FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



連休には読書を

もうすぐ大型連休。10連休ではなくとも,この機会に普段は読めない厚めの本を読もうかとお考えの方もいらっしゃることでしょう(『週刊東洋経済』最新号で特集しています)。私も,今年1月に亡くなった梅原猛氏の『水底の歌 柿本人麻呂論』に挑戦しようと思っています。いわゆる古代三部作のうち『隠された十字架』と『神々の流竄』は若い頃から何度か読んでいるのですが,『水底の歌』だけ読めずにいたので。

さて,子供たちにとっても大型連休です。例年ですと登校しなくてはならない4月30日~5月2日も,ご承知のように今年に限ってはすべて休日。ここぞとばかりに特別な宿題が出たり部活があったりはするでしょうが,いつもより自由時間が増えるのは確かではないでしょうか。そこで--

子供たちも読書のための日なり時間を取れないものでしょうか。お勧めは「岩波ジュニア新書」などの新書です。一冊一冊テーマがはっきりしているので,普段は学校の朝読書だけという子にも,普段は小説が中心という子にも向いています。また,その道の専門家が中高生向けに書き下ろしているものなので,内容もしっかりしています。

一度お子さんを大型書店の新書売り場に連れて行ってあげてください。それはそれは膨大な量の本が並んでいて,全部見て回ろうとすると1日あってもたぶん足りません。だからお子さんとしては岩波ジュニアに絞って探すのがうまい作戦だと思うのです。ご本人が面白そうだと思う本を4~5冊,買ってあげてください。面白ければ最後まで読めばいいし,つまらなければ途中でやめていいからと。すると,お子さんも本気で自分にとって必要な本を探すのではないでしょうか。

これで新書の良さを一度知れば,そのうち必要に応じて大人向けの新書も探すようになると期待できます。そのうち,新書がいつも鞄に1冊入っている,というデキルやつに成長するかも知れません。いいでしょう?

そして,つまらないからとお子さんが中断した本がもしもあれば,お母さんかお父さんの本にすればいいのです。岩波ジュニアは大人の入門にも適していますので。



週刊あれこれ(2019.4.15~4.21)

某日 進学相談会。道コンの成績が出るたび,ご父母(お一人または両方)にご足労いただいて,道コンでの様子,受験対策,定期テスト対策,普段の勉強,部活,健康管理などなど多岐にわたってお話する。ご希望があれば本人も交える。姉妹で来てくださっている場合は二人分。また,塾生ではない兄弟姉妹の勉強や受験にアドバイスを差し上げることも。おおむね一ご家庭に1時間取っているのだが,こんな具合だから1時間で収まらないこともしばしば。この席で仕事上の重要なヒントをいただくこともあるので,神谷塾を始めて以来ずっと大切にしているのである。

某日 高校化学のメンテナンス。正確に言うと自分の頭の,高校化学に関する部分のメンテナンス。この日は「反応の速さと平衡」。ふだんは小中学生の面倒を見ている時間が圧倒的に長いので,高校内容は時々油を差さないと錆び付いて動かなくなるのだ。数学は特にそうなのでなるべく毎日,ジャンルを取り混ぜて2~3題解く。物理や化学は毎日とはいかないので,気になった項目を気になったときにすぐやる。

某日 高校化学のメンテナンス。生物がらみで「天然高分子化合物」。有機化学もずいぶん勉強してきたが,電子のふるまいなどは相変わらず難しい。死ぬまで勉強を続けるほかないと思う。

某日 高校化学のメンテナンス。「浸透圧」。希薄溶液の浸透圧の公式(ファントホッフの法則の式)になぜ気体定数が出てくるのか,忘れていたためである。

某日 コメダ珈琲店二十四軒店へ。コーヒーとCモーニング(小倉あん)を楽しみつつ,宇沢弘文『人間の経済』(新潮新書)と『週刊東洋経済』最新号を読む。後者はちょうど第2特集でスターバックスとコメダの戦略比較をやっていた。

4月20日(土) 理科講座の第2回。中1化学「物質の種類と密度」と中3生物「生殖と遺伝」「遺伝の規則性」。1回90分~120分で基礎から発展まで。実験・観察の動画を見せ,問題演習をしながらひととおり話す。理科だけで90分とは生徒も大変だと思うが,自由参加にも拘わらず毎年よく出席してくれる。資料と演習問題は毎年チェックをして修正・追加もする。中1は最初の講義になるので特に周到な準備をした。中1も中3も新作問題を混ぜたので前夜は残業になった。

4月21日(日) 押尾コータローのライブへ妻と。道新ホール。彼のライブに足を運ぶのは6回目(うち1回は世良公則とのジョイント)だ。札幌へ来てくれるときはだいたい日曜にやってくれるのでありがたい。今回は新しいCDの収録曲を全部やるという意欲的なステージ。途中で「戦場のメリークリスマス」など彼のスタンダードを交えてくれたのも嬉しかった。なお,今年のRising Sun Rock FestivalにDEPAPEKO(DEPAPEPEとのユニット)で出るそうである。




道コン資料活用法(4) 小学生道コンと高校入試

小学生道コンの個人成績票に「どんな高校に行けるかな?」という欄があります。受験生自身のSSを示すがあって,その左右に高校名が書かれていますね。各高校は合格者平均SS(道コンの)に従って並んでいますので,は「あなたのSSだと左右の高校の合格者の真ん中くらいですよ」という意味になります。

それはそうなんだろうけど,毎回なんだか,がっかりするんだよね…という方もおられるのではないでしょうか。わりあい好い成績だったはずのに,某高校にはまだまだ手が届かない。もっと努力せよということなんだろうけど,けっこうキツイ。もう某高校は諦めたほうがいいのかな?--とか。

どうぞ諦めないで努力を続けてください。中学生になればきっと変わってきます。その理由を書きましょう。

ひとつは,前々回(道コン資料活用法(2)に)書いた,中2や中1のSSの伸び悩みと同じと言っていいでしょう。問題に手加減があるので,差がつきにくく,SSが伸びにくい。今回の道コンでは小6の4教科の1位がSS69.5と控えめです。それに対して,各高校の合格者平均SSは中学生(中3)の道コンSSを使っています。こちらは最上位がSS75くらいになる試験なので,小学生道コンのSSをこれに参照すると,どうしても実力のわりには低めに位置することになってしまうのです。

もうひとつ。中学生になってからのほうが高めのSSを取りやすいという事情があります。小学生道コンの上位層の中には,中高一貫校に進み,中学生の道コンを受けなくなる人たちが一定数います。すると,身も蓋もない言い方になりますが,中学生になればそれだけで道コンSSは上がります。実力の伸びがなくても,たぶんSSで3~4くらいは上がる。

中学生になっても,中2までのうちはやっぱりSSは伸びにくいかも知れませんが,高校受験をする人たちだけの,高校受験のためのSSであり,合格可能性判定になりますので,ぐっと実情に合った数値が出てきます。それを楽しみにして,今は実力をつけましょう。



ヤマガラ

大きめの皿にヒマワリの種を盛って自宅のシラカバの枝に吊しておくと野鳥が来ます。写真は“常連”のヤマガラです。(撮影はうちの次男,今年1月)

嘴に種を銜えているのがおわかりでしょう。これを足で押さえつけ嘴でカッカッカッカッ…とつついて中身を器用に食べます。

ヤマガラ1



中学生の定期テスト対策について

神谷塾HPの「よくあるご質問」のコーナーに、中学生の定期テスト対策に関係する2項目を追加しました。ここにもアップしておきます。

Q:中学生の定期テスト対策はどのようにしていますか。

A:中学生の個別指導は、数学・英語の予習の部分を除けばほとんど中学の授業の後追いです。授業が先へ進んだら直ちにワークの該当箇所を解いてみて、学習内容の理解と定着を図るようにしています。すべて自力で解いてから指導しますので、実は「日々是テスト対策」と言えます。もちろん、定期テストが近づけば予習は中断して試験範囲の勉強に集中しますし、土曜・日曜にもフリータイムで指導します。これが当塾で「定期テスト対策」と呼んでいるもので、生徒の自主的な勉強を促すほかには特別なものは用意しておりません。しかし、当塾で用意するワークと不足を補うプリント類、それに加えて中学で用意されているワークの試験範囲をきちんと勉強しておけば、定期テストの準備としてはまっとうであり、必要にして十分でしょう。その中学のその学年の最高得点は取れないかも知れませんが、本人の実力相応の評定が取れるだけの成績を、当塾の生徒はしっかり取ってきています。

Q:中学生の指導に「過去問」は使わないのですか。

A:いわゆる「過去問」と呼ばれるものとしては、当塾ではまず高校入試の過去問、そして北海道学力コンクール(道コン)の過去問。すなわち世にオープンになっている、公正な手段で手に入るものばかりです。これらを十分に利用して、中学生の実力と答案作成能力の向上を図っています。