FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



夏期講習に突入

更新が滞っておりますのは、先週の土曜から夏期講習に入りまして、その仕込み(予習とかプリントの準備)などに連日かかりきりになっているためであります。ブログを始める時点から、講習中は更新できないだろうと予想はついていましたが、ホントにできません。

また、ありがたいことに、新規のお問い合わせがこのところ相次ぎまして、その生徒さんたちの無料体験とか入塾の手続き、教材の手配なども重なり、我ながらよく働いているなあと感心する毎日です。

少々グロッキー気味ながら、講習で生徒の前に出て一斉指導を始めるとなぜかエネルギー全開(終わるとぐったり)。もしかすると私は、自分が思っている以上に授業をするのが好きなのかも知れません(笑)。

使えない英語学習法

英語の予習をしている高2の生徒が頭を抱えているので様子を見に行ったら、シュールレアリズムの画家 ルネ=マグリットの短い伝記の、次の“一文”の和訳を試みているところでした。

Magritte had his first one-man show (consisting of 61 works) in 1927, and the exhibition marked his emergence as a Surrealist, especially the "Lost Jockey", where a person on a horse is trying to escape from a mysterious place where interior and exterior are interwoven.

体裁は一つの文ですが、挿入があったり、関係副詞 where が2度も出てきたり(ひとつは継続用法)と面倒な構造になっています。これを無理やり日本語の一文に訳そうとして彼は苦しんでいたのでした。

英語は後から情報をどんどん付け足していくのに都合のいい言語ですし、英語を読んでいるのですから、前から順に情報を取りこんでいけばいいはずです。これを日本語にしながら読もうとするから余計な労力が要るわけですが、高校の授業では(その効果のほどは置くとして)日本語にするシキタリなので、意味のまとまりで区切って“対応する”日本語に置き換えていければいいのではと思います。生徒たちはよく単語の下に日本語を書き入れているでしょう。あんな感じです。

マグリットは最初の個展を持った 61の作品から成る 1927年に その展示会は印をつけた 彼の誕生を 超現実主義者としての とりわけ「ロスト=ジョッキー」が そこではひとりの人間が馬の上で 脱出しようとしている 不可解な場所から そこは内部と外部が入り組んでいる

日本語の体を成していないながらも、いちおう意味は取れました。さて、高校の授業ではここで止めるわけにはいかないようです。日本語らしくするのはそれなりの日本語力が要る作業で、自信はありませんが、ちょっとやってみましょう。
[続きを読む]

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育


祝日も営業

今日は「海の日」でした。子どもの頃になかったこの祝日にはなかなか馴染めずにいて、毎年「ああ、今日は祝日なのか」と当日になって気がつくということの繰り返しです。

神谷塾は祝日も営業しています。ゴールデン=ウィークとお盆、年末年始は世間なみにお休みをいただいていますが、平常は日曜のみお休みです。曜日を決めて来ている生徒もいますから、ある週のある曜日が不規則に休みでは具合が悪いのと、急に来る気になった生徒のためにもなるべく教室を開けておきたい、というのが大きな理由です。また、私は意外に律儀なほう(笑)なので不規則な休み方は性に合わず、おまけに変なタイミングで休むとなかなか調子が戻らなかったりもします。さらに、「日曜にもやってくれないか」というご要望もあるくらいなので、祝日をお休みにする勇気はまだありません(笑)。まあ、自営なのですから「いつ働いていつ休むか」は自分で決めればいいのです。
[続きを読む]

オリジナル教材

今日も午前中は夏期講習のチラシのポスティングをしました。昨日から札幌は暑く、今日はまたどんよりと曇りがちで蒸し暑いのなんの。でも、来週の週末から夏期講習を開始するので、チラシを入れるのも今日あたりが期限でしょう。がんばって、今回用意した分を妻とふたりで配り切りました。

ありがたいことに、毎日少しずつお電話をいただきます。その中には「(通常の指導の)教材はどんなものですか」というお問い合わせもあります。今日はここをちょっと掘り下げてみましょう。

小中学生についてはおおむね、この業界で流通している(書店で売られていない)教材を私が選んでいます。個別指導では一人ひとりが皆ちがうものをやっていてもいいわけですので、私が自分のシュミで選んだ数点の中から、生徒の学力や意欲に応じて推薦したり、一方的に押しつけたり(笑)しています。よく「塾専用教材」といいますが、私立の中学でも使われているものがありますから、その呼び方は必ずしも適当ではありません。高校生用になると、書店で売られているもののほうがよくできている傾向にある(定評もある)ので、塾教材にはこだわりません。

さて、できあいの教材の中から最適と思われるものを選んで使っていただくわけですが、そのようにお答えしながらなんとなく「後ろめたい」気がしていないでもありません。それは、心の隅では「本当はオリジナル教材がベターだ」と思っているからです。教材を自作して、自作した本人が授業をするのがおそらく最も効果が上がるのだと思いますし、じっさい前の職場では国語や理科や社会の教材を一部自作して授業をし、おおいに成果を上げていました。

しかしながら、現在はいろいろな理由で、メインの教材は既製品です。その理由は以下のようなことです。
[続きを読む]

小学生の夏

今日の午前は小学生の夏休み教材を仕入れに、札幌市中央区のさる教材会社さんまで出かけました。電話やファクスで注文して宅配便で送ってもらうことももちろんできますが、その会社は車で片道10分のところにあるので、少部数を早く欲しいときや実物を見て選びたいときには、こちらから出かけるのが便利です。

5年生と6年生は基本的に算国理社の4教科、4年生以下は算国の2教科を、各生徒の状況に合わせて選びます。内容が平易か標準的か発展的か、とか、書き込みがしやすいかどうか、レイアウトがきれいで見やすいか、など、最終的には私のシュミで決める(笑)ことになるものの、それなりに時間をかけて選んできます。

生徒がそれぞれ別々のものをやっていても大丈夫なのが個別指導のいいところ。これは平常の指導でも同じです。例外は中学生の講習会だけです。(一斉指導なので)
[続きを読む]

『ポケット図解 身のまわりで学ぶ生物のしくみ』

今日は本のご紹介です。
hyosi.jpg
Wisdom96 監修、青野裕幸・桑嶋幹 編著(秀和システム 税込1470円 )

スーパーマーケットに並ぶ野菜や魚、肉などいろいろな食材について考えながら、生物のしくみをやさしく解き明かします。全体は、第1章が「野菜・果物売り場をのぞいてみよう」で、以下第4章まで、魚売り場・肉売り場・その他の売り場という章立てになっています。私が目を引かれた項目をちょっと挙げてみましょう。

  野菜のからだはどの部分?--根、茎、葉、花、どこを食べているのか
  トウモロコシのヒゲは何?--粒の数とヒゲの数の関係
  銀杏は太古からの贈り物--イチョウの不思議な生殖方法
  サケの卵の名前は何?--筋子とイクラの違い
  砂肝って鳥にしかないの?--胃の中の石が歯の代わり
  「豚肉はよく火を通して」は正しいの?--豚肉と寄生虫
  ハラミ、サガリってどこの肉?--横隔膜のはたらき
  水田のイネは野生でも育つの?--人に都合のいい特徴をもつ栽培イネ

私は生物があまり得意ではないので、このように身近なところから導入してやさしく解説してくれる本はたいへんありがたいのです。北海道に住んでいながら筋子とイクラの違いを気にしていなかった私は、本書で不勉強を思い知らされました(笑)。また、ハラミとサガリはどちらが横隔膜で、もうひとつはどこだっけ…とずっと気になっていましたが、どちらも横隔膜でした(笑)。

本書は中学生の知識があれば十分読んでいけますので、中学生の方やそのご両親に特にお勧めしたいですね。たとえば野菜・果物の章を読んでいくと、中学理科で植物について学ぶ内容がたくさん出てきます。実は、当然といえば当然のことなんですが、ふだん食べている野菜や果物はもちろん「植物」で、理科の学習内容と別の世界のものではありません。それなのに、「野菜や果物にもあてはまることを理科で勉強している」ということをふだん意識できずにいて、そのために自分の目や手(それに歯)で実地に学ぶ機会をみすみす失っているお子さんが、少なからずいるように思います。学習内容と生活との“断絶”とでも言いましょうか。

編著者の青野さん・桑嶋さんは『新しい科学の教科書』の執筆陣で、青野さんは北海道の公立中学校の理科の先生です。青野さんのお話では、ふだん授業で話している内容も盛り込んで、内容を精選のうえ、中学生にも読めるようにと考えながら書かれたとのことです。

「Wisdom96」は,青野さんらが中心になって1996年に立ち上げた,北海道の教員を中心とした理科のサークルです。理科に関係するいろいろな話題や資料が
  http://wisdom96.com/
にありますので,一度訪訪れてみてはいかがでしょうか。

テレビを消そう

10年ほど前に買った自宅のテレビが数年前から調子が悪く、今週になってとうとう壊れました。あまりその名を聞かないメーカーの製品で、1万円くらいで購入した14インチのものです。内部のチューナーの調子がずっと悪く、ときどき音声が途絶えるような状態なのをゆすったり叩いたり、だましだまし使ってきましたが、一部のチャンネルを除いて音声も画像も出なくなってしまったのです。もともと一家でテレビをあまり見ない生活をしていますので、多少調子が悪いくらいなら平気だったのですが、23時台のニュースやテニスの全英オープン(ウィンブルドン)が見られない状態では私が我慢できません。もはや修理するレベルでもないようです。
[続きを読む]

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育


「中学生の算数」(続)

前回の続きです。どこかでわからなくなった算数や数学を挽回したいと思っている中学生や高校生が、一念発起して自分でやり始める元気もなく、ご両親も親族の中にも勉強をみてくれる人はなく、塾にも通えない(家庭教師にも来てもらえない)としたら、彼や彼女はいったいどうすればいいのでしょうか--という問でした。

一昨日に上のように書いてしまってからずっと考えていましたが、なかなかいい知恵は浮かばないものです。ただ、私は以前からあるシステムをなんとなく“空想”しています。それは、ある大人が、たとえば「この子は小数がわかっていないようだ」ということを何かのはずみで発見してしまったなら、その大人が責任を持ってその子の面倒を見てあげる、というものです。大人というのは、近所のおばさんでも、少年野球の監督でも、ピアノの先生でも、だれでもいいのです。もちろん、みんな自分の仕事に精一杯でそんな余裕はないのが普通です。また、その子のわからなさ加減が重症で、小数だけでは済まないという場合も十分あり得ますが、それでもそれをきっかけに挽回し始めるという可能性はあります。算数や数学では「基礎部分までさかのぼって一気にわかる」ということがあるためです。

では、現実の話として、子どもの算数の理解不十分箇所を発見したり、手当てをしてあげたりできる機会をだれよりも持っていそうな大人とは、だれでしょうか。
[続きを読む]

テーマ:算数・数学の学習 - ジャンル:学校・教育


「中学生の算数」

7月に入ってしまいました。夏期講習の準備を進める時期です。チラシのポスティングのほかにも、教材の準備とか、授業計画とか、課題表の作成とか、いろいろしなくてはなりません。このところ夜明けが早く、ちょっと油断して夜更かしをすると東の空が白々と明けてきて、鳥のさえずりなんぞも聞こえてきてしまうので、寝不足ぎみです。もうちょっと6月が長ければ良かったのにな、と毎年思います。

さて--

私の塾は「数・理・英 重点指導」と看板を出していまして、特に中心的に教えているのは数学・算数ですが、通ってくれる生徒は必ずしも数学・算数が得意な子ばかりではありません。非常に苦手だからなんとかしたい、という目的の生徒もけっこう在籍しています。小学生の場合は中学生のような定期試験もないので、小1の算数からしっかり復習してもらい、中学入学に間に合わせることはおおむねできます。たとえ6年生になっていても、夏くらいまでに来てくれればなんとかなる、というのが私の感覚です。もちろん個人差はありますが。

中学生の場合は、「算数・数学歴」が長い分だけ、小学生に比べると大変です。中学でのそのときどきの学習事項や定期試験のことを気にしながらも、わからなくなったところまで戻って復習するのは変わりません。手っ取り早くて効果の上がる復習の方法などというものはたぶんない(あれば実行しています)ので、本人に相当の努力を求めることになってしまいます。大変ですが、やらないことにはわかるようになりません。

では、中学生は数学のいったいどのあたりから復習すべきなのでしょうか。
[続きを読む]

テーマ:算数・数学の学習 - ジャンル:学校・教育