神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
現在、妻と息子2人(大学2年・高校3年)と大型犬1頭。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



洋楽のすすめ(16) BILLY JOEL:HONESTY

(2017年6月14日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)



ビリー=ジョエルを取り上げるのは2度目です。今回の『オネスティ』は1978年の作品で作詞作曲は本人。日本で特に人気が高く、最初のベスト盤(写真)ではアメリカ盤には収録がなく日本盤にだけ追加されたそうだ。

honesty に対応する日本語は「誠実」。詞の中の truthfulness や sincerity も同じだと思っていいだろう。彼はデビュー当時鬱病に苦しんでいたが1977年のアルバム『ストレンジャー』のヒットで立ち直った。これはその頃に書かれた曲である。闘病時の心情に通じるような部分もあり、人によっては身につまされるのだろうか。アメリカでの人気が今ひとつなのも、歌詞が渋すぎるからかも知れない。

If you search for tenderness
It isn't hard to find
You can have the love you need to live
But if you look for truthfulness
You might just as well be blind
It always seems to be so hard to give

   求めているのが優しさなら 見つけるのは難しくない
   生きるのに必要なくらいの愛なら手に入れることはできる
   だが誠実さを求めるなら 盲目になったほうがましだ
   どんな時も相当に(他人に)与え難いもののようだから

Honesty is such a lonely word
Everyone is so untrue
Honesty is hardly ever heard
And mostly what I need from you

   「誠実」とはとても淋しい言葉だ
   誰もがあまりに不誠実だから
   「誠実」と耳にすることはめったにないが
   それこそは僕が貴女に求めるほとんどすべてのものなのだ

I can always find someone to say they sympathize
If I wear my heart out on my sleeve
But I don't want some pretty face to tell me pretty lies
All I want is someone to believe

   「同情するよ」と言ってくれる人はいつでも見つかる
   心の内を隠さず打ち明ければ
   だが綺麗事の顔をして綺麗事の嘘をつく奴は要らない
   僕が欲しいのは信頼できる誰かだ

I can find a lover
I can find a friend
I can have security until the bitter end
Anyone can comfort me with promises again
I know, I know

   恋人でも友人でも見つけられる
   苦い結末が訪れるまでの安心なら手に入れることもできる
   また誰かが約束の言葉で慰めてくれるだろう
   そうとも、わかっている

When I'm deep inside of me
Don't be too concerned
I won't ask for nothin' while I'm gone
But when I want sincerity
Tell me where else can I turn
'Cause you're the one that I depend upon

   僕が深い思いに浸っている時は あまり心配しないでほしい
   そんな時は何も求めないから
   だが誠実さを求めた時は 貴女以外の誰に頼れるだろう
   貴女は僕が頼れる唯一の人だから

might[may] as well~で「~したほうがいいだろう」。
hardly everで「めったに~しない」。
whatは先行詞を自身の中に含む関係代名詞で、「~するもの[こと]」。
直訳すると「心を(服の)袖から出して身につけていれば」。
where以下はwhere else I can turn(間接疑問)と思えばよい。直訳で「他のどの場所に向かうことができるか教えてくれ」。


洋楽のすすめ(15) AUDREY HEPBURN:MOON RIVER

(2017年5月29日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)



オードリー=ヘプバーン(1929~1993)はイギリスの女優。1953年の映画『ローマの休日』の王女役に抜擢されて一躍世界の大女優に昇り詰めたことはあまりにも有名だ。「ムーン=リバー」は1961年の映画『ティファニーで朝食を』の挿入歌で、オードリー演じる主人公ホリーがアパートの窓辺でギターを爪弾きながら歌うもの。作詞ジョニー=マーサー、作曲ヘンリー=マンシーニ。Moon Riverは作詞家の故郷であるアメリカ南部にある実在の川らしい。

Moon River, wider than a mile
I'm crossing you in style some day
Oh, dream maker, you heart breaker
Wherever you're going, I'm going your way

   ムーンリバー はるかに広がる川 /いつの日か貴方を渡ってみせる 
   ああ 貴方は夢をくれるけど 夢を壊すのも貴方
   貴方がどこへ行こうと 私はついて行く

Two drifters, off to see the world
There's such a lot of world to see
We're after the same rainbow's end , waiting round the bend
My Huckleberry Friend, Moon River, and me④


   二人の流れ者 世界を探しに旅立つ /見たいものが沢山あるから
   私たちは同じ虹の足を追い求める /落ち着かない気分で待ちながら
   私の懐かしい友達、ムーン=リバーと私

youはMoon Riverを指す。現在進行形はここでは未来を表す。in styleは「立派に、颯爽と」。
afterは「…を追い求めて」。rainbow's end は虹が大地に届くように見える場所。「求めても得られない夢」のたとえとしてThere is a pot of gold at the end of the rainbow. 「虹の端には金の壺がある」という表現がある。
bendは「曲げる[曲がる]こと」、round the bendで「頭が変な、逆上した」 だがどうにも意味不明である。すぐ前のendとこのbendで韻を踏むため だけにこの語を置いているとしか思えないのだが…
huckleberry(ハックルベリー)は北米産の果樹(とその果実)。作詞家によるとhuckleberry friendは「故郷の懐かしい幼馴染」を意味するらしい。

何を言っているのかわからないところの多い詞だが、「故郷の川」や「懐かしい幼馴染」を思う美しい歌として愛されている曲である。なお、作曲のマンシーニはテレビドラマ『刑事コロンボ』や映画『ひまわり』『ピンク=パンサー』などの主題曲でも知られている。


洋楽のすすめ(14) QUEEN:WE ARE THE CHAMPIONS

(2017年5月10日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)

queen

クイーンはロンドン出身の男性4人のロックバンド。デビューは1973年。メンバー名と主な担当は写真右下から反時計回りにフレディ=マーキュリー(リードボーカル)、ブライアン=メイ(ギター)、ジョン=ディーコン(ベース)、ロジャー=テイラー(ドラムス)。'91年にフレディが死去、'97年にはディーコンが引退したが、残った2人がゲストを迎える形で現在も活動中である。

We are the champions は1977年の作品で作詞作曲はフレディ。クイーンの代表曲のひとつで、フレディの傑出した歌唱力とコーラスの美しさに感嘆させられる(YouTubeでアカペラ版を探して聴いてみてほしい)。なお2011年にはイギリスの音楽総合サイトNMEから「音楽史上最も憶えやすいキャッチーな曲」に認定されている。

I've paid my dues  代償を払ってきた
Time after time  何度も何度も
I've done my sentence   罰を受けてもきた
But committed no crime   だが何の罪も犯しちゃいない

And bad mistakes - I've made a few  ひどい失敗も少しはした
I've had my share of sand kicked in my face
      顔に砂を蹴りつけられることもそれなりにあった
But I've come through  でもやり抜いてきた
(And I need to go on, and on, and on, and on)
      進み続けなくてはならないんだ 進む 進む 進むんだ

We are the champions, my friends  我々は勝者だ 友よ
And we'll keep on fighting till the end  最後まで闘い続けるんだ
We are the champions  我々は勝者だ
We are the champions  我々は勝者だ
No time for losers  敗者に構っている暇はない
'Cause we are the champions of the world   世界の勝者なのだから

I've taken my bows   喝采に応えてきた
And my curtain calls  カーテンコールにも
You brought me fame and fortune  僕に名声と富をもたらしてくれたね
and everything that goes with it   それに伴うすべてのことも
I thank you all  皆に感謝しているよ

But it's been no bed of roses   安楽な生活などなかった
No pleasure cruise   愉快な道程でもなかった
I consider it a challenge before the whole human race
      だがこれは挑戦なんだ 全人類が見守る前での
And I ain't gonna lose   負けるつもりはない

 sentence は「刑罰」やその「宣告」。
 commit a crime で「罪を犯す」。
 share は「(仕事などの)割り当て、分担」。 have (人)'s share of … で「その
 人なりの…がある、それなりに…を引き受けている」となる。
 洋楽でよく見かける 'cause は because を簡略にしたもの。
 bow は(「弓」が転じてだと思うが)「お辞儀」。 take (人)'s bow で「(興行・演奏などの終わりに)お辞儀をして拍手喝采に応える」。
 go with … は「…に付随する」とか「…に調和する」。
 a bed of roses は直訳で「薔薇の花壇」。
 pleasure cruise は直訳で「愉快な船旅」。
 これまた洋楽でよく見かける ain't と gonna 。 ain't = am [is, are] not 、 gonna = going to で、⑨= And I am not going to lose となる。 ain't も gonna も先の 'cause も標準語ではないので学校では遣わないこと。

自らの成功への道を歌う驕(おご)った曲…のように思えなくもなく、じっさい発表当時は音楽業界からもファンからも批判があったらしい。しかしフレディは「ファンが気に入ってくれてライブで合唱できるような“参加型”の曲を作りたかった」のだそうだ。また後にギターのメイは「世界中の一人ひとりが勝者だと歌っている」と述べている。

歌えば誰もが歌の主役。すべての人に捧げた応援歌なのである。


洋楽のすすめ(13) ERIC CLAPTON:CHANGE THE WORLD

(2017年4月10日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)



エリック=クラプトンは1945年イングランド生まれのロック=ギタリスト、シンガー。ヤードバーズやクリームなどのバンドで弾いたのち1970年代半ばからソロ活動を本格化した。ギターの名手として知られるが、私生活は波乱万丈で、薬物依存症やアルコール依存症、4歳の息子の事故死も経験している。

『チェインジ=ザ=ワールド』はオリジナルではなく、1996年にアメリカのカントリー歌手W.ジャッドが歌ったのを同年にカバーしたもの。

If I could reach the stars  星に手が届くなら
pull one down for you  君にひとつ取ってあげる
Shine it on my heart  それで僕の心を照らしてくれ
so you could see the truth  僕の真実が見えるだろう
Then this love I have inside is everything it seems 
  そこには 胸に秘めたこの愛しかないと思うよ
But for now I find it's only in my dreams 
  でも今のところ それは夢の中のことでしかないようだ
And (if) I can change the world  世界を変えることができたら
I will be the sunlight in your universe  君の宇宙で太陽のように輝こう
You would think my love was really something good
  きっと君は思うだろう 僕の愛が本当に素敵なものだって
Baby, if I could change the world  ねえ 世界を変えられたらね

If I could be king even for a day  せめて一日でも王になれるなら
I'd take you as my queen  君を妃として迎えよう
I'd have it no other way  それ以外考えられないよ
And our love would rule in this kingdom we had made 
  僕らがつくったこの国では 僕らの愛が法律だ
Till then I'd be a fool  それまで僕はただの愚か者でいよう
wishing for the day  その日が来るのを待ちながら

 it seems (that) everything is this love…の語順を変えたものと思われる。
 for nowは「今のところ」。
 ruleは動詞で「支配する」。

メロディは耳に心地良く単語も平易。ぜひ口ずさんでみてほしい。


洋楽のすすめ(12) ELTON JOHN:YOUR SONG

(2017年2月22日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)

eltonjohn

エルトン=ジョンは1947年イングランド生まれのシンガー・ソングライター、ピアニスト、作曲家。ピアノ弾き語りが基本のスタイルである。

今回の曲(邦題「僕の歌は君の歌」)はデビュー間もない1970年の作品で、初期の代表作となっている。彼の曲の大半はバーニー=トービンという人が作詞していて、この曲もそうだが、詞が良かったからか作曲は30分で済んだという。特に第3パラグラフの4行目、How wonderful life is …に至る言葉の流れを味わってもらいたい。

It's a little bit funny, this feeling inside
I'm not one of those who can easily hide
I don't have much money but, boy, if I did
I'd buy a big house where we both could live


   少しおかしいんだ 胸の奥のこの感じが
   感情を隠しておくのが 僕は得意じゃない
   お金はあまりないけど もし持っていたら
   君と二人で暮らせるような大きな家を買うよ

If I was a sculptor, but then again, no
Or a man who makes potions in a traveling show
I know it's not much, but it's the best I can do
My gift is my song and this one is for you


   もしも彫刻家だったら またしてもあり得ないけれど
   あるいは巡業公演の一座の薬売りだったら とか考えるのさ
   (もっといい物をあげられるのにって)
   大したものじゃないのはわかってるけど 今はこれが精一杯
   僕の贈り物は僕の歌 君のための歌だよ

And you can tell everybody this is your song
It may be quite simple, but now that it's done
I hope you don't mind that I put down in words
How wonderful life is while you're in the world


   みんなに言ってくれていいんだよ これは君の歌だって
   シンプル過ぎるかも知れないけど 出来たてだ
   気にしないでくれるよね 歌詞にこんなことを書いたのを
   この世に君がいるだけで 人生はなんて素晴らしいんだろう

I sat on the roof and kicked off the moss
Well, a few of the verses, well, they've got me quite cross
But the sun has been quite kind while I wrote this song
It's for people like you that keep it turned on


   屋根の上に座り 苔を蹴散らした
   詞の何行かがうまく書けなくて ひどく不機嫌になった
   でも この歌を書いている間 太陽はずっと穏やかだった
   この歌は 君のようにずっと聴き続けてくれる人のためのものだ

So excuse me forgetting, but these things I do
You see I've forgotten if they're green or they're blue
Anyway, the thing is what I really mean
Yours are the sweetest eyes I've ever seen


   それで 忘れてしまってごめんよ 僕はよくやらかすんだが
   思い出せないんだ それがグリーンだったかブルーだったかをね
   いずれにせよ それは僕が本当に言いたいこと
   君の目ほど素敵な目を 僕はこれまで見たことがない

those who~で「~する人々」。関係代名詞who以下が先行詞thoseにかかる。
if I did, I would~は仮定法過去。現在の事実に反する仮定を表す。
whereは関係副詞で、where以下が先行詞a big houseにかかる。
turn onは「(テレビなどの)スイッチをオンにする」だが、ここでは「レコードをかける」。
theyは2行後のyoursを指す。彼女の目の色を思い出せなくて困っているのだ。