FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



入試直前講習



中3生を対象に、標記の講習会を毎週日曜にやっています。

学年末テストのあと、1月中旬から3月アタマのぎりぎりまで、例年6~7回のシリーズで行います。今シーズンは6回。毎年3月のアタマはやろうかやめようかと迷いますが、本番がギリギリに迫った日曜に時間を持て余しているのも落ち着かないだろうと思い、大抵は実行します。今年は3月3日が最終回です(本番は3月5日)。

朝9時に開始。最後の「北海道学力コンクール」やその過去問を使って、公立高校入試と同形式のテストを毎回1セット(5教科)消化します。各教科45分で、国語から始めて数学・社会・理科とやったところで昼食。昼休み後に英語。本番では社会が済んだところで昼休みですので、それよりは全体に前倒しでハイペースです。「学校裁量問題」が導入されて4年が経過し、道コンもそれに対応して実施されてきましたので、その蓄積のおかげで今年はようやく全部「裁量問題入り」で実施できるようになりました。

昼食はお弁当持参です。神谷塾の生徒が教室で食事をするのは後にも先にも中3のこのときだけ。(上の写真は昼食後にぎやかに歓談する本年度の中3生たち)

英語を解き終えるころには理科までの採点が済んでいますから、正解・解説と一緒に答案を返却。私が英語の採点をしている間、生徒は間違ったところの見直しなどをして過ごします。

英語の採点が終わると、それを返却して、英語からさかのぼる順序で解説。誤答の多い問題、注意の必要な問題を中心に、別解を示したり、採点基準を示したり、ちょっとしたまとめをしたり、場合によっては「この時期にこんなのを間違っていてはいかんなあ」的に延々とセッキョーを垂れたりします。中3も今くらいになると長い付き合いですので、実際はもう少し辛辣なことを言います(笑)。だから、生徒にとっては決してお気楽な時間ではありません。

それやこれやで彼らが解放されるのは夕方の4時半くらい。皆の出来が良ければ解説も早く終わりますが、逆であればなかなか帰してもらえない。そこのところがご父母様には非常に好評です(笑)。

この講習会の目的は、まとめとか最終チェック、そして入試予想(※1)という面ももちろんありますが、最大の狙いは「場慣れ」です。もちろん、弱小零細の塾ですし、受講生もいつもの顔ぶれですから、本番さながらの臨場感というのは望むべくもありません。ただ、例年これで大概の受験生は本番でもうまくやってきていますので、おそらく教室の規模は問題ではないのです。

大切なのは、調子が悪かったり問題が難しかったりしたときに<パニックに陥らない>ための、もう少し現実的には<パニックに陥って、そこからリカバリーする>練習です。パニック状態に対する免疫づくりといってもいいでしょう。

だいたい、数学が難しいことが多い。数学は昨年ぐっと易化しましたが、今年も易しいとは限らない。国語だって解きやすいということはまずない。仮に1教科め・2教科めの国語と数学がやたら難しくて自分では「絶不調」だと思われるとき、合否はそこで踏ん張れるかどうかにかかってきます。一番いいのは数学の最中に立ち直ることですが、運悪くパニック状態のまま数学が終わってしまったら、次の社会で立ち直るのです。

国語や数学で思うように得点できていないと思うときに、残りの社会・理科・英語もついでに「絶不調」になってしまえば、たぶん合格は難しいでしょう。そうでなく、社会で気を取り直して残りで全力を尽くすことができれば、そこそこの合格可能性が出ている高校であればたぶん大丈夫です。(※2)

国語や数学が難しかったとしても、それは受験生全員に同じ条件です。すらすら解く子も一握りいるでしょうが、すらすら解けない子のほうが圧倒的に多い。そう割り切って、それぞれの教科でいつもの力を出しておけば、全体としてそんなにひどいことにはならないのです。勝負は5教科の合計ですからね。これを本番の前に数回通過して“身体で覚えて”おけば、本番でも自分を落ち着かせることができますし、そもそもパニックに陥りにくくなるでしょうね。

それを、この入試直前講習ではたびたび話し、体験してもらっています。中3生全員を前にして話をする機会もあとわずか。言い残すことがないように、限られた時間を大切に過ごしたいと思います。

※1 1回の模試を予想問題とするのはなかなか困難ですが、6回もやれれば入試に出そうなネタはかなりカバーできるでしょう。特に社会や理科。すると入試本番でも「身に覚えのある」問題が出る可能性が高まります。予行演習で間違えても本番で間違えなければいいのですね。

※2 そういう意味では「社会こそがカギだ」と、私は生徒に言っています。多少アタマの調子が悪くてもパニックになっていても、社会を楽々解く力があれば、その45分で気を落ち着かせることができるはずです。


生徒が書いたものを教師がチェックする必要

〔神谷塾HPの「メッセージ」欄、中学生のご父母向けに以下の記事を書きましたので、ここにもアップしておきます〕

神谷塾の小学部・中学部の「個別指導」では、生徒がワークブックで自習し、それに教師がマル・バツをつけ、バツのものは正解になるまで直す--という形式です。1回目はノーヒントで返し、それで直ればOK、直らなければ適宜ヒントを与えて、いよいよ厳しいときは全体の筋を示して、一応は自分で正解を書かせます。

答の正誤を知るだけなら、正解を渡しておけば生徒が自分でやるのではないか。それを教師がやってやる必要があるのか--という声をいただくことがありますし、私(神谷)もかつてはそう思っていて、神谷塾を始めた当初は生徒に任せきりにしていたこともあるのです。が、それではダメなんだと、そのうち気づきました。

私が雇われて教師の仕事を始めたある塾でも、毎回の小テストを回収してチェックすると、それは宝の山でした。完全に誤解している例、文字を間違えている例など、およそありがちな間違いのパターンのすべてがそこにあった気がします。それを、小テストだけでなく、生徒が書くものおよそすべてをチェックしようではないか--と今、やっているのです。中2の後半とか中3になってその子の仕事の質が信用できるレベルで安定してくると、社会科などは答合わせまでその子に全部預けることはありますが。

教師がマル付けをしてやることの効用の筆頭は、自分で正解を見ずに済む、ということでしょう。せっかく間違えて、それを修正するチャンスを得たというのに、正解を自分で見てしまったらそれきりです。そんなもったいないことはありませんね。

さて、私とかスタッフが、答の正誤以外に何を見ているかといいますと--

○文字が間違っていれば直させる。漢字で書くべきところを仮名で書いているものは漢字で書かせる。文字の形がおかしいものは直させる。必要最低限の綺麗さで書けない子には私が赤字で書いたものをなぞらせる。(文字の品質の基準は私の目です。いちおう教師としては標準だと自分では思っています)

○算数・数学の途中の式。やろうとしていることは合っていても、式の続け方が間違っていたり、負の数をカッコに入れるべきところで裸であったり、書くべき等号(=)が書いてなかったり、書いてはいけないところに等号が書いてあったりすれば、直させる。暗算でやるべきではないところを暗算でしていれば注意し、暗算でいけるところを筆算していたりすればやはり注意する。

○数学の証明の筋と文言。筋が通っていないのはもちろん誤り。(どこで教わってくるのか)ヘンな日本語を遣っているときは直させる。できるだけオーソドックスな数学作文ができるように。

○英語の文字。英語の苦手な生徒は十中八九文字がダメである。書けないか、書けてはいても読めない。あるいは英文がグニャグニャと波打っていて、読んでいると船酔いしたような気分になる(笑)。それを漢字や仮名と同様に直させる。驚くべきことに、英語が苦手だといって通い始める子のうち、かなりの割合が文字を直させるだけで成績が向上する。(“神谷再生工場”と自称しています)

○理科・社会の、正解が複数あるような用語問題や記述問題の正否。これらは、生徒が自分では判断ができないことが多い。例としては、たとえば有名なアンモニアの噴水実験で、「噴水が起こった理由」は「アンモニアが水に溶けやすいから」のみで、これに「空気より軽い」とか「水溶液がアルカリ性」を一緒に書くとバツ(ちなみに、「アンモニアの水溶液がアルカリ性」「アンモニアが水に溶けるとアルカリ性を示す」は正しいが「アンモニアはアルカリ性」はバツ)。理科では、それを書かなくてはいけないとか、それを書いてはいけないとか、いろいろと正解要件のうるさい記述問題が多い。私も指導していて時々うんざりします(笑)

--とまあ、思いつくままに書きました。こういったことを日常的に指摘されては直すという作業を続けるので、実は、神谷塾では日々これテスト対策。実戦的なのです。最終的には入試の採点者に読んでもらえるものを書くために、きわめて有効な指導方法ではないでしょうか。

私も執念深いといいますか、しつこいので(笑)、毎日のように、やれトメハネがおかしいの、途中式が書いてないのと言われていると、生徒もうんざりするのではないかと思うのですが、意外にも(笑)そうでもないらしい。もしかしたら、そんなことをこれまで注意されたことがなくて新鮮なのかも知れませんし、貴重な機会だと捉えてくれているのかも知れません。


高校生の1対1指導

昨年秋から、おもに日曜などの休日を利用して高校生の1対1指導をしています。

少し前までは、平日中学生に混ざって自習してもらい、随時質問してもらってそれに答える、という形式を取っていたのですが、いろいろと難しいことも多かったのです。まず、高校生の側としては質問しづらい。私が中学生の世話で大わらわになっていることが多いので気を遣うということもあるし、質問を切り出すのが億劫だとか、性格がシャイで声を掛けられないということもある。私のほうでは、いざ質問を受けると、素朴な疑問なら即答できるのですが、数学などではまとまった時間が要ります。大問の問5がわからない、という場合は問1から一緒に見なくては私もわからないのですね。

そんなわけで、中学生を今のような「全部見る」スタイルで教えるようになってから、平日に高校生を見てあげるのはきついなーと思っていたのです。

ならば土曜とか日曜に見てあげればいいではないかと今なら考えるのですが、なかなかそういう境地に至れませんでした。率直に、フリーな日がほしかったので…。しかし、不景気・少子化・生き残り…という語句が頭から離れない今日このごろ、そう甘いことも言っていられないなと、徐々に方向転換しました。

もうひとつ、日曜も教えることにしようかという気になったのは、少年野球チームからの長男の卒団が近づいたためです。ここ3年ほど、春から秋までの日曜は終日手伝いをしていましたが、昨シーズンの終わりに向けてチームから手が離れつつありました。来シーズン以降も塁審などの手伝いはすることになりそうではあるものの、これまでのように終日付き合うということはなくなりました。それで、日曜にも数時間仕事をするのは平気だろうと思ったのです。

そういったわけで在籍している高校生に呼びかけて、始めました。日曜のこともあるし、土曜とか、高校の不規則な休日を利用することもあります。いま見ているのは主に高1の子で、中学部からの持ち上がりなのでお互いに気易いといいますか、1対1に抵抗はありません。

およそ週1回というペースで、1週の間に積もりつもった疑問をまとめて相談してもらうという形をとっています。質問が多いのはやはり数学、それから化学。化学ではいま、熱化学方程式を使って生成熱や燃焼熱を求めるあたりが生徒たちは苦しいらしい。(ここは昔から苦手な子が多い)

化学も有機になると私も苦しいのですが、理論や無機であればなんとかなる。といいますか、あまりにスラスラと教えられるよりも、こちらも一緒に考えながらという速さで行く方が理解しやすいようなので、私が苦手意識を持っている科目のほうがむしろうまく教えられるのかも知れません。一方的に教えていると生徒が眠くなるので、2人でそれぞれ一緒に手を動かしながら解説すると良いこともわかりました。

教えられるかどうか自信はないが、いちおうどんな科目でも相談に乗る。内容はだめでも勉強法ならアドバイスできるだろう--と言ってあるので、生徒も慣れてくると何でも持ってくるようになります(笑)。たとえば有機化学とか生物、日本史・世界史、古文といったあたりは私はできれば知らないフリをしていたいのですが、相談されたらひとまず応じる。すると、やってみたらやれないことはなくて、たとえば古文なら文法をおさらいしながらアンチョコなども参照しつつ、どうにか大問ひとつ仕上げることはできるのです。

また、どの科目にも言えることですが、生徒たちは意外なほど易しいところでつまづくもので、そこを手当てしてあげると一気に理解が進むことがあります。いつも中学生に教えていることでカバーできる場面も珍しくありません。「こうすると、あとは中3の問題になる」というような箇所は指摘して、絶好調だった当時を思い出させます。

高校生にもなると多少は大人扱いできるので中学生とは違った楽しさがあり、休日に彼らを1対1で見てあげるのは私にとっても気分の切り替えという効用があるようです。また、苦手科目も積極的に相談に乗ることにしてみると、教えているうちに私も理解が深まり、生徒には感謝される。こんないいことはありません(笑)

教室風景

思い立って教室の写真を撮り直しました。神谷塾HPの「教室風景」のページに載せてあります。
一部はここにもアップしておきますね。

教室入口付近から奥を見たところ。


教室奥から入口付近を見たところ。


“島”は現在4つ。島の形や数、位置は、生徒の在籍状況によって、また私のそのときの気分によって(笑)、正確にいうといちばん生徒を指導しやすい形態になるように、随時変化します。

最後にビルの外観。神谷塾は2階の右端です。1階は9月30日まで「サンクス」が入っていましたが、現在は空室です。サンクスが撤退して1か月経ちました。早くどこか入らないかなあ。



ペンと記号を追加した

このブログのいちばん最初の記事「ごあいさつ+4種類のペン」で、こんな↓ことを書きました。(2006年6月)

…マルを付けてあげる際のペンですが、「神谷塾式」では4種類用意します。赤色の細いペン赤色の太いペン青色の細いペン青色の太いペン。最初は「赤細」でマルとバツを付け、お子さんが自力で直した2度目は「赤太」でマルとバツ。ヒントを出したあとは「青細」でマルとバツ、それでも解けなかったものには、最後に「青太」でマルを付けます。「赤細」か「赤太」のマルが付いているものは、自力で正解に至ったものですから、まず大丈夫でしょう。「青細」と「青太」のものは、そのときは自力ではよくできなかったものなのですから、あとでしっかり復習したほうがいいですね。


このようにしていましたし、今でも実行していますが、どうも4種類では足りない気がすることも多かったのです。それで、この夏からもう1色増やしました。教わる方も教える方もたいそう苦労した、というようなときに、後で見てすぐわかるように水色のマーカーででかでかとマルをつけることにしました。

もうひとつ、かなり前からずっと考えていた問題があります。個別指導を受けている生徒たちの多くは頻繁にケアレスミスをします。数学で言えばマイナスがなかったり単位を間違えたり。英語なら、筆頭は三単現のsであり、複数形のsであり、母音の前のanであり、クエスチョン=マークであります。英文はしっかり過去形で書いてあるのに現在形で訳してみたりもする。make の過去形が maked などとなっていたりもする。

何でもないことを「あっさり間違える」--と私は言っているのですが--のはいったいなぜなのか。そして、どうしたらこの「あっさりミス」を減らせるだろうか。生徒の出してくるものにマルバツをつけながら、ずいぶん考えました。

「あっさりミス」が発生する原因は、たぶん私や学生スタッフにも、生徒たち自身にも、あるのでしょう。私やスタッフがマルをつけるので、生徒たちは間違っていたら間違っていると教えてもらえる。間違っていたらそれを直してまた出せばいいから、とりあえず出してみればいい--

全部がそうではないとしても、テキトーに答を書いていることは少なくないように思えます。じっさい、最初はノーヒントで返して直させるのですが、間違っていると指摘さえされれば一発で直るのです。それならば、どうして最初から正解を書けないんだ…!

こういう方式でやっている以上は、避けられない現象なのでしょうか。試験ではないのだし、間違っていても実害はありませんが、そういう緩い心構えで勉強していていいとも思えません。

いや、実害はありました。大勢の生徒の「あっさりミス」をずっと見ていると、ああまただ、こいつもだ、このばかたれが…と、だんだんイライラしてくるのです(笑)

試験のような緊張のない状態で「あっさり」間違えていれば、試験の緊張下ではもっととんでもないミスをしそうです。普段はテキトーでも試験のときはちゃんとやれる、というのは、たいていの生徒にとっては当たらないでしょう。

折しも進学相談会のシーズンです。保護者の方にも「あっさりミス」がなくならないことを正直に伝え、解決策を探してるところです…という話をします。結局、本人がイタイ思いをしなければ直らないでしょうね、という点で同意を見て、半ば冗談で2つほどアイディアが出ました。

(1)「あっさりミス」ランキングを教室内に掲示し、時々刻々と更新する。マルバツをつけるたびに「中3Aくん、2つ追加」「中2Bくん、3つ追加」と、全員に聞こえる声で言いながらスコアをつけていく。

これは、ものすごく混んでいた上に「あっさりミス」も多くて疲れはてた日に、本気で実行しようと考えた手です。いくらなんでも陰険に過ぎるかな、と思いとどまったのですが(笑)

(2)ポイント制にして月末ごとに保護者に報告する。「あっさりミス」1回につき平常は1ポイント。道コンなどのときは1回5ポイントとして、<ひと月の間にたまったポイント数×10(円)>をお母さんに払いなさい。というもの。

たいていの子は毎月1000円くらいにはなるはずですよ、と言ったら、ぜひやってくれ!と多くのお母さんから支持をいただきました(笑)

「ポイント制」は私もなかなかいい手だと思ったのですが、記録をする余裕がありません。それで、とりあえず昨日から「あっさりミス」をしたことがあとでわかるように、緑色のマーカーででかでかとと横に書くことにしました。Aは「あっさり」のA。

「これは『あっさりミス』の記号だからね。こんなのを間違ってくれるなよ、という印だと思ってくれ」

そう説明しながら返します。やってみたら、私の感じる限りではなかなかいい具合です。余計な記号が増えて目障りだな…という表情の生徒が多い。嫌なんでしょう(笑)

こんなことで「あっさりミス」が減っていけばいいなと期待はしていますが、さてどうなるでしょうか。