fc2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
2021年、神谷塾を家庭教師部に一本化。
家族は妻。息子2人は東京と大阪に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



2022年度北海道公立高校入試について[国語・数学・英語]

2022年度の北海道公立高校入試についての感想です。

■国語
長めの記述問題に下書き欄が付いた。解答欄に書く前に下書き・推敲をせよということであろう。促されれば下書きをしようという気になる。下書きをしている暇がないほど解答を書くのに忙しい時期があったが,この点に関しては改善されていると言うべきか。それはさておき,文章を書くには論理の力が要るのだからチャーハンのレシピとか図書委員会の回答を書かせるのも良いが,文章を読解する力も論理の力であり,軽んじることはできないはずである。だから論理的文章(説明文・論説文)の出題がないのには大いに違和感を覚える。
[1] 小問集合。
[2] 文学的文章。素材はあさのあつこ『みどり色の記憶』から。
[3] 漢文。素材は『世説新語』から「華・王之優劣」。例年の古典に比べると素材も設問も難化した。本文中で「華歆→歆→華」「王朗→朗→王」と人物の表記が変わるので内容を掴みにくいが,問三を丁寧に解くことで本文の理解も深まり得点も可能になる。問四は華歆と王朗のどちらが(役人として?)優れているかを自分で判断して理由も書く。現代語訳はたとえばここにある。『世説新語』は中国南北朝時代の南朝宋の臨川王劉義慶が編纂した,後漢末から東晋までの著名人の逸話を集めた文言小説集(Wikipediaによる)。
[4] 実用文。図書委員会への要望に対して,委員の話し合いの内容を踏まえて回答を書く。百五字とやや長いが解答要件ははっきりしている(配点9点から 要件3つも見当がつく)ので,時間をかけて良い文を書くようにしたい。

■数学
予想を立ててそれが正しいことを説明(証明)するという新学力観だか何かに則った出題が大問[3][4]と2つも出ている。すっきりした普通の問題にできるものを不自然に変態させているという印象で,今回は理科(生物)でも出題されているがどちらも成功していない。作問者はそういう要請に従って渋々書いているのかも知れないと思う。出題したいテーマなり素材があったとして,どういう形式でそれを料理するかは素材が導くところがあるはずであり,それを「はじめに形式ありきでそれに使えそうな素材を探す」という思想でやるから受験生にも「なんだコレ」と不快感を抱かせるような無残なことになるのである。今回は内容が平易だったので苦しんだ受験生は少なかったと思われるが,このタイプは状況を把握するのに骨が折れ,肝腎の「数学をする」ための時間やエネルギーが削がれることがあるので心配なところである。
[1] 小問集合。平易だが配点は27点もある。ここはノーミスでしっかり取りたい。
[2] データの分布。新課程で高校数学Ⅰから下りてきた四分位範囲と箱ひげ図。出題を見越してよく準備した生徒が多かっただろうし,設問は平易なので成果を出しやすい。
[3] 2乗比例関数。問2が上の「予想と説明」。
[4] 平面図形。問2が上の「予想と証明」。しつこい。[3]の問2の(2)で「説明しなさい」とあるのに本問の(2)では「証明しなさい」となっているのは,何か理由があるのか用語が混乱しているのか。
[5] かつての裁量問題的な小問集合。問1は三平方の定理と相似,問2は整数・平方根と確率を合わせたもの。難問はなく,[4]までを手際良く解いていれば時間はたっぷりあり,実力どおりに得点できたのでは。

■英語
リスニングの重みが増した。自由作文が多いのも気になる。コミュニケーション力重視の方向に沿ったものであろうが,読解の部分が減っているのはいいのか。昨年度までの裁量問題では1ページ分の長文が 2つあったが今回は 1つになり,軽くなった印象を受ける。読解力や思考力の涵養にシワ寄せはないのだろうか?(あるだろう)
[1] リスニング。昨年までは小問数9,配点25%(60点満点中15点)であったが,小問数は12,配点は35%(100点満点中35点)と急増。問1と問2が1回ずつしか読まれないのはリスニングの時間をほどほどにして小問数を増やすためか。これらは難しくはないので,受験生は特に困りはしないようである。
[2] 昨年度までの標準問題[2]に相当する大問。ごく基礎的。問3は自由作文だがごく易しい。
[3] 昨年度までの標準[3][4]=裁量[2][3]を合わせたようなつくり。Aは案内図を見て答えるもの。問2は I want to use … または I want to go there by … と始めることができれば書ける。理由も含めて1文で書けとの指示に注意。Bは半ページの感想文の読解。問3では疑問文に動詞 tell が遣われているが,正答例は本文に即して She says … となっている。本文をそのまま遣えばそうだろうが,それはアリなのか?とモヤモヤした生徒も多かろう。疑問文に合わせて tell を遣うなら She told him … としなくてはならないが,ここで him を書き忘れて減点された生徒がかなりいそう。Cは1ページの対話文の読解。web meeting や AI ,drone といった今時のテクノロジーが出てくる。読解はやや難かも知れないが設問は平易。
[4] 英作文。昨年度までの裁量[4]Bを拡張した感じのもの。 (1)自己紹介 (2)自分が経験した「いい話」 (3)感想 の3つに分かれている。(1)と(3)はいいとして,(2)で困った生徒が多かっただろう。自分が何か人のため役に立てたエピソードを書けということだが,仮にそういう経験があったとして入試の現場で咄嗟に記憶を呼び覚ますことができるだろうか。さもなくば創作してもいいわけだが,そう簡単にまとまった話は作れないのではないか。そして,そういうことを要領良くやってのける力というのは英語の力とは無関係なのではないか? 採点基準を見ると,例年そうであるように「文法的に間違いがあるが内容的に理解できるものはそれぞれ1点とする」と,苦労して書かされるわりに大雑把で大甘である。こんな採点が行われているのは英語のこの作文だけであり,出題の意義が疑わしく,およそ入試として適切とは思えない。昔ながらの和文英訳や’20年の出題のようにほぼ決まった内容を不足なく英文にする形のほうが,実用性が高く作文能力も測りやすいはずである。



2022年度北海道公立高校入試について[理科・社会]

遅くなりましたが,2022年度の北海道公立高校入試についての感想を書き留めておこうと思います。まず理科・社会を。

■理科
軽い。大問数が例年と同じ5というのは大方の予想通りだが,小問数が減っている。’21年度は39,’20年度は33,’19年度は39,’18年度は35だったのが,今回は32。せっかく時間が長くなり,100点満点で小刻みに配点できるようになったのだから,各大問で見開き2ページ(最終問は3ページかもと私は予想していた)にびっしりと設問を並べてやればよかった。大問[2]~[5]のそれぞれに小問が5題ずつしかないのでは深みも出しにくいというものである。小問数を絞って思考力重視の問を散りばめるという方向性もあり得るし,大いにやるべきだが,特にこれといった難問もなく,単に易~標準の問が数を減らしてセットにされたに過ぎない。社会が難化したので理科でバランスを取ったのか,それとも理科の苦手な生徒に忖度したのかとさえ思いたくなる(入試なのだからその教科に適正があるとか努力した生徒が有利になるようにすべきである。当たり前だけれど)。出題ミスがあったり素材の信憑性が疑わしかったり説明に不足・不備があったりするよりはマシかも知れないが,入試がこんな風だと理科を頑張ろうという意欲が失せ,高校理科で苦労する生徒が増えるであろう。今回に限って作問者の力量不足または設計ミスであったと思いたい。来年からは改善されますように。
[1] 小問集合。小問数が12というのは例年並みだが,短文の穴埋め(問1)が8題もあり,残り4題は物理・化学・生物・地学のごく基礎的な問題。4分野のバランスは取れているのだが,レイアウトの仕方によっては1ページに収まってしまいそうな分量の少なさに,かえって意欲をそがれる。
[2] 生物。維管束の観察と蒸散の実験。北海道の生物はよく意表をつく出題をしてくるが,今回はわりあい普通。「観察」はごく基礎的で,大問1(小問集合)に入れてもいいくらい。「実験」は ①花でも蒸散が行われる ②暗い環境でも蒸散が行われる の2点が珍しいが,そういうものだと呑み込んでしまえば解くのに苦労はない。
[3] 化学。’21年度からの新課程で,これまで高校内容だった「ダニエル電池」が中3配当になった。ここを準備しようとすると過去問がないので教科書や塾のワーク(もしかしたら高校化学の参考書)などでやるしかなく,それでも一生懸命準備した生徒は多かっただろう。だから出題してやればいいのに…と私などは考えるのだが,今年は昔ながらの電気分解であった。イオン関連は2年連続となる。塩酸と塩化銅水溶液というのもよく見かける組合せ。どちらも塩素が発生するので塩素の漂白作用によってインクやBTB溶液の色が消えるという点にやや力点が置かれているのが変化球的で,北海道らしいと言えば言える。
[4] 物理。昨年度は中3配当の「運動とエネルギー」が出題範囲から削除され,3年続けて出題がなかった。だから今年は出るだろう…と一生懸命準備した生徒は多かっただろう(以下略)。今年は直列回路・並列回路であった。問2で4つの回路での豆電球の明るさの序列を問うものがやや骨があると言えば言えるが,全体としては広がりに欠ける出題。
[5] 地学。北海道の冬の天気にまつわる内容。問2の(3)で氷点下での飽和水蒸気量を扱う点は珍しいが,数値が小さいだけで設問は基本的。同じく(2)では,冬の季節風のため日本海側は雪,太平洋側は晴れになる理由を書くのだが,どこまで詳しく書けばよいのか不明で,よく勉強した生徒ほど長文を書いてしまうはずである。それでももちろん正解になるであろうが,正答例として示されているのが簡単過ぎていただけない。長文を書いた子が「こんなのでいいのかよ」と憤るだろう。特に正答例2として示されている文は正答の要件を満たしていないだろう。

■社会
難化した。これまでは5教科の中で社会が特に易しめだったので,丁度良くなったと言えそう。本格的な記述問題が 2つあるので時間いっぱい粘った生徒が多かったと思われる。出題形式としては,近年最終の大問だった地理がラス前に移ったほかはほぼ例年通り。
[1] 小問集合。大雑把に分けて地理・歴史・公民各5題。
[2] 歴史。鎌倉時代の土地制度,室町時代の農村の自治,江戸時代の貨幣,日露戦争時の国際情勢,満州事変後の日本の孤立化と経済状況。問6は小作争議が急増した時期2回のそれぞれの理由を資料から読み解くもので,記述問題としては本格的。資料5からは小作農が高い小作料に苦しんでいたことを,資料6からは社会運動が活性化していたことを,資料7からは昭和恐慌の影響が深刻であったことを,それぞれ指摘する。完全に書くのは難しかったかも知れない。
[3] A世界地理,B日本地理という近年の形式を踏襲。A問2はタイの工業地域を指摘するもので,難しくはないが,たぶんこれまで考えたことのなかった事柄。B問2は千里ニュータウンでの1960~70年代,2000年代,2020年代の人口構成の変化を,少子高齢化や再開発と絡めて考えるもの。
[4] 公民。経済・環境・福祉・地方自治の3題。問3は温室効果ガスの排出削減を巡る先進国と発展途上国の主張の対立に関して,いずれかの立場を選んで相手がどうすべきと主張していたかを説明するもの。公民の学習も終盤にさしかかった辺りの内容で,受験生の学習が追いついていなかった可能性が高い。「パリ協定」と「京都議定書」の内容を踏まえなくてはならず,しかもこれらは資料として示されていないので,率直に言って容赦ない。歴史の授業が中3になってもなかなか終わらず,公民の授業はやっと夏休み前後に始まったかと思うと物凄いスピードでやっつけていく…という中学校が珍しくないと想像する。こんな風潮に一石を投じたものと思えなくもない。


大学入学共通テスト2022物理・物理基礎・化学・化学基礎

大学入学共通テスト2022年度の「物理」「物理基礎」「化学」「化学基礎」の解説を試みたものです。
ここに表示するのが難しいので,PDFファイルにしてあります。よろしければダウンロードしてご利用ください。

物理 PDFファイルはこちら

物理基礎 PDFファイルはこちら

化学 PDFファイルはこちら

化学基礎 PDFファイルはこちら


2022年度大学入学共通テスト英語リーディング第6問B

2022年度大学入学共通テスト英語リーディングの第6問Bはプラスチックの識別マークとリサイクルに関するものでした。環境関連なので理系・文系を問わず読みやすそうですが,最終問なのでじっくり読む余裕はなかったかも知れません。
高校化学の教科書や参考書でも見かけない内容が書かれていて,化学の学習上有益と思われますので,一部を日本語でメモしておきます。

共通テスト第6問B
Figure 1は問題文に挿入されていた図です。これらをまず 2つのグループに分類します。

グループ1 人体に対して安全とみなされるもの

タイプ2 HDPE:High-density Polyethylene 高密度ポリエチレン
人体に無毒で心臓弁や人工関節に用いられる。強度が大きく-40℃~100℃で使用可能。再使用しても無害。ビール瓶ケース・ミルク差し・椅子・玩具などに適する。くり返しリサイクルできる。

タイプ4 LDPE:Low-density Polyethylene 低密度ポリエチレン
安全でやわらかい。絞れるボトルやパン用のラップに用いられる。現在リサイクル率は非常に小さい。

タイプ5 PP:Polypropylene ポロプロピレン
プラスチックの中で生産量が世界2位。軽く非伸縮性で,衝撃・熱・凍結に対し高い耐性をもつ。家具・食品容器・ポリマー紙幣(オーストラリアドルのような)に適する。リサイクル率は3%。

グループ2 状況によっては人体に問題を起こすもの。その化学的特性やリサイクルの難しさのためにグループ1よりも厄介。

タイプ1 PETE(PET):Polyethylene Terephthalate ポリエチレンテレフタレート
主に食品や飲料の容器に用いられる。完全に洗浄することが難しいため再使用すべきでない。また70℃以上に加熱すると軟化したり変形したりする。汚染されていないPETEは新しい容器・衣類・絨毯に容易にリサイクルできるが,PVCが混ざったものはリサイクルできない。

タイプ3 PVC:Polyvinyl Chloraide 塩化ビニル
最もリサイクル率の低いプラスチック。廃棄は専門業者によってのみ行われるべきであり,屋内や庭で燃やしてはいけない。シャワー室カーテン・水道管・床張り材などに用いられる。

タイプ6 PS:Polystyrene ポリスチレン
リサイクルが困難で燃えやすい。安く製造できて軽い。飲料の使い捨て容器・インスタント麺の容器・その他食品の包装に用いられる。

タイプ7 OTHER:acrylics, nylons, and polycarbonates アクリル・ナイロン・ポリカーボネイト
リサイクルが困難。自動車部品(座席。ダッシュボード・バンパーなど)によく用いられる。


三人称単数のthey

近年「三人称単数の they 」が定着しつつあるようです。よく知られていることだと思いますが,入試問題の実例を先日見つけましたのでご紹介します。

「いつ結婚するか,子どもを産むか産まないかなどは,各人の自由な判断によるべきだ。」

Everybody should be free to decide when they will get married, and whether or not they will have[bear] children.

『基礎からの英作文パーフェクト演習  改訂版』(桐原書店)に収録されている東京大学の問題です。 they は everybody を受けていて, everybody は単数( everyone というくらいで every や each は単数の名詞に付きます)から,従来日本で教育されている文法では he か she で受けるところです。だから he / she と併記したりしますし,「総称の he 」という用法もあって he か she か迷うときは he で良いようですが,いずれもあまり適切ではない気がします。そこで男女共通の三人称単数の代名詞として上の問題では they が用いられているのです。

(原題を見ていませんが,これを作文するとして,受験生はどう対応したのでしょうね。東大の受験生だから, he / she とするか総称の he にするかという対応ができた生徒は多かったろうと思います。自信を持って they を書いた生徒がいたら大したものですね)

they は he / she に代わる男女共通の単数形として実は古くから用いられてきたようですが,近年性の多様化が尊重されるようになり,性別にとらわれない表現として they が採用され始めたということのようです。動詞の形は一般的な they の用法に従い( be 動詞は are / were であり,一般動詞に三単現の s は付かない),所有格・目的格・所有代名詞はそれぞれ their , them , theirs ですので,普段遣っている通りの文法ですから,読む時も書く時もあまり心配はありません。ただし再帰代名詞は themselves でなく themself となる(単数ですからね)ようです。ちょうど二人称の you が単数・複数で同じように用いられ,再帰代名詞だけ yourself / yourselves と変わるのと似ています。

詳しくはたとえばこちらのサイトをご覧になってください。