FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と名古屋に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



冬の華

冬の華

久しぶりに教科内容の話題です。カテゴリに迷ったのですが中学理科的には「空気中の水蒸気」で地学。

いま北海道にはこの7年くらいで最強の寒波が来ているそうで、最低気温は-11~12℃になるし、最高気温が-8℃くらい。今日はやや穏やかで-6℃になるとの予報です。道外の方には意外かも知れませんが、現代の札幌では最低気温でも-10℃を下回ることは珍しいです。

仕事場のあるビルの廊下の日の当たらない窓に、氷の結晶がびっしり貼り付いています。その昔、中谷宇吉郎が「冬の華」と呼んだもので、空気中の水蒸気が窓ガラス周辺で凍ったもの。うまくご覧いただけるでしょうか。本当はにじり寄って見るととても綺麗なのですが、携帯のカメラではこのくらいが限界。

二重の窓ガラスの、ガラスとガラスの間の空間にあった水蒸気が、外側のガラスの内側(ややこしい?)に凍って付着しています。気体が液体の状態を経ずに固体になることを「昇華」といいますね(固体→気体も昇華といいます)。こういうのを見ると「昇華」という言葉が非常に的を射て、しかも粋な表現であるように思えます。

昔は関東あたりでも見られたようですし、本当に寒い時には私の故郷の愛知でも見られるのかも知れませんが、私は愛知とか東京でこれを見た記憶はありません。毎日こういうのを目にする生活というのもなかなか愉快なものであります。


地獄谷へ行ってきた

8月15日・16日の週末に、家族で登別温泉に行ってきました。登別には、次男がまだ赤ん坊の頃に行って以来、2度目。1泊2日で温泉に浸かって来ようというとき、登別は札幌から近すぎず遠すぎず、ほどよい距離にあって便利です。洞爺湖温泉に行って有珠山や昭和新山を見て…というのも考えましたが、火山を見たいのは家族では私だけ(笑)で却下されました。

登別温泉は硫黄泉・重曹泉が中心で、いわゆる「硫黄の匂い」、正しくは硫化水素の匂いがぷんぷんします(注:硫黄の単体は無臭です)。こういうクサイ温泉のほうが有り難みがあって、私は好きです。

さて、登別といえば地獄谷が有名。温泉の歓楽街の末端にあるので、非常に気軽に行けます。靴はちゃんと履いていったほうがいいですが。

zigokudani01

Wikipediaからちょっと拝借しますと…

【地獄谷】 日和山の噴火によって生じた爆裂火口の跡で、登別温泉の中心的な観光名所である。地表には小さな火口や噴気孔、湧出孔があり、ガスと高温の温泉が湧き出している。観光用の遊歩道が設けられており、散策が可能。

zigokudani02

危険区域を縫うように遊歩道が設けられていて、独特の景観の中を散策できます。近寄るほどに、硫化水素の匂いが強くなります。

zigokudani03
zigokdani05
zigokudani06
zigokudani07

また、ちょっと足を伸ばすと「大湯沼」まで登ることができます。またWikipediaから…

【大湯沼】 周囲1km、深さ22mの湯沼で、日和山の噴火によって生じた。大規模な湯沼であり、湯の表面温度は約40~50℃であるが、深いところでは約130℃と非常に高温になっている。過去にはこの湯沼から硫黄が採取されていたが、現在では行われていない。

zigokudani08

なお、夜間には遊歩道がライトアップされるのでやはり散策はできますが、景観は楽しめません。その代わり、満点の星を仰ぐことができます。

空気中の水蒸気(VS小2の次男)

今日は午後1時から5時までがフリータイム個別指導、夜は中2と中3の一斉指導でした。中2は数学「1次関数その1」(その3まである)と英語「 call A B の文」、中3は数学「2次方程式その1」(その2まである)と英語「現在完了形の完了用法」で、各120分授業です。

土曜の午前、指導や面談を入れていないときは、積極的に休養したり、子どもと勉強したりしています。今日は小2の次男と算数を少々やりました。いま「くりさがりのある引き算」を習得しつつあるところです。

さて次男は誰に似たのか、変なこだわりが強いと言いますか、「形から入りたがる」ところがあるやつです。私がよく仕事部屋にコーヒーを持ち込んでいるのを知っているので、「おとうと勉強するときは飲み物が要る」と主張します。それで、ふたりでコーヒー牛乳をグラスに入れ、氷を浮かべて「仕事部屋」に行きました。長男は朝早くから少年野球の練習に行っていて留守です。

「仕事部屋」というのはもとは私が自宅で仕事に使っていたのですが、次男が小学校へ上がったのを機に整理して、私と長男と次男の机を3つ「島」にして、それぞれの背後に書棚も置き、まるでどこかの塾の教員室のように(笑)している部屋です。

さて、算数の区切りごとにちょっとずつコーヒー牛乳を飲むわけですが、グラスの外側に水滴がついています。それを見た次男が
「どうして濡れるんだろうね~」
と言い出しました。チャンスです

ここで突っ込みを入れて、この現象を理解させることができるでしょうか。理科の教師の端くれとしては、腕の見せどころです。
[続きを読む]

テーマ:理科の学習 - ジャンル:学校・教育