FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



洋楽のすすめ(33) THE BEATLES:WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS

(2020年2月12日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)



演奏の模様はたとえばこちらに。

本欄でのビートルズの7曲目。1967年のアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に収録されている。作詞・作曲はポール=マッカートニー&ジョン=レノン(主にポール)だが、リードヴォーカルはリンゴ=スターである。

リンゴは職人気質のドラマーで,他のメンバーほどヴォーカル指向ではない。それでもアルバム1枚につき1曲くらい、ジョンとポールがリンゴのために曲を書いた。代表的なのが今回の「ウィズ・ア…」だ。

最初の1行()だけ先に解説したい。< if …過去形… would +動詞の原形…>という形は仮定法過去という。(いくつかの用法のうち)ここでは「現在または未来についての仮定」を表すのだが、「そういうことはまずありえないが」という話し手の気持ちを含むことが多いのだ。つまり、「僕が調子を外して歌ったら」という文句には「調子を外したりは決してしないけどね」というニュアンスが含まれているわけである。さて、実はリンゴの歌がしばしば「調子っぱずれ」になるのは本人も他のメンバーもファンも承知だ。そのリンゴが歌の冒頭で堂々とこういうことを言うのだから楽しいではないか。

第3のフレーズ以下の( )の部分はリンゴ以外のメンバーが歌い、リンゴと問答する形になっている。やや調子っぱずれではあるものの、リンゴの素朴で穏やかな人柄が表れた心地よい歌である。

What would you think if I sang out of tune
Would you stand up and walk out on me
Lend me your ears and I'll sing you a song
And I'll try not to sing out of key

僕が調子を外して歌ったら 君はどう思うかな
立ち上がり 僕を見捨てて行ってしまうかい
少し耳を貸してくれたら 歌ってあげる
調子を外さないよう 努めるから

Oh, I get by with a little help from my friends
Mm, I get high with a little help from my friends
Mm, I'm gonna try with a little help from my friends

友達のちょっとした助けがあれば うまくやれる
友達のちょっとした助けがあれば 気分が高まる
友達のちょっとした助けがあれば やる気が出てくるんだ

What do I do when my love is away
(Does it worry you to be alone)
How do I feel by the end of the day
(Are you sad because you're on your own)

恋人がどこかへ行ってしまったら どうしよう
(独りぼっちになるのは心配かい?)
一日の終わりまで どんな気持ちでいるだろう
(独りでいるのは悲しいかい?)

(Do you need anybody)
I need somebody to love
(Could it be anybody)
I want somebody to love

(誰かが必要かい?)
そう 僕は恋人が欲しい
(それは誰でもいいの?)
愛せる誰かが欲しいんだ

(Would you believe in a love at first sight)
Yes, I'm certain that it happens all the time
(What do you see when you turn out the light)
I can't tell you, but I know it's mine

(一目惚れを信じますか?)
信じますとも そんなことしょっちゅうですよ
(灯りを消したとき君には何が見える?)
他人には言えないけど それはきっと僕の大切なものさ

try not to ~ で「~しないように努める」。 to ~ を否定するときは to の前に not を置く。
get by ( with … ) で「(…によって)どうにかうまく行く」。
I'm gonna ~ は I'm going to ~ の口語。学校の英語では遣わないこと。
it は後の to be alone を指す。 worry は他動詞で「…を心配させる」。
on one's own = alone 。「独りぼっちで」。
believe in … は、ここでは「…の存在を信じる」。
be certain that … は「…と確信している」。



週刊あれこれ(2020.2.3~2.9)

2月6日(木) 前日からドカ雪。今冬は雪が少ないと言われていたが,一日で一気に平年の積雪量を超えた。早朝から除雪に追われる。犬散歩は膝までの雪をラッセルしながら。

2月9日(日) 中3入試直前講習の第4回。
前日から今冬一番の冷え込み。朝方はマイナス20℃とかになっていたはずである。
採点をしていると,生徒各々がこの時期何を課題とするべきかが見えてくる。時間が足りないのが悔しいところだが,ぎりぎりまで頑張らせたい。公立高校入試まであと約3週間。

某日×3 2019年度の決算書を作成。帳簿は先週完成させた。国税庁のHPを利用すれば正味一晩でできるが,期限が迫っているわけでもなく,こんなことで疲れたくないので3日に分けて進める。

某日 上に続けて所得税の確定申告書を作成。これは一晩で済ませた。

某日 映画『前田建設ファンタジー営業部』を観る。「マジンガーZ」の格納庫を設計するというプロジェクトを,実在する中堅ゼネコンが2003年に実際に立ち上げた。もちろん脚色はされているが設計や積算の内容と数値はあくまで専門的かつリアル。だから非常に面白い。ダム建設やトンネル掘削の技術を存分に活かすのだが,機械部分など手に負えないところは他の会社に教えを請う。この酔狂なプロジェクトに賛同する会社がたった3社だが存在し,そこの技術者たちがまた当人たちよりも熱く技術を語るのが素晴らしい。技術者とはこういう人たちだったなあ…と,かつて土木建設の周辺(地質調査業)で働いていたことがある身としては泣けてくるところもあったのである。
なお,この映画の開始が遅かったので,この前に『ラストレター』の2回目を観た。




週刊あれこれ(2020.1.27~2.2)

2月1日・2日 中3入試直前講習の第3回。中3生最後の道コン。

某日×数回 中2以下の生徒のご父母と進学相談会。1月道コンの個人成績票と採点済み解答用紙,冬期講習の課題(ワーク)を一緒に見ながら,道コンでの戦いぶりや志望高校などについて,各家庭およそ1時間ずつ話す。後半は学年末テストの準備について。

某日 2019年度分の決算のために帳簿を仕上げる。これさえ済めば決算書は国税庁のHPでおよそ一晩で作ることができる。

某日 松岡亮二『教育格差-階層・地域・学歴』(ちくま新書2019)を読了。新書なのに本文だけで323ページもある大作。第5章までは就学前・小学校・中学校・高校それぞれの時期での格差の実態について,詳細なデータ分析の結果を踏まえて着々と述べられている。第6章から読み始めるのも良いかも知れない。
学力などを基準にして生徒を異なる教育プログラムに振り分けることをトラッキングという。日本の高校教育では高校間に大きな学力格差があるために「学校単位でのトラッキング」が行われている。この振り分けは入試という一見“公平”な制度によるものだが,社会経済的背景により就学前から生じている学力格差が義務教育段階で埋められないため,実は“公平”でもなんでもないことになっている。
私を含めて中学生相手の塾屋というものは高校受験指導を生業としており,学力格差をつけられてしまっている生徒の支援も仕事の一環としているわけだが,これとて「塾に通える」状況にある子に限定してのことである。きっと好ましくはないであろうトラッキングの制度をたぶん助長してしまっているのだろうな--と,ちょっと考え込んでしまった。お薦めです。

某日 映画『ペット・セメタリ-』を観る。久しぶりのホラー。S. キングの小説『ペット・セマタリー』が原作で,1989年の映画のリメイク。
(以下ネタバレを含みます)
ペット墓場の奥の特別なエリアに死んだペットを埋めると蘇る。事故で死んだ娘を失うのが堪えがたくて主人公は娘の遺体をそこに埋めるのだが,蘇った娘は生前とは全く別の殺人鬼になっている。それで母親が殺され,その母親も埋められて蘇り,次は主人公も殺されて埋められて蘇り,最後には幼い長男だけがまともなまま残された。この後どうなる?--というところで物語は終わる。
娘が蘇った後の展開が怖いはずなのだが,その娘が美少女なものだから殺人鬼になってもいまひとつ怖くない。いちばん怖いと思ったのは母親の回想シーンで彼女の姉が死ぬところ。ホラーを観るときは観るのをやめて逃げ出したくなるようなのを期待するのだが,おおむね余裕で観てしまっていた。いい歳になったせいで感受性が鈍ってきたのだろうなあ。



週刊あれこれ(2020.1.20~1.26)

1月25日 理科講座の第27回。
【中1地学】プレートの運動と地震の発生/大地の変動
【中2物理】電流と磁界(1)
中1地学の前半はプレート論と「災害としての地震」。中学生向けの説明に「プレートの境界付近に地震の震源が集中している」という表現をよく見かけるが,本当は「震源の分布の様子からプレートの仮説が着想された」のであって,上のは本末転倒である。また,大陸プレートが海洋プレートに引きずり込まれ歪みが限界に達するとピョンと跳ね上がって巨大地震が起こる(弾性反発説)と言われるが,必ずしも一気に跳ね上がるわけではない。その辺りのことについて,知りうる限りの最近の学説を紹介しながら進める。

1月26日 中3入試直前講習の第2回。

某日 税金関係の書類づくりに追われる季節がやってきた。この日は税務署と市の税務事務所に提出する年末調整関係書類を書く。この後は昨年度の決算をし,確定申告の準備を進めていくことになる。

某日 今シーズン初のまとまった積雪。雪が少なくて楽だと思いつつ雪不足に悩むスキー場や農家のことを及ばずながら心配していたが,これで一安心であろうか。深夜帰宅したころはよく晴れていたので,翌朝まで待たずに家の前の除雪をしてしまう。

某日 阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男 伝説とその世界』(ちくま文庫)を読了。「ハーメルンの笛吹き男」伝説はどうして生まれたのか,3世紀ドイツの小さな町で起こったひとつの事件の謎を,当時のハーメルンの人々の生活を手がかりに解明,これまで歴史学が触れてこなかったヨーロッパ中世社会の差別の問題を明らかにし,ヨーロッパ中世の人々の心的構造の核にあるものに迫る(カバー裏より)--結局真相はわからずじまいだが,中世の都市にあった下層民や遍歴芸人に対する差別の構造に光を当てていく過程など,人文・社会学系の学問の醍醐味が感じられる。著者はドイツ中世史を専門とする歴史学者で,「世間」とは何か』(講談社現代新書)のように日本社会に視線を向けた本もある。ドイツ留学時は小樽商大の助教授だったとのこと。



週刊あれこれ(2020.1.13~1.19)

中学部の冬期講習が終わり、平常運転に戻りました。中3はいよいよ追い込みです。

1月18日(土) 理科講座の第26回。
【中1地学】地層と堆積岩 【中2物理】静電気と電流/陰極線と電流の正体
中1地学は「火山と火成岩」の講座とともに岩石の名と特徴をいくつも憶えてもらうところ。化石の話もバラエティに富むので、写真を見せたりするのに忙しい。

1月19日(日) 中3入試直前講習の第1回。
この日から公立高校入試まで、週末を利用して6回リハーサルをする。朝9時集合。道コン過去問を使って1日1セット、解かせて採点して解説して帰す。ここで躓いた箇所を次の週末までにしっかり復習していけば、6回やるうちにかなりの弱点を補強できるはずなのである。生徒たちの出来が良ければ夕方4時半くらいには終わるが、そうでないとなかなか帰してもらえない、というのが毎年お母様方に好評である。昼食持参なので入試当日の弁当のメニューの検討にも利用してもらえる。

某日 中学部の講習中は朝も夜もずっと立って喋りながら板書するので全身疲労の塊になる。なにしろ右手と右腕が疲れる。右手の小指に板書ダコができて気がつくと血が出ていたりする。姿勢が悪いからか腰に来る。もともと口数の多いほうではないから口周辺の筋肉がバテる。以上は毎度のことなのだが、今年は正月明けからずっと右手親指が腫れぼったくて物を持つと痛んだ。なかなか治らないので何かの感染症に違いないと、講習が明けたところでようやく主治医に見せる。「瘭疽(ひょうそ)」というものだそうである。抗生物質の飲み薬と軟膏、湿布を1週間分処方される。痛みは1週間で引いたが、腫れはまだ残る。

(以下人名は敬称略で失礼します)

某日 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観る。年末に封切されていたが講習中であったし講習が終わるまでは人混みに近づかないことにしている(インフルエンザ対策)ので、講習が終わるのを待って出かける。2016年の前作(と呼ぶべきかどうか)『この世界の片隅に』に新しいエピソードを加えて、すっかり新しい作品になっている。主演の「のん」(能年玲奈)の穏やかな声と、こうの史代の原作そのままの優しい絵柄が好きである。

上と同日 映画を観るのはたいてい平日の朝なので1日1本が普通だが、上の映画が昼近くに始まるものだったので(封切から日数が経つとどんどん遅い時間になっていく)、その前に1本観れてしまうのがわかった。というわけで、これは封切の当日となる『ラストレター』を先に観ることにした。こう書くと前座扱いみたいだが、これはこれで楽しみにしていたのである。原作・監督・脚本の岩井俊二の作品は我ながら意外にも1本も観ていない。だから前作にあたるらしい1995年の『Love Letter』も観ていないのだが、それは構わない。大人の役者たちにも(申し訳ないが)あまり興味はない。何と言っても、広瀬すずと森七菜が二役ずつで演じる姉妹と従姉妹をぜひともスクリーンで見ておきたかったのである。主役の福山雅治(成人後)と神木隆之介(高校時代)がそれぞれいい具合に情けなくて好演だったと思うが、広瀬と森の存在感が圧倒的。特に、廃校になる高校をボルゾイ(犬)を連れて二人が散歩する場面の美しかったこと。