FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と名古屋に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



「拡大地歴講座」の拡大

地理・歴史とも1回1テーマずつやることにした今年度の地歴講座。公民をどうしようか…と実はずっと気になっていたのを、やることにしました。ついでといってはいけませんが、地歴講座にせっかく中3生も聴講に来てくれているのだから、地理・歴史を話し終えたその後の少しの時間、彼らのために一席ぶつことにしたのです。

例年の中3生のことを考えると、公民は攻略しにくい科目のようです。近現代史や思想史とからんで難しい部分があるし、選挙に行ったこともないのに選挙のことを勉強させられる。経済に至っては私にもよくわかってないところがある(★)のですから、中学生にはもっと難しいはずです(たぶん)。

★恥を忍んで白状しますと、たとえば「高度経済成長」。日本人がみんな勤勉に頑張って豊かになったということですが、それだけでは日本全体の冨は増えませんよね。頑張って工業生産を増やし、輸出を増やし、外貨を稼いだから日本全体の冨が増加したのだ、と私は理解しているのですが、外貨を稼いだ=外国の冨をむしり取って豊かになった、という意味の説明を見たことがありません。そうじゃないかなーと思いつつ、確信が持てずにこの歳になっています。(どなたかのご教示を賜りたいです)

私は前の職場では地理も歴史も公民もわかったようなフリをして中学生に授業していましたが、「数理英重点指導」の神谷塾を開いてからは基本的に社会科は学校任せでした。だって、中学校には社会科専従の先生がいるのだし、私は地理は多少は強いつもりだし歴史も好きだけれど、(威張ることではありませんが)社会科は素人なんですからね。

ところが、先々週ある中3生のお母さんと早めの進学相談会をしたら、うちの子は歴史は好きなんですけど公民が大嫌いで…という話になりました。学校で公民を教わる先生ともソリが合わなさそうなので心配だそうです。せっかく成績はいい感じで上向いているのに、肝腎の中3で
公民大嫌い+先生も嫌い→勉強したくない
ではまずいのです。

神谷塾の進学相談会は、雑談を含めて1ご家庭につき1時間くらい、あれこれと喋ります。喋っているうちに懸案事項の解決法を思いつくことがありますし、今回のように新しく始めるべき仕事のヒントを得ることもあります。それでだんだん指導のメニューが増えて忙しくなっていくと(笑)。

…というわけで、4月21日の地歴講座から早速やることにしました。地理・歴史のように1枚にまとめた資料とか一問一答だとかを用意する余裕はないのですが、地理・歴史のあと15分くらいを充てて、See-beのコンテンツを1テーマずつ一緒に見るというものです。

幸いにして、生徒たちが私の塾に通い、地歴講座にも熱心に来てくれているということは、少なくとも私とソリが合わないということはなさそう(笑)ですし、私のする地理や歴史の話にも抵抗はないでしょう。だとすると、私が公民の話をしても抵抗なく聴いてくれる見込みはあります。また、これまた幸いにして、See-beが興味深い映像をいろいろ用意してくれています。公民にも少なくない「実映像があれば印象に残るだろう」という項目は効果的に学習してもらえる見込みがあります。

さて、地理・歴史・公民と授業してみてわかったことは、たいそうくたびれる(笑)。ただ、科目が途中で切り替わるので、くたびれているなりに力が抜け、しかも新鮮な気分で次に入れるので、やっていてなかなか楽しい。たとえば歴史だけ3テーマやるとしたら、19:30からの2時間半では絶対に足りませんし、私も生徒も参ってしまうでしょう。

なお、講座の名称は「地歴講座」のままです。地歴公民講座ではくどいのと、公民は気楽に聴いてほしいというニュアンスも持たせたい。「数理講座」でも英語をやっていますから、その辺りはずぼらでいいのです。

この記事に対するコメント

とおりすがり様、はじめまして。
神谷塾のHPなどもよくご覧くださっているんですね…ありがとうございます。

「外国の富を云々」というのは、日本が経済成長を遂げる一方で、そのために富を奪われた国があったのじゃないかという懸念がある、といった意味合いで書いたことでした。

このあたりのことはグローバル(マクロ?)経済学というのを学べば少しわかってくるのでしょうか。
小塩隆士氏の本をもう一度読んでみてから、お薦めに従いまして、
まずはクルーグマン教授の教科書にあたってみようかと思います。

経済学だけじゃないんですね…。
憲法の話をするにしても法学の基礎はきっと必要だと、私も日ごろ感じています。
諦めずに勉強していくつもりです。
【2008/05/14 13:01】 URL | 神谷@管理人 #-[ 編集]

ニコラウス・ビーバー『親子でまなぶ 経済ってなに?』主婦の友社
は振り仮名付きで青少年向けですが、大人にもためになります。意欲ある生徒さんにお勧めください。

「外貨を稼いだ=外国の冨をむしり取って豊かになった」と素朴かつ排外主義をあおりかねない危険な誤解をなさっていますが、
小塩隆士さんの『教育を経済学で考える』をお読みなんですから、もうすでに経済学の素養をある程度お持ちのはずです。落ち着いて勉強しなおしてみてください。

中学高校までの社会科教育の最大の問題は、そこに「理論」がないことです。
理科は大学で学ぶ自然科学への準備として、ある程度理論的な学習が行われるのに、
社会においては情報が詰め込まれるだけで、
なんら理論が教えられません。
おそらく教師も理解していません。
しかし経済学の理論なしに経済を学んでもわけが分からないだけですし、
基本的な法的思考法を学ばずに憲法の知識だけ詰め込んでもむなしいだけです。
御苦労お察しいたしますが、どうにかならないものでしょうか。
【2008/05/14 12:39】 URL | とおりすがり #-[ 編集]

とりあえず
『クルーグマン教授の経済入門』日経ビジネス人文庫
野口旭『グローバル経済を学ぶ』ちくま新書
あたりからどうぞ。
【2008/05/14 12:28】 URL | とおりすがり #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/133-4fc7cff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)