FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



洋楽のすすめ(25) QUEEN : WE WILL ROCK YOU

(2018年11月13日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)

queen

演奏の模様はたとえばこちらに。

Queen を取り上げるのは2度目です。今回は第14回の We Are the Champions と同じアルバム News of the World (1977年)に収録の、やはり彼らの代表作。作詞作曲はギターのブライアン=メイで、「聴衆が曲に参加できるように」と考えて書かれたものだそうである。

rock は動詞で「…を揺り動かす」、you は一般の人を指し、rock you で「世間をあっと言わせる」というような意味になる。

Buddy, you're a boy, make a big noise 
Playing in the street, gonna be a big man some day 
You got mud on your face, you big disgrace 
Kicking your can all over the place, singing 
We will, we will rock you
We will, we will rock you

   騒々しい少年よ
   今は街で遊んでいるが いつの日か大物になるんだろ
   顔に泥がついているぞ 情けない
   あちこちでしたい放題をしながら 歌ってる
   お前たちをあっと言わせてやるぞ 揺さぶってやるぞ と

Buddy, you're a young man, hard man
Shouting in the street, gonna take on the world some day
You got blood on your face, you big disgrace
Waving your banner all over the place, singing
We will, we will rock you
We will, we will rock you

   気難しい青年よ
   今は街で声を張り上げているが いつの日か世界を背負って立つんだろ
   顔が血だらけじゃないか 不名誉なことだ
   あちこちで自分の旗を振って 歌ってる
   お前たちをあっと言わせてやるぞ 揺さぶってやるぞ と

Buddy, you're an old man, poor man
Pleading with your eyes, gonna make you some peace some day
You got mud on your face, you big disgrace
Somebody better put you back into your place
We will, we will rock you
We will, we will rock you

   哀れな老人よ
   その目が懇願している いつか安らぎを手に入れたいと
   顔が泥まみれだな 恥を知れ (年齢相応の知恵を働かせれば)
   もっと有能な誰かがあんたを本来の場所に戻すだろう (歌ってみろ)
   お前たちをあっと言わせてやるぞ 揺さぶってやるぞ と

(大野れい氏の対訳を参考にしました)

buddy は「相棒」。転じて「おい」「君」「お前」といった呼びかけの語。
gonna は going to 。 You are gonnna be~=you are going to be~.
disgrace は「不名誉」「恥」。 You are a disgrace. で「おまえは恥さらしだ」。
kick your can は直訳なら「自分の缶を蹴る」だが「(人の迷惑を顧みず)したい放題する」という意味になるらしい。

主語や述語動詞の省略と現在分詞(~ing)の多用が目立つ。ノリを重視ということなのか、文法や標準的な語法から逸脱していて意味をつかみにくい箇所も多い。また singing "we will rock you" は歌詞だけ見ると「お前らはそう歌ってるだけで結局何も成し遂げられはしない」と青少年を皮肉っているように読めるが、聴衆と一体化するという歌の目的を考えれば、逆に<未来へ向けた積極的な意志の表明を促すもの>と捉えるべきであろう。



洋楽のすすめ(24) THE BEATLES:SOMETHING

(2018年10月15日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)

abbeyroad

本欄でのビートルズ5曲目はジョージ=ハリスン(1943~2001)の作品。ジョージは4人の中では最年少で、主にギターとコーラスを担当。作品数でもリードヴォーカルでも圧倒的な存在感のあるJ.レノンとP.マッカートニーの陰に隠れ、「静かなるビートル」などと呼ばれていたが、ビートルズ中期から徐々に頭角を現した。

Something はビートルズ最後のアルバム『アビー=ロード』収録の彼の代表作。ビートルズでは「イエスタデイ」の次にカヴァーが多く、フランク=シナトラは「20世紀最高のラヴソングだ」と絶賛したという。

韻を踏むために置かれた言葉が多いので緻密に意味を取るのは難しい。メロディに乗せた言葉の響きを味わってほしい。

Something in the way she moves
attracts me like no other lover
Something in the way she woos me
I don't want to leave her now
You know I believe and how
   あの娘の仕草のひとつひとつが 僕を惹きつける 他の誰よりも強く
   僕を愛撫するあの娘の仕草がたまらない
   あの娘の傍を離れたくない この気持ちだけは確かなんだ

Something in her smile she knows
that I don't need no other lover 
Something in her style that shows me
I don't want to leave her now
You know I believe and how
   あの娘の微笑みは知っているかのよう
   僕には彼女以外誰もいらないってことを
   あの娘の様子からそう感じ取れる
   あの娘の傍を離れたくない この気持ちだけは確かなんだ

You're asking me will my love grow 
I don't know, I don't know
You stick around now, it may show 
I don't know, I don't know
   僕の愛が育つかと君は訊く わからない 僕にはわからない
   一緒にいれば いつかはわかるかも知れない
   でも 今はわからない 僕にもわからない

Something in the way she knows
And all I have to do is think of her 
Something in the things she shows me
I don't want to leave her now
You know I believe and how
   あの娘の素振りはすべてを知っているかのよう
   僕はただ あの娘を思っていればいい
   何を見ても 僕はあの娘を思い出してしまう
   あの娘の傍を離れたくない この気持ちだけは確かなんだ

(山本安見氏の対訳をほぼそのままいただきました)

that の後は文法的には I don't need any other lovers となる。
will 以下は my love will grow (間接疑問)となるべきところ。
stick around は何かを待って「その場を離れずにいる」。
is の後は to thimk of her (不定詞の名詞用法)となるべきところ。



大停電が明けて

(2018年9月18日発行の『神谷塾だより』に掲載したものです)

倉本聰氏「文明の利器が登場する以前、我々は別に暮しの上で不便を感じることはなかった」
寺田寅彦「文明が進むほど天災による損害の程度も累進する」

(いずれも『北海道新聞』9月14日付「卓上四季」より)

昔は台風が来たときなどよく停電したものだった。だが頻発する分、復旧も早かったように思う。今回のような大規模な停電は半世紀を超えるわが人生でも初めてである。当初「復旧に1週間かかる」と聞いて暗澹たる気分になったものだが、幸いにして40時間弱で電気は戻った。食料の心配はなく、水道・ガスも普通に使え、車のガソリンも満タンにしたばかりで、情報はラジオで得ることができたし(ラジオって凄いよな)、6日夜にはどこかの田舎に来たような見事な星空というおまけ付き。スマホのバッテリーは2日目の昼にダウンしたが、もともと携帯しているだけのようなものなのでダメージはなし。幸運中の幸運と言うべきか、ある人の言葉を借りれば「無傷」であった。そして、気候が良く冷房や暖房の不要な時期だったのも、有り難かったのだ。

電灯さえ点れば塾はできるのだが7日夕方の時点でまだ回復しておらず、2日間休業せざるを得なかった。2日間で済んで良かったと思うし、8日には皆普通に塾に来てくれて安心しましたよ。6日・7日の分をまだ振替していない人は、どうぞいつでも来てください。

震源の近くや東区・清田区などで被災された親類・知人のある人もいるだろう。ご家庭・職場によっては断水したりエレベータが停まったりと、大変な思いをされた方も少なからずおられよう。一日も早く穏やかな日常が戻りますように。

ところで--視野を全国に広げれば、西日本で豪雨や台風による甚大な被害があったのはつい最近のことだ。遡れば熊本地震、そして東日本大震災の復旧もまだ半ばである。その東日本大震災を仙台で経験した伊集院静氏が書いている--

「ニュースを見ていて驚いたのが、災害時の準備をほとんどの人がしていない点だった。非常用の電燈も、手動式充電のラジオも用意していない。医療機関も災害時の自家発電の準備をしていない。あわてて買物の列に並ぶ人の姿に、(思わざるを得ない。彼らの目には、)テレビによって得た情報、学んだはずの教訓は、やはりどこか他人事のように映るのだろうか」
(『週刊現代』9月22日・29日号「それがどうした」より。( )内は神谷が補足)

伊集院氏はわれわれを非難しているのではない。人間はそういう風にできているのだ、と諭す。

いつ来るとも知れない災害への備え。ゼロではなかったが十分でもなかった、という人が大半だろう。だが、今回のことで多くのことを学んだ。次は同時に豪雨に見舞われるかも知れない、真冬に来るかも知れない、と有り難くない事態を想定して、日常的にできる準備をしていきたい。対策は新聞で折々記事になっているし、ネット上にもいろいろな工夫が紹介されている。停電だけで済んだ「無傷」の者が語るのはおこがましいのだが、今回の「被災」を契機に災害対策のスキルを身につけていきたいものだ。

同時に、エネルギー全般の消費やそれに支えられた文明というものを見直す良い機会である。節電の励行や飲料水・乾電池などの備蓄はもちろんのこと、100V電源がなくともできることを増やす。たとえば小さな衣類の洗濯は手ですればいいに違いないし、これは君たちもすぐ実行できる。他にも若者だからこそ気づくことだってあるに違いない。それをご家庭で提案してあげてください。次に来る災害に間に合わせよう。



洋楽のすすめ(23) THE PLATTERS :SMOKE GETS IN YOUR EYES

(2018年9月18日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)



演奏の模様はたとえばこちらに。

プラターズを知らなくても曲名を知らなくても、この佳品を耳にしたことはあるだろう。邦題「煙が目にしみる」は1933年、アメリカの作曲家J. D. カーンによりミュージカルのために書かれ(作詞はO. ハルバック)、46年にナット=キング=コールが、58年にはプラターズがカヴァーしてヒット。ジャズのスタンダードでもある。

プラターズは1953年結成のアメリカのコーラスグループ。55年に「オンリー・ユー」(これも皆知っているだろう)が大ヒットした。幾度もメンバーチェンジと分裂を繰り返したが現在も活動中であるようだ。「オンリー・ユー」や「煙が目にしみる」のころのメインヴォーカルはトニー=ウィリアムズという男性(写真では後列左側、92年死去)。

They asked me how I knew my true love was true
Oh, I of course replied something here inside cannot be denied
   皆が訊いた 僕の恋が本物だと どうしてわかるんだって
   もちろんこう答えた この心の内にあるものは誰にも否定できないよ

They said someday you'll find all who love are blind
Oh, when your heart's on fire
you must realize smoke gets in your eyes
   皆が言った いつかわかるだろう 恋するやつは皆盲目だと
   心が燃え上がっていると 煙で目が見えなくなるのさ 理解しなよ

So I chaffed them and I gaily laughed
to think they could doubt my love
Yet today my love has flown away
I am without my love
   だから皆をからかい 陽気に笑い飛ばしてやった
   僕の恋を疑うなんてと
   だが今日 僕の恋は飛び去ってしまった
   僕は恋を失くした

Now laughing friends deride tears I can not hide
Oh, so I smile and say
when a lovely flame dies, smoke gets in your eyes
   皆が笑って馬鹿にする 僕が涙を隠せずにいるのを
   それで僕は 微笑んでこう言う
   美しい炎が消えるときは 煙が目にしみるんだよ

to think は不定詞で前の行の laughed の理由を示すのだと思われる。
  「彼らが僕の恋心を疑っているだろうと思って」笑い飛ばした。
yet は接続詞で「けれども、それにもかかわらず」。

ところで、smoke gets in your eyes が二通りの意味で用いられているのがわかるだろうか。最初は「心が燃え上がるときの煙で目が曇り、現実が見えなくなっているぞ」と仲間に冷やかされているのだが、二度目はそのフレーズをそのまま使い「炎が消えるときの煙が目にしみて涙が出るんだよ」と返しているのである。歌の主人公は辛いときにも機知とユーモアを忘れない。やるではないか。


洋楽のすすめ(22) SIMON & GARFUNKEL :FOR EMILY, WHENEVER I MAY FIND HER ①

(2018年6月21日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)



演奏の模様はたとえばこちらに。

邦題「エミリー・エミリー」(原題の訳は「エミリーのために 彼女を見つけるといつも」)は1966年の作品。作詞作曲はポール=サイモン。ポールの12弦ギターでの伴奏にアート=ガーファンクルのヴォーカルという、シンプルだがしみじみと美しい小品。

What a dream I had
Pressed in organdy
Clothed in crinoline of smoky Burgundy, softer than the rain 
   なんて不思議な夢だったんだろう
   君は 体にぴったりのオーガンディーに包まれ
   雨よりも柔らかい くすんだワイン色の膨らんだスカートをつけていた

I wandered empty streets down, passed the shop displays
I heard cathedral bells tripping down the alleyways as I walked on ③④
   僕は人けのない通りをさまよい ショーウィンドウの前を通り過ぎ
   大聖堂の鐘の音が 裏通りにまで染み渡るのを聞きながら 歩き続けた

And when you ran to me, your cheeks flushed with the night
We walked on frosted fields of juniper and lamplight
I held your hand
   すると君が駆け寄ってきた その頬は夜の冷気に赤らんでいた
   僕らはネズの木や街灯に彩られた凍てつく雪原を歩いていった
   君の手を握りしめて…

And when I awoke and felt you warm and near
I kissed your honey hair with my grateful tears
Oh, I love you, girl
Oh, I love you
   そこで目が覚め 傍らに君のぬくもりを感じ
   蜜のように美しい君の髪に感謝の口づけを捧げた
   ああ 愛してるよ、君
   愛してる

(武内邦愛氏の対訳をほぼそのままいただきました)

whenever S may ~ で「Sがいつ~しても」。
organdy は夏の婦人服などに用いられる薄手の織物。 crinoline は骨組みを入れて膨らませたスカート。 smoky Burgundy は色の名。
hear O ~ing で「Oが~しているのが聞こえる」。
as は接続詞で「…すると同時に」「…しながら」。