるかどうかは4~5日たたないとわかりません)

=====ここから=====

「水に“ありがとう”と言うと美しい結晶ができる」?…馬鹿馬鹿しい。あり得ない。水は人間の言葉を理解したりはしない。多くの人はそう考えるはず。--にもかかわらず少なからぬ大人が騙されてしまうのは、ニセ科学は科学的な用語や雰囲気に粉飾されていて、<科学の理解は浅いが科学的な雰囲気には弱い人>の心理を効果的に突いてくるからだ。

たとえば「波動」という言葉。ニセ科学でいう「波動」はもともと霊能者用語で、「あらゆるものが放射しているとされる何物かであり、霊気のようなもの」。物理学の「波動」とは全く異なるものだが、このような一見“科学的”な用語が散りばめられていると科学に見えてしまうのだ。

科学の常識を活用する能力を「科学リテラシー」というが、ここでは「ニセ科学を見抜く力」と言ってもいい。ニセ科学に騙されて財産や時間や健康を失うのを防ぐには、子どものうちから科学リテラシーを養っておく必要があるだろう。もちろん、大人になってからでも遅くない。怪しい本が売れている一方、科学者の側からの検証や批判はこれまであまりされてこなかった。本書をさきがけに類書が続々と登場するのを期待したい。

なお、ニセ科学に共通するキーワードは「波動」のほか「共鳴」「クラスター」「マイナスイオン」「エネルギー」「活性」「トルマリン」などなど。これらの言葉が出てきたら、それはたぶんインチキである。本書はこの点を明解にしてくれているだけでも一読の価値がある。


ノートPCがダウン

パソコンの寿命というのは突然やってくるものですね。2001年の春、独立開業の準備のために新調して、以来ちょうど6年使ってきたノートPCがダウンしました。NECのLaVieというやつで、OSはWindowsME。本体は元気ですが液晶画面のバックライトがダメになったのです。しかたなくデスクトップPCのモニタにつないで、当面はその画面を身ながら作業しています。2月の月末には大量の仕事があり、家にもろくに帰れないほどでしたが、そのヤマを乗り越えてからのことでした。

このブログとかHPとかメールなどはデスクトップでやっていて、ノートのほうは電話線につながずに情報管理とか帳簿とか書き物に使っていました。丈夫なPCで、巨大ファイルをいじっているとフリーズすることはあったものの、MEという“不安定さ”に定評のあるOSの割には概して安定。こいつでずいぶんと大量の文章や資料を書いてきました。

なんとなく、神谷塾がようやく“塾らしく”なってきたのを見届けるように寿命を迎えたような気がします。そう思うと愛おしいものですね。

来週は買い物に出る時間も取れそうなので、新しいノートを手に入れて来ようと思います。いま手持ちの一太郎とワードとエクセルが使えればそれでいいので、OSのみの安いやつ(あれば)で十分。できれば6年くらいもつような頑丈なのがほしいなあ。いまのノートは液晶の修理ができそうなら修理して、自宅用にしようかと。