FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



春の南紀を行く

愛知の実家にいる母を誘い、ゴールデン=ウィークを利用して南紀地方を車で旅行しました(二泊三日)。例年になく苦しい雪の季節を乗り切った身としては温暖なところへ行きたいという欲求が強く、検討の結果、和歌山県の那智勝浦に決めました。母も私も和歌山県には馴染みが無かったこと、世界遺産の地であること、火山もないのに温泉はちゃんとあること、ちょっと足を伸ばせば本州最南端の潮岬へも行けること、などが魅力でした。塾屋としては世界遺産がらみの社会見学というつもりだったのですが、印象が最も強烈だったのは地形の険しさで、期せずして地学巡検も兼ねることになりました。以下、南紀地方について出発前までに調べたこと、帰って来てから改めて調べて知ったことなども含めてざっとまとめておきます。

国道42号
 ▲国道42号線

那智勝浦町へは、愛知からでは東名阪自動車道-伊勢自動車道-紀勢自動車道-国道42号線というコースが標準的。紀宝町までが三重県、新宮市から和歌山県。愛知県人としてはお隣の三重県のことはなんとなくわかっていたつもりだが、車で走ってみると「なかなか三重県から出られない」という感覚。三重県は南北に長いのであった。

国道42号に入ると道が険しい。特に尾鷲市と熊野市の間がきつい。紀伊半島の南部は山地が大半を占めるので、ある程度予想はしていたものの、すぐそこが海だというのにまるで急峻な峠道を走るように険しい。写真に納めておこうかと思う場所に限って車を停めるスペースがない。舗装された道路があるだけありがたいと思うべきだろう。道幅に余裕はなく、しかも交通量はそれなりにあるので、慎重な運転が必要だ。片道300 km強というところだが実際の距離以上に長く感じられる行程。わが故郷・知多半島の先端付近もわりあい山からすぐ海だけれど、スケールも運転の難度も全然違うのだ。熊野市から先はおおむね海岸沿いに行くので楽になる。

那智勝浦町から潮岬のある串本町まではリアス式海岸で、潮岬周辺はまた山道。随所に標高を示す掲示が出ているのはもちろん津波を警戒するため。潮岬のそばには「橋杭岩」などの奇岩群が続き、見とれていると運転を誤りそうになる。なお、1886年のノルマントン号事件は潮岬のそばで起こったものである。

潮岬
 ▲潮岬

橋杭岩
 ▲橋杭岩

潮岬を訪ねた後、那智山へ向かう。母が若干歩行不自由なので、車で行けるだけ行く。山中の寺社を訪ねるとよく経験する急勾配の山道で、あちこち補修工事中だった。国道42号も険しいが、ここはもう乗用車で走れる限界のような場所。四駆の軽で行くのがお勧めで、8人乗りのワゴンなどで行くのはやめたほうがよい。朝からの断続的な雨で那智山はガスっていたが、那智の滝は道路から上半分が見えた。歩いて滝壺付近まで行けば全貌が見えたわけだがそれは断念。

熊野那智大社
 ▲熊野那智大社

那智の滝
 ▲那智の滝

【メモ】紀伊半島の地質・地形・気候

紀伊半島
 ▲紀伊半島の地形

中央構造線
 ▲中央構造線

和歌山県の地質
 ▲和歌山県の地質

紀ノ川北岸沿いに中央構造線(関東から九州へかけて西南日本を縦断する大断層系)が走り、その南側の大半を紀伊山地が占める。紀伊山地は四国山地と同じく、フィリピン海プレートが南海トラフで西南日本の乗るユーラシアプレートの下に沈み込む際に、ユーラシアプレートの南端を押し上げられることによって形成されたと考えられている。浸食が著しいため地形は険しく、最高峰は1915mの八経ヶ岳(八剣山)と際立った高山こそないものの、どこまでも続く山々と谷に覆われている。

和歌山県内では北から南に向かって三波川帯、秩父帯、四万十帯と呼ばれる地帯が並び、全体に南の方ほど新しい地層で、熊野地方には四万十帯の後に堆積した熊野層群がある。熊野層群は隆起した後マグマの貫入を受けたため火成岩が分布する。この地域の温泉は火成岩の分布と関係があると思われる。

三波川帯…中生代ジュラ紀(約2億年前)、広域変成作用という強い圧力や熱のはたらきにより堆積岩などが結晶片岩などの変成岩になった地帯。

秩父帯…中生代ジュラ紀~白亜紀(約3億~7000万年前)に堆積した地帯。砂岩や泥岩にチャートや石灰岩も混じる。

四万十帯…おもに中生代白亜紀~新生代第三紀(約1億年~2000万年前)にできた付加体(海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込むときに海洋プレート上の堆積物が大陸プレート側に付け加えられたもの)。紀伊半島では北から南へ日高川層群・音無川層群・牟婁層群と呼ばれる地層が並び、この順に新しい。

海岸部には、海食や地質活動の結果生じた、変化に富んだ奇観が多数見られる。新宮市から勝浦湾を経て本州最南端の潮岬まではリアス式海岸の景観を見せるとともに、太平洋岸には海蝕地形(海蝕洞・海蝕崖)がよく発達している。

橋杭岩(はしくいいわ)…大小約40の岩が南西一列に約850 mもの長きにわたって連続してそそり立っている。直線上に岩が立ち並ぶ姿が橋の杭のように見えることからこう呼ばれている。泥岩層の間に火成活動により、石英斑岩が貫入したもので、貫入後に柔らかい泥岩部が速く侵食され、硬い石英斑岩が杭状に残されたもの。

この地域は黒潮の影響を受けて温暖である。暖帯常緑広葉樹林(照葉樹林)が分布し、その林床には本来は亜熱帯を本拠とする植物も生育するほどである。また、串本近辺の海域は海中景観に優れ、日本で初めての海中公園に指定されている。イシサンゴ類や熱帯魚類が見られるほか、とりわけ潮岬の周辺や二木島付近ではサンゴが広範に生息している。

【メモ】紀伊半島南部の交通

急峻な山岳が大部分を占めるため、交通の便はよくない。霊場として著名な熊野本宮があるため古くから徒歩および船便が発達していたが、それらが使われなくなった後、それに代替する交通機関に乏しい。いわゆる熊野古道は山間尾根部を縦走しているが、現代的な交通手段ではこれらは利用しがたい。

現在の主要な幹線は海岸線沿いを通るもので、山間部では交通路の発達が悪い。内陸に入る道は、各河川沿いに入るものが多い。北部では中央構造線沿い運行通が発達し、その北ではやや山が少ないため、コースの自由度は高くなる。鉄道は、亀山市(三重県)から和歌山市までの海岸部に紀勢本線があるが、人口希薄地帯が広がるうえ厳しい山岳地形にも阻まれて、紀勢本線の全通は1959年と、主要幹線の中では非常に遅かった。鉄道網は発達せず、特に十津川村などの奈良県南部は広大な鉄道空白地帯となっている。

【メモ】世界遺産

熊野古道
 ▲熊野三山と熊野古道

紀伊山地は険しい地形がよく発達しているため、平安時代以降、山岳仏教や熊野信仰、修験道が非常に栄えた。こうした歴史を背景として、2004年には「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されている。

熊野三山…熊野本宮大社(奈良県本宮町)、熊野速玉大社(新宮市)、熊野那智大社(那智勝浦町)の3つの神社の総称。仏教的要素が強い。日本全国に約3千社ある熊野神社の総本社。熊野三山への参詣は907年の宇多法皇の熊野行幸が最初とされ、その後、白河上皇が1090年から合計9回の熊野行幸を行ったのをきっかけに、京都の貴族の間に熊野詣が頻繁に行われるようになった。後白河上皇も33回の熊野行幸を行っている。江戸時代に入ると、伊勢詣と並び、熊野詣は広く庶民も行うようになったといわれている。

熊野古道…熊野三山へ通じる参詣道の総称で、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府に跨る。明治維新後、神仏分離令により熊野古道周辺の神社の数は激減。熊野詣の風習も殆どなくなってしまった。熊野古道自体は、大正から昭和にかけて国道が整備されるまで、周囲の生活道路として使用されつづけた。

【メモ】那智山

那智勝浦の内陸部にある那智山一帯は、那智原始林の深い自然林を擁し、日本最長の那智滝がある。また、那智滝を神体とする自然信仰を基盤とした聖地でもあり、古来の様相を今に伝えている。

熊野那智大社…野三山のひとつ。朱塗りの拝殿の奥に立ち並ぶ熊野造の社殿は江戸時代に大改修されたもので、国造り神話の神々と那智の滝の神が祭られる。宝物殿には熊野信仰の歴史を伝える貴重な資料や遺宝を展示。

那智の滝…那智四十八滝の中の一の滝であり、那智山の深い原始林を切り裂くように落下する様子は迫力満点。落差133 mは日本一で、最大幅13 m、滝壺の深さ10 m。毎秒1 tもの水量があり、華厳滝や袋田の滝とともに日本三名瀑のひとつに数えられる。古くは自然を崇拝する原始信仰の対象であり、修験道の道場でもあったが、現在は熊野那智大社の別宮・飛瀧神社の御神体として祭られる。

〔メモの部分はWikipediaなどを参考にしました〕

中学地理教科書の踏み込んだ記述

地歴講座の準備で中学生の教科書を必ずチェックする。今年度は新しい指導要領が正式に実施され、教科書もすべて新しくなった。そして厚みが増し、記述の深みも増した。中学の社会科では特に地理で目覚ましいものがある。

まず、前の前の指導要領ではもともとそうだったのだが、世界地理ではほぼ世界各地を、日本地理では日本の全地方を、それぞれ取り上げるようになった。これだけでも随分改善されたと思うのである。

こう書くと、最近の中学生の学習内容にあまりお馴染みでない向きには「そんなの、当たり前じゃないの」と思われるであろう。いや、それがですね、ついこの間までは「当たり前」じゃなかったのですよ。1節を設けて「各論」としての記述があったのは、世界地理ではアメリカ合衆国と中国とフランスだけ。日本地理では岩手県と福岡県と東京都だけ。たったこれだけ。あとは「全体を眺めてみましょう」で済まされていたのである。

他の科目はさておき地理という教科は、各論をやらずに総論ばかりやってもモノにならない。細部をおろそかにして全体を俯瞰することはできない。地図と首っ引きにして、ここにこんな川が流れている、こんな都市がある、と新鮮な気持ちで眺める機会を持たなくてはいけない。それでこそ、たとえば「世界の小麦の大産地の共通点」などという話が意味を持ってくるのである。

だから神谷塾ではSee-beを導入した2007年から地歴講座の地理では各論をしっかりやってきていて…と自慢話のような苦労話のようなことを書くはずではなかった。教科書の厚み・深みのことであった。

地歴講座の地理では最近「北アメリカ」を取り上げた。まあ、40分×2回くらいの時間では、ほとんどはアメリカ合衆国の話に終始せざるを得ない。前の教科書にも「アメリカ合衆国」はあり、話題は十分に揃えてあったつもりであった。

ところが、新教科書をちゃんと読んでみるとけっこう凄いことが書いてある。私の手許には札幌市で採択されている教育出版の教科書しかないのだが,人種差別と経済格差の問題や,超巨大企業による世界市場の支配など,以前は見かけなかったような詳細な記述が目に付く。率直に(以前は考えられなかったことだが)読んでいて面白い。教科書にここまで書いてあるからには、神谷塾の講義のネタもしっかり仕込み直さなくては、と思ったのである。

こんなコラムもある--

 アメリカ合衆国には,陸軍,海軍,空軍,海兵隊の4部隊で構成される軍隊があります。軍隊の規模は,正規軍は154万人,予備兵力も98万人にのぼります。軍事予算は5359間億ドル(2008年)で,世界の軍事予算全体の約半分を占めており,アメリカ合衆国は世界最大の軍事大国となっています。また,米軍の兵力の約10%は外国に駐留しています。2007年には,ドイツに約6万人,日本に約3万人が配置されていました。アメリカ合衆国は,経済力は先端技術においても世界最大の国です。そうしたアメリカ合衆国を中心とした世界の秩序を保つため,世界的な規模で軍事力は強められています。
 第二次世界大戦後,アメリカ合衆国が軍事力を強める背景となたソ連との冷戦は,1989年に終結しました。しかし,2001年9月11日には同時多発テロが発生し,初めてアメリカ本土が攻撃されました。これに対し,アメリカ合衆国は,テロ行為を行った勢力が潜んでいるとの理由からアフガニスタンを攻撃しました。こうした新しい脅威に対するため,アメリカ本土の防衛を重視するとともに,世界的に展開する米軍の配置を再編成する計画が進められています。計画では,世界のどこにも迅速に展開する能力を高めるため,友好国との連携が強められています。その最も重要な拠点がイギリスと日本です。
 世界最大の軍事力を支える軍事産業は,アメリカ経済に大きな影響をもっています。このため,戦力の配備や軍事作戦において,軍事産業の利益が優先されるおそれがあります。また,多大な兵力を派遣しているアフガニスタンやイラク戦争での犠牲者が増えており,志願制による兵力の確保が難しくなっています。さらに外国基地については,安全保障の面から駐留を歓迎する受入国がある一方で,アメリカ軍兵士による犯罪や基地の騒音,環境汚染などの問題が絶えないため,その撤退や移転を求める声があります。そのほかにも核兵器の廃絶や軍事費の削減など,米軍が直面する問題は少なくありません。
(教育出版『中学社会・地理 地域に学ぶ』p.87,赤字は神谷 )


アメリカ軍は、アメリカの軍事産業の都合にのっとり、またアメリカ資本の企業のグローバルな展開を支えるために世界に駐留し、一方で狼藉をはたらいているのですよ…と言っている。

なんだか高校生向け「政治・経済」の副読本のようである。中学生に読ませるために表現は全体に穏やかではあるが,中学の教室で米軍の本質に迫ることの可能な記述ではないだろうか。よくここまで書いた,いや書けたものだと感心する。そして,この文章が載っている教科書がよく文科省の検定を通ったなとちょっと不思議な気もしている。

もしかして,政権が民主党にあったからなのだろうか。民主党も結局アメリカの言いなりであったが,教科書検定官の仕事は自民党政権のころよりは緩かったのだろうか。だとしたらちょっと惜しかったな、と思う今日この頃である。



飛騨白川郷

GWの休暇を利用して、合掌造りで知られる岐阜県・飛騨の白川郷(白川村荻町)を訪れました。

白川村は岐阜県の最北端で富山県・石川県に隣接しています。庄川の河岸段丘に発達した農村で、歴史は12~13世紀まで遡るようです。農業のほかには養蚕も行われ、合掌造り家屋の2階・3階がその作業に使われていました。他には塩硝(硝石。硝酸カリウムを主成分とする鉱石で火薬の製造や肉の保存に用いられる)の産地でもあったようです。現在も600人を越える人が暮らし、田畑を耕しながら合掌造り家屋の保存に力を注いでいます。

白川郷(荻町地区)の450戸ほどの家屋のうち、伝統的な合掌造りのものは114。他は近代的な切妻屋根の家屋がよく見られます。昭和の高度経済成長期には白川村にもダム建設の波が押し寄せ、合掌造り家屋の保存のため荻町への移築が進み、「白川郷合掌村」として公開を始めたということです。1995年にはユネスコから世界遺産に登録されました。

和田邸左は国指定重要文化財「和田家」。白川郷の合掌造り家屋の中で最大規模のもので、江戸初期の建築とされています。和田家は代々庄屋や番所役人を務めるとともに塩硝の取引によって栄えたとのことで、家屋の大きさもさることながら庭園や居間・仏間など豪華で、高級な漆器など生活用具にも往時の裕福さが感じられます。現在も和田家の住まいとなっていますから、「ここから先は生活空間なので入らないで」という断り書きがあちこちにありました。自宅に観光客がぞろぞろ出入りするのではご苦労が多そうであります。


合掌造内部1(以下の写真は何軒かの内部を取り混ぜてセレクトしたものです)

合掌造りの家屋は基本的に3階建て。1階には土間があり、居間があり、居間には囲炉裏があり、と(私も農村の出身なので)見慣れた農家の風景です。が、階段を昇って2階に入ると、よく知っている愛知県地方の農家の造りとはずいぶん異なりました。屋根は三角形で、2階以上はそのまま「総屋根裏」という様子です。丸木が縄で固定され、茅葺き屋根の裏側は重量感たっぷり。


合掌造内部4合掌造内部5

合掌造内部2合掌造内部3
右は蚕の繭の入った「回転まぶし」という道具。2階以上は養蚕の仕事場に使われていたのですね。

白川郷全景
最後は白川郷の全景です。60mほど小高くなっている展望台から。まだ春が浅いので緑もまばらという感じですが、夏や秋には「日本の正しい農村」的美しい風景が一望できるはずです。また、(写真で見ただけですが)冬の雪景色も素晴らしいようです。